[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
 
[JVC団体案内へ]
[9ヵ国での活動へ]
[アフガニスタンでの活動へ]
[地域保健医療へ]
[女子教育支援へ]
[政策提言へ]
[過去の活動]
[カンボジアでの活動へ] [ラオスでの活動へ]
[タイでの活動へ] [南アフリカでの活動へ]
[パレスチナでの活動へ] [イラクでの活動へ]
[北朝鮮での活動へ] [スーダンでの活動へ]
[調査研究・提言へ]
[JVCに募金へ]
[JVCに入会へ]
[ボランティアへ]
[出張講演・資料貸出へ]
[書籍・開発教育へ]
[メディア掲載へ]
[JVCマンスリー募金へ]
[東京事務所スタッフ日記へ]
twitterやってます。
[JVCブックレット刊行へ]
[JVC国際協力ポストカード発売中]
[JVC国際協力コンサート]
[JVCメルマが登録へ]
[JVC会員専用ページへ]
[ビデオ「カンボジア農村開発」へ]
[JVCキッズページへ]
[JVC WEB担当者ブログへ]
[JANICアカウンタビリティセルフチェック2008を実施しています]
[アフガニスタン]

地域保健医療(ナンガルハル県)

 
2008年6月26日 更新
[現地スタッフ]

アフガニスタン事業担当 長谷部貴俊

期間 (2005年4月〜) 活動分野 保健医療
地域・対象 [アフガニスタン地図]ナンガルハル県北東部

長い内戦の影響で保健医療システムの土台が破壊されています。2004年アフガニスタン政府によると、子どものうち25%以上が5歳の誕生日を迎える前になくなっています。アフガニスタン人でも特に女性と子どもに対する基本的サービスが提供できる保健・医療施設が非常にかぎられています。JVCはナンガルハル県保健局と協力し、地域密着のクリニックを支援することで、アフガニスタン人の女性と子どもが医療サービスにアクセスできることをめざします。

現在、診療所を拠点に村の伝統産婆や保健婦を養成・支援するとともに、井戸掘りを通して安全な水を提供しています。この総合的な地域保健活動は2004度において一部実施にとどまりましたが、現在は全面展開をしています。

1.地方診療所支援:ナンガルハル県シェワ郡

[診療所で青年を診療する医師]
■診療所

2004年度クナール県カス・クナール郡の診療所に対して保健省の基準に沿った資器材と医薬品を支援するとともに診療や運営に関する指導を行いました。この1年間の支援活動で診療所の活動は大幅に改善され、県保健局から県内で最優良の診療所との評価を得ました。しかし、3月末には保健省から運営を全面委託された米国のNGOへ活動を引き渡すことになりました。


現在は、ナンガルハル県シェワ郡グレーク村診療所に対して保健省の定める医療サービス基本パッケージに則した支援を行っています。特に地域の母子保健のニーズに応えるために、助産師を派遣し診療所に母子保健部門を設置し、周辺村で女性保健ワーカーの活動も開始しています。

2.伝統産婆(TBA)トレーニングとフォローアップ支援:ナンガルハル県シェワ郡、ゴシュタ郡、ホギャニ郡

村で従来活動している伝統産婆に対してより安全な出産介助ができるようにトレーニングを実施し、トレーニング後のフォローアップや出産キットの定期的な補充により妊婦や新生児の死亡率を減らすことを目的としています。2004年度は3郡4つの集合村で49人の伝統産婆トレーニングとフォローアップを行いました。その結果、以前に比べ妊婦が示す異常の見落としが減り、街の病院への移送による安全な出産の数が増えました。今年度はモニタリングの頻度を増やし、地域のクリニックや新たに養成する保健婦との連携を密に行うことで産婆と妊産婦への支援体制を強化します。

3.中級医療従事者養成所(Institute of Medical and Science)女性コースの支援:ジャララバード市

農村医療に従事する女性を養成することを目的に設立された中級医療従事者養成所女性研修センターに対して、就学環境の充実を図るため机・椅子、教具、備品を支援します。2004年度は養成所のコースやカリキュラムの変更、支援団体間の調整の混乱などが重なり実施が大幅におくれたため、今年度の実施となります。

4.安全な水の供給と衛生教育:ナンガルハル権シェワ郡、ゴシュタ郡、ホギャニ郡

[井戸と子どもたち]
■井戸と子どもたち
[衛生教育の様子]
■衛生教育の様子

今年度医療支援活動と重なる地域で、現地NGO RDRO(農村開発復興機構)と協力して、約90本の井戸設置し、同時に井戸利用住民を対象に衛生教育を実施しています。井戸掘りは井戸利用者グループによる労働力と資材の一部負担を原則とし、井戸監理責任者とポンプ修理を請け負う地域メカニックのトレーニングも合わせて実施しています。医療支援活動との相乗効果を持たせることで、水系感染症の予防を中心に地域の保健環境の改善を目的としています。


外務省からの資金協力

2005年3月〜2006年8月まで外務省NGO支援無償資金協力を受け、民間寄付と共にナンガルハル県シェワ郡にある2万7千人の住民をカバーするゴレーク診療所の運営、施設増築、地域への井戸設置90本、コミュニティー・ヘルス・ワーカーの育成、同県ジャララバード市内の女性医療従事者育成コースへの支援を行いました。また、2007年12月から1年間NGO連携無償資金協力を受け民間からの寄付と共に、シェワ郡ゴレーク診療所の運営、地域での予防治療に力を入れて活動を実施中です。




 
 


 問合せ・資料請求  リンク集  個人情報保護方針  リンク時のお願い

 
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はJVCおよびその関係者に帰属します。 サイトマップ