アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • カンボジア現地通信
現地ブログ from カンボジア

カンボジア現地通信

カンボジアに駐在しているスタッフやインターンが、現地での活動や日々の暮らしをお伝えします。

木の大切さをうたう演劇 練習風景から見える子どもの成長

CLEAN 環境教育担当 樋口 正康
2011年6月30日 更新

JVCが環境教育を実施しているバイコムプルーン小学校は、全校児童が200名ぐらいの小さな学校です。7月1日に開催される植林キャンペーンに向けて、11名の児童が演劇の練習に励んでいます。演劇の内容は、「木の大切さ」についてで、環境に関する意識啓発の一環として行います。

演劇の練習に励む、子どもたち。演劇の練習に励む、子どもたち。

 

カンボジアから見るプレアヴィヒア寺院周辺地域での衝突事件

CLEAN 環境教育担当 樋口 正康
2011年2月25日 更新

「資源」をめぐる争い

以前から世界遺産プレアヴィヒア寺院とその周辺地域でタイ・カンボジア両国軍の小競り合いが問題になっていたが、とうとう死者をだしてしまう事件へと「再燃」してしまった。そもそもプレアヴィヒア寺院とその周辺地域は、これまで何度も両国の争いの火種となってきた。歴史上、何百年にもわたってタイとカンボジアが領土を巡る争いはあったが、カンボジア内戦以降では、最も両国の関係は緊張の度合いを増している。今回の事件は、カンボジア政府がUNESCOに対して行っていたプレアヴィヒア寺院の世界遺産登録申請が、2008年に認められたことに起因している。

TRCの仕事(3) ~トレーナーの育成~

資料・資料センター司書 ING Kok Eng
2010年11月30日 更新

これまで、TRCの資料の貸し出しなどに関する業務についてご説明しました。今回は、TRCのもう一つ重要な業務である、トレーナーの育成の取り組みについて説明したいと思います。

TRCの仕事(2) ~資料の収集編~

資料・資料センター司書 ING Kok Eng
2010年11月25日 更新

前回は、TRCの資料の貸し出し業務について説明しました。今回は、実際にどうやって資料を収集しているのかについてご説明します。TRCで収集している資料は、主に、農業、環境、農村開発などの資料です。世界中のNGOや研究機関などから様々な資料が送られてきますが、それらの多くは英語です。そこで、カンボジア国内のNGO、研究機関、書店、図書館などを訪問して、出来る限りクメール語の本を収集するようにしています。

TRCの仕事(1) ~資料の貸し出し編~

資料・資料センター司書 ING Kok Eng
2010年11月18日 更新

TRCはどんなところ?

こんにちは。JVCカンボジア事務所で働いています、エンです。JVCで働いて20年になります。初めは清掃担当として採用されましたが、その後、総務・会計の補佐を経て、2006年からTRCの司書となりました。今回は、TRCと私たちの仕事について説明したいと思います。

スタディーツアー〜日本の教師の皆さんと〜

JVCカンボジア現地代表 若杉 美樹
2010年9月15日 更新

8月はスタディーツアーとしてさいたま市教職員組合の方々と1日ご一緒させていただきました。長年支援していただいているのですが、私がカンボジアに着いてから始めての受入となりました。

1ヵ月後のカンボジア

JVCカンボジア現地代表 若杉 美樹
2010年8月16日 更新

カンボジア赴任後、約1ヶ月が経過しました。プノンペンでの業務と並行し活動地シェムリアップに行ったり、日本からのスタディーツアーを受け入れたり、充実した日々が続いています。この間の所感を以下に書いてみたいと思います。

クメール・ルージュ特別裁判からカンボジアを考える 第2章

CLEAN 環境教育担当 樋口 正康
2010年8月 2日 更新

2010年7月26日、クメール・ルージュ特別裁判(ECCC)で判決が争われていた、トゥールスレン刑務所所長であったドゥイ(本名カン・ケク・イウ)被告に懲役30年の判決が下った。求刑は40年であったが、既に拘留されている期間を差し引いて、実質懲役19年が彼の刑期となる。カンボジアでは死刑制度はなく、最高刑は無期懲役となっており、刑期19年というのは、一人の人の命を奪う行為である殺人と同等である。

はじめまして、カンボジア

JVCカンボジア現地代表 若杉 美樹
2010年6月11日 更新

こんにちは。JVCカンボジア事務所の新現地代表の若杉です。6月3日にプノンペンに到着し、今回の現地便りでは引継ぎや活動地での行動を紹介したいと思います。4日朝は早速関係機関に表敬訪問いたしました。今後長いお付き合いをさせていただくことになると思うと、前現地代表の横で緊張しつつ、挨拶をさせていただきました。

クメール・ルージュ特別裁判

CLEAN 環境教育担当 樋口 正康
2009年8月28日 更新

お久しぶりです、JVCカンボジアのインターン樋口です。ご無沙汰しております。5月以来の投稿となりますが、今回はクメール・ルージュ特別裁判(ECCC)について報告したいと思います。

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net