アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

Tree Planting Campaign

カンボジア現地インターン 萩原 大地
2014年12月 1日 更新

11月27日、地域の方々を巻き込んでの一大イベント、植林キャンペーン(TPC = Tree Planting Campaign)が盛大に行われました。このイベントは、植林を通じて自然資源の保護と持続可能な社会への関心を持ってもらうことを目的としています。

地域の方や子供たちがたくさん参加してくれました。地域の方や子供たちがたくさん参加してくれました。

ビデオ上映会

ビデオ上映会。視線はスクリーンにくぎづけ。ビデオ上映会。視線はスクリーンにくぎづけ。

TPCに先がけて、事前の啓発活動の一環としてビデオ上映会がありました。近くの村の小学校などの場所を借りて、2日間にわたり夜間に開催されました。昼間は農作業や学校で忙しい方が多いので、より多くの人に参加してもらおうとの配慮から、夜間に上映しています。ビデオの内容は、木が失われることのインパクトやどのように森林の保護をしていくべきかというもの。

スタッフからの質問等を交えながら、森林保護の重要性を伝えました。2日間ともビックリするほど本当に多くの方が参加してくれました。子供たちも大画面の映像に興味津々。上映が始まると食い入るようにスクリーンを見つめていました。夜間の開催でありながら、スタッフもMCで自慢の話芸を披露するなど楽しんでいました。

頑張りました!!

スタッフは事前の準備から当日の進行まで頑張っていました。お疲れ様です!スタッフは事前の準備から当日の進行まで頑張っていました。お疲れ様です!

TPCは非常に規模の大きなイベントでしたので、準備もそれなりに大変でした。TPC実行委員会を作ることから始まり、コミューン長などのお偉いさん方とコンタクトをとったり植林用の苗木を運んだり、早朝から会場準備に追われたりと大忙し。スタッフのやる気や準備に勤しむ姿勢からいかにこのイベントを重要と思っているかがひしひしと伝わってきました。

気合の入ったスタッフは準備での疲れもみせず、しきりにスケジュールの確認をしたり記録用の写真撮影をしたりと、イベント当日もせっせと仕事をこなしました。大きな仕事はそれなりにやりがいがあるのでしょう。みんなの先頭に立って指揮をとるスタッフが少しだけ格好良く見えました。

植林活動は子供たちをまとめるのにひと苦労。元気いっぱいの子供たちはなかなか言うことを聞いてくれません。スタッフも「俺の手には負えないよ。」とか言ってしまうほど。いや、それはあなたの仕事だから頑張ろうよって感じですけどね。木は、ながーい一本道のわきに3m間隔でひたすらに植えていきます。

みんなで一つ一つ木を植えていきます。みんなで一つ一つ木を植えていきます。

男の子は力を見せつけるように鍬を使って穴を掘り、女の子がていねいに木を植え、そこに一緒に水を与えてという感じ。子供たちが笑顔で木を植えている姿を見るのはいいもので、自分もつられて笑顔になってしまいます。子供たちの成長とともに植えられた木々も大きくなっていくのでしょう。ビデオの上映から植林まで、一連のTPCの活動で自然資源保護への意識が少しでも高まってくれたらうれしいですね。

誰も知らない

ひととおり木を植え終わると、みんなは集合場所へと戻っていきました。その集団の一番後ろで、ほかの子たちをよそにカゴを持って歩く2人の女の子。2人はみんなから大きく離されているにも関わらず淡々とゴミを拾い続けていました。彼女らが集合場所に戻ってきた頃には、ほかの子たちはすでに解散となって一斉に帰路に着きました。誰が見ていたわけでもない。誰かが気づくこともなかった。だから彼女らがゴミを拾いながら元の集合場所へ戻ったことを知る人はいない。

彼女らが何を考えこのような行動をとったのかは分かりません。それでも自分は彼女らの行動に拍手を送りたい。全部のゴミを拾ったわけではないのですごくキレイになったというわけではないんです。少なくともこのTPCの活動で出たしまったゴミは拾える範囲で拾っていました。自主的にこういう行動がとれたことが、単純に素晴らしいなと思うのです。

彼女らは何を思っていたのでしょうか。彼女らは何を思っていたのでしょうか。

スタッフの努力は実を結び、イベントは大盛況のうちに終了しました。そんな成功の陰には、誰も知らない小さな貢献がありました。

この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net