アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

スタディーツアー〜日本の教師の皆さんと〜

JVCカンボジア現地代表 若杉 美樹
2010年9月15日 更新

8月はスタディーツアーとしてさいたま市教職員組合の方々と1日ご一緒させていただきました。長年支援していただいているのですが、私がカンボジアに着いてから始めての受入となりました。

ラインに沿って植えるSRIラインに沿って植えるSRI

活動地シェムリアップでは、田植えの伝統的やり方と、JVCが促進しているSRI(若い苗を1本ずつ植える)の両方を見ることが出来、私もSRIで田植えに挑戦しました。幼い頃、親戚宅で田植えや茶摘などを手伝ったこともあったのですが、ローカルスタッフからは稲と稲の間隔が狭い、深く植えすぎなど厳しい指摘が。。。日本の土と違って、シェムリアップは赤土で柔らかく、ひざ下まで泥に浸かっても、すぐ乾燥します。これは、顔の泥パックなど美容にいいのでは、、、新たな発見(?)もありました。田んぼのあぜ道では、水を溜めて泥水プールを作り、田植えに来た家族の子どもたちが思い切り遊んでいます。着替えが無かったので、飛び入り参加は今回は断念です。

カマキリをじっくり観察する生徒カマキリをじっくり観察する生徒

午後は、環境教育として活動している小学校に行き、そこでツアー参加者の理科教師・川根先生が、ルーペを使った実験をやってくださいました。昆虫や花などを、子どもたちに自由に集めてもらい、ルーペで拡大し観察しましたが、校庭に飛び出す時の子どもの生き生きした顔が忘れられません。バッタやアリを捕まえた子どももいて、ルーペを覗いたときの驚愕の表情に、思わず笑ってしまいました。今の日本では、試験対策や知識の詰め込
み教育に偏り、このような子どもの興味を引き出す授業をやることは難しいと聞き、非常に残念です。
1日の終わりでは、参加者5名の方から感想や意見を聞かせていただきました。3年前の訪問より、農家による野菜栽培の内容が確実に充実していると聞き、嬉しい限りです。
受入側として、至らない点も多かったと思いますが、先生方から教えていただいた点も多く、有意義な1日となりました。お世話になりました。
次回の訪問を心待ちにしております。

閉会式では真剣に話を聞きます、お菓子も配られました閉会式では真剣に話を聞きます、お菓子も配られました

この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net