アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

続・元事業地へ!JVCがいなくなった後は・・・

2022年1月12日 更新

こんにちは。カンボジアから大村です。前回11月に続いて、12月も元事業地を訪れることができたので、村の皆さんの様子をお届けしたいと思います。

元スタッフのポクが同行してくれました元スタッフのポクが同行してくれました

ネム・ソーンさん

まずは前回お会いできなかったネム・ソーンさんのお宅に。プロジェクト終了に際してもとても嬉しい言葉を残してくださった方で、会うのが楽しみだった人の一人です。

元気そう!「無農薬野菜販売中」の看板とともに元気そう!「無農薬野菜販売中」の看板とともに
苗づくり中苗づくり中
今後の計画を熱弁中今後の計画を熱弁中
このあたりの空きスペースをもっと菜園として活用していく予定とのことこのあたりの空きスペースをもっと菜園として活用していく予定とのこと

変わらず、ハーブ類や葉っぱ類を販売したり、ため池の水を活用して様々なチャレンジを続けていました。そして、「支援してくれた日本の皆さんにどうぞよろしく」という言葉を何度もお預かりしました・・・!

ポート・リムさん

続いて、オールー村のポート・リムさん。もともとコメづくりしかしていないご家庭でしたが、ため池掘削後は積極的に野菜づくりに励んでいた方です。このブログにも登場してもらったことがありました。

2020年度に掘削した池。今もキレイに雨水が溜まっていました2020年度に掘削した池。今もキレイに雨水が溜まっていました
こちらはカメに貯めた雨水。ため池の水と同様、乾季の大切な水源ですこちらはカメに貯めた雨水。ため池の水と同様、乾季の大切な水源です
村の方が自家製の焼酎によく入れる薬草を、ポクにおすそ分け村の方が自家製の焼酎によく入れる薬草を、ポクにおすそ分け
ガーリックリーフガーリックリーフ

ポート・リムさんは外部への販売などはしておらず、自宅で食べるものをメインに菜園を続けています。もともとコメ以外は外で買っていたこともあり、変わらず出費が削減できているそうです。

マ・ソーンさん

続いてトロピアンベーン村のマ・ソーンさん。あまりブログに登場いただいたことはなかったのですが、ため池掘削前からJVCの農業研修に熱心に参加されていたご家庭です。

2020年度に掘削したため池。問題なし!2020年度に掘削したため池。問題なし!
研修でとりあげた古タイヤプランタを使って、ハーブ類をメインに育てていました研修でとりあげた古タイヤプランタを使って、ハーブ類をメインに育てていました

コット・サムさん

最後はドンソック村のコット・サムさん。過去のインタビューでは、

「野菜が上手にできて、食べるものに困らないばかりか、販売まで出来るようになりました。そうすると、「あそこ(コット・サムさんの畑)はすごいから見に行こう」という人も現れて、尋ねてくる人がいます。近所の人たちだけでなく、村の遠くからも人が来て、私の菜園を見て驚いたり、育て方を尋ねたり、今までそういう交流はまったくありませんでした。村の中で、自分の存在が認められていると感じます」

という力強い言葉を聞かせてくださっており、とても熱心に菜園づくりに取り組まれていた方です。

2020年、何もなかった土地を一から耕して・・・2020年、何もなかった土地を一から耕して・・・
2020年8月には、10種類以上の作物が育つようになりました2020年8月には、10種類以上の作物が育つようになりました
液肥研修の後、すぐに自宅で実践していたコット・サムさん液肥研修の後、すぐに自宅で実践していたコット・サムさん
いつ行っても熱心に菜園の手入れをしていましたいつ行っても熱心に菜園の手入れをしていました
初めて販売数と売値などの記録を始めた日の一枚初めて販売数と売値などの記録を始めた日の一枚

実はコット・サムさん、体調を崩して長らく寝込んでいると聞いており、とても心配してお宅に伺ったのですが・・・

本調子ではないものの、痛めた腰がだいぶ復活したそう。ポクとの久々の再会をとても喜んでいました本調子ではないものの、痛めた腰がだいぶ復活したそう。ポクとの久々の再会をとても喜んでいました

・・・回復中でよかった~!菜園は一時的に休止しているそうで、「不本意なので撮影しないで欲しい」とのことだったので(かっこいい)、写真はありません。池はキレイにキープされていました。とにかく、はやく体調が万全になることを祈っています。

そんなわけで、今回は「村の皆さんの今・パート2」をお届けしました。次回こそ、「JVCスタッフの今」をお伝え予定です。こちらもお楽しみに!

12月の村の風景。コメの収穫後、稲わらを集めて牛の餌として運んでいるところ12月の村の風景。コメの収穫後、稲わらを集めて牛の餌として運んでいるところ
上に乗って、楽しそう。とびきりの笑顔いただきました~!上に乗って、楽しそう。とびきりの笑顔いただきました~!
とびきりの笑顔を言えばこちらも。魚とりをしていた男の子とお話したときの一枚。かわいいなあとびきりの笑顔を言えばこちらも。魚とりをしていた男の子とお話したときの一枚。かわいいなあ
団体案内
JVCの取り組み
5ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net