アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

久しぶりに元事業地へ!JVCがいなくなった後は・・・

カンボジア現地代表 大村 真理子
2021年12月21日 æ›´æ–°

こんにちは。カンボジアから大村です。11月に、数カ月ぶりに元事業地・コンポンクダイに行くことができました。活動が終わってから8カ月。事業地はどのような様子なのでしょうか。日数が限られていたこととコロナのこともあり、それぞれのお宅に長くいることはできませんでしたが、それでも皆さんに再会できたのはとても嬉しいことでした。今回は、これまでこのブログに登場してきた方を中心に、お伝えします。

元スタッフ・ポクの家に泊まらせてもらいました元スタッフ・ポクの家に泊まらせてもらいました
久々に雨水をためた水瓶の水でシャワーと洗濯。大切に使います久々に雨水をためた水瓶の水でシャワーと洗濯。大切に使います

サム・コーンさん

まずはオールー村のサム・コーンさんのお宅に。

とってもお元気!真ん中は一緒に来てもらった元スタッフのポクですとってもお元気!真ん中は一緒に来てもらった元スタッフのポクです

雨季が終わり乾季に入る頃でしたが、見事な家庭菜園を継続されていて、収穫物はドライにして出荷したり、近隣の方に販売をしているとのことでした。それだけではなく、空きスペースを開墾し、新しい菜園スペースまで広がっていました。

変わらずハーブや野菜が実る家庭菜園変わらずハーブや野菜が実る家庭菜園
数カ月前に新しく始めたスペース、広い!数カ月前に新しく始めたスペース、広い!
ちょうど収穫したショウガちょうど収穫したショウガ

「JVCがいなくても、知識と経験が残っているから問題ないよ」と言われました(嬉しい)。相変わらず近所の方に技術をシェアしたりもしているそうで、この時も近所の方がショウガを買いに来ていました。

シン・ミーさん

続けて、トロピアンベーン村のシン・ミーさん

2020年度に掘削した池。問題なくキレイに雨水が溜まっています2020年度に掘削した池。問題なくキレイに雨水が溜まっています
こちらもお元気!菜園も順調でしたこちらもお元気!菜園も順調でした
新しくターメリックとショウガを準備中とのこと新しくターメリックとショウガを準備中とのこと
ポクとシン・ミーさんも直接会うのは久しぶりだったそう!ポクとシン・ミーさんも直接会うのは久しぶりだったそう!
どうしてもお土産にバナナを持ち帰らせたいシン・ミーさんと、買わせて欲しいポクの攻防戦どうしてもお土産にバナナを持ち帰らせたいシン・ミーさんと、買わせて欲しいポクの攻防戦

ネム・ソーンさん

3月の活動終了の際、とても嬉しい言葉を残してくれた同じくトロピアンベーン村のネム・ソーンさん。会いたかったのですが、コメの収穫で忙しい時期だったこともあり、予定が合わずに今回は会えませんでした・・・また次回!

近くに堀った池だけ確認してきました。問題なし近くに堀った池だけ確認してきました。問題なし

ソク・ボッパーさん

続いてはコンサエン村のソク・ボッパーさん。このブログにも、たびたび登場していただいた、事業地の中でも特に熱心にJVCの活動に参加し続けていた方のひとりです。

はじける笑顔、健在はじける笑顔、健在
立派な野菜、健在立派な野菜、健在
買わせてもらいました!買わせてもらいました!
包装は枝や枯れ葉で。これも健在!包装は枝や枯れ葉で。これも健在!

ボッパーさんも、毎朝収穫した野菜やハーブを近隣で売ったり、ドライハーブにして出荷したり、もちろん自分達で食べたり、JVCとともに取り組んできたことをそのまま継続されていました。JVCの活動が終了した後、菜園を継続しなかったり、外部への販売をやめたり、そのあたりは最終的には村の皆さんが決めることであり、どういう判断がなされているのだろう・・・と思いながらお邪魔しましたが、今のところ皆さん、「暮らしが改善されたから、もちろんそのまま継続しているよ!」とのことで、一緒にやってきた身としては、とても嬉しいことでした。

ソク・スーさん

活動終了に伴い制作した映像の中で、ご覧いただいた方からもっとも大きな反響があったソク・スーさん。実は今回の訪問は、ドライハーブの卸先であるDemeterの代表の西口さんとスタッフのシナーさんと一緒だったのですが、あのインタビューを撮影した日から約10カ月、直接Demeterの方とお話できたソク・スーさん、大変感激している様子でした(Demeterのお2人も嬉しそうだった~!)。

右の2人がDemeterの西口さんとシナーさん右の2人がDemeterの西口さんとシナーさん
JVCチームでも記念撮影したけれど、笑いすぎてこんな写真しかありませんでした笑JVCチームでも記念撮影したけれど、笑いすぎてこんな写真しかありませんでした笑

ドンソック村

2018年度にため池を掘削し、他の村に先駆けてドライハーブ出荷を始めたドンソック村。こちらも田んぼが忙しい時期で、皆さんにお会いすることができなかったので、池の様子だけ確認してきました。

問題なし。近隣住民の手で手入れがされています問題なし。近隣住民の手で手入れがされています

ドライハーブの売り上げをご近所さんでためて、ハンドポンプを買った時などいつも大活躍だったエイム・チェイさんに、帰り際に数分だけ遭遇できました。

池、皆で使っているよ~の笑顔。去年生まれたお子さんが元気に大きくなっていた!池、皆で使っているよ~の笑顔。去年生まれたお子さんが元気に大きくなっていた!

「問題ないよ。知識や経験が残っているから」

という訳で今回は、事業終了後の村の皆さんのその後をお伝えしました。この記事ですべてを紹介できず残念なのですが、これまでともに活動してきた皆さん、訪問できたお宅は皆、家庭菜園をベースに日々を営まれていました。「何か問題ないですか?」と尋ねても皆、「問題ないよ。あ、そうだあれ見てよ。JVCの研修でやったやり方、やってみたのよ」という感じで次々に色々な話をしてくださり、ホッとしたしとても嬉しかったです。もちろん細かいことを見れば色々ありますが(雨が降る時期が遅れているのが気がかり)、それらも含めて今後もやりとりを続けていけるよう、これからも、定期的に皆さんにご挨拶に行きたいな、と思っています。コロナがなければもっと訪問しやすいのですが・・・。

雨季の終わり。少しずつ乾いた風が吹き始める11月の空

それでは今回はこの辺で。次回は、「JVCスタッフの今」をお伝えできればと思います。最後までお読みいただき、ありがとうございました。このブログもあと2回くらいで終了予定です。

団体案内
JVCの取り組み
5ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net