アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

アフガニスタンでのCOVID-19対策キャンペーン! フォト・レポート

アフガニスタン事業担当 加藤 真希
2020年5月20日 更新

同国での感染者数は増え続けています。5月17日時点の感染者数はこちらからも確認できます。

感染拡大を防ぐことが急務ですが、特に都市部から離れた農村部などでは情報が届かず、人々の間では不安が増しており、根拠のない噂や誤った認識による混乱、精神的なストレスがある一方で、ほとんど危機感を持っていない人もまだまだいるという状況があります。
そんなアフガニスタンの、特に農村部にて、JVCは現地パートナーYVOとともに予防・啓発アクションを開始しました。第一報はこちらから。その続報はこちらから。

初動から2ヶ月ほどたった現在、この対策キャンペーンはJVCが現地パートナーとともにピース・アクションを行っている5つの郡にも広がっています。これらの村にはスタッフが自ら出向いていくのではなく、それぞれの村の青年リーダーたちが担ってくれました。ここにも、私達が活動地の村人とこれまで築いてきた関係性が生きています。たくさんの写真がスタッフに届いたので、各村でどのように予防の呼びかけがなされたのかがよく伝わってきました。これを通して村の暮らし(服装、道、建物、お店、乗り物など!)を垣間見ることができ、大変興味深いです。

村のボランティアさんの呼びかけで、啓発セッションを実施。後ろに広がるのは美しい小麦畑村のボランティアさんの呼びかけで、啓発セッションを実施。後ろに広がるのは美しい小麦畑
村の目立つところに、大判ポスターを掲示してもらいました村の目立つところに、大判ポスターを掲示してもらいました
右にはモスク、左にはポンプ式の井戸。村の暮らしに欠かせません右にはモスク、左にはポンプ式の井戸。村の暮らしに欠かせません
そして村をまわって対策を呼びかけます。パンフレットを配っている村のボランティア青年「予防、よろしくね」そして村をまわって対策を呼びかけます。パンフレットを配っている村のボランティア青年「予防、よろしくね」
リキシャーの運転手にもリキシャーの運転手にも
リキシャーさんにも、こんな感じで村をまわってもらいましょうリキシャーさんにも、こんな感じで村をまわってもらいましょう
こちらは村のテーラー(服の仕立て屋)さん、ミシンやつむぎ糸が見えます(店内がかわいい)こちらは村のテーラー(服の仕立て屋)さん、ミシンやつむぎ糸が見えます(店内がかわいい)
こちらもテーラーさん。やっぱり壁がおしゃれ!こちらもテーラーさん。やっぱり壁がおしゃれ!
こちらでも、仕立て屋さんたちがお仕事中でしたこちらでも、仕立て屋さんたちがお仕事中でした
家々をまわって、予防・対策を呼びかける。通行人に家々をまわって、予防・対策を呼びかける。通行人に
バイクのお兄さんもバイクのお兄さんも
この男の子は、歩く広告塔?パンフレットをボタンでとめているようです。こんなの初めてみましたこの男の子は、歩く広告塔?パンフレットをボタンでとめているようです。こんなの初めてみました
貼り出されたポスターを見入る村の子どもたち貼り出されたポスターを見入る村の子どもたち
村の商店にも村の商店にも
アフガニスタンの村のおうちは、高い土の壁が特徴的アフガニスタンの村のおうちは、高い土の壁が特徴的
家同士の壁の間の道でも配っています家同士の壁の間の道でも配っています
家から出てきた姉妹兄弟たちにも家から出てきた姉妹兄弟たちにも
こちらはお菓子のスタンド。どんなお菓子を売っているかと言うと・・・こちらはお菓子のスタンド。どんなお菓子を売っているかと言うと・・・
左のぐるぐるのもの。左のぐるぐるのもの。"Jalebi"といいます
この方もJalebi売り。とてもポピュラーなお菓子のようですこの方もJalebi売り。とてもポピュラーなお菓子のようです
れは、村の診療所。民家を使っているとのこと。今、村人が寄付を募り、診療所に専用の建物を建設しようと腐心しているそうです。これに奔走しているのも、村のユースグループたちれは、村の診療所。民家を使っているとのこと。今、村人が寄付を募り、診療所に専用の建物を建設しようと腐心しているそうです。これに奔走しているのも、村のユースグループたち
緑の木立が並ぶ村の目抜き通りにて緑の木立が並ぶ村の目抜き通りにて
果敢な?!宣伝です。(日本でもよく見るビラ配りのようです)果敢な?!宣伝です。(日本でもよく見るビラ配りのようです)
スタッフたちも、事務所では極力離れての勤務。ドアノブなど手で触るものの消毒も行っていますスタッフたちも、事務所では極力離れての勤務。ドアノブなど手で触るものの消毒も行っています
ティータイムも、ソーシャルディスタンシングティータイムも、ソーシャルディスタンシング

自分たちのリスク・マネジメントにも最新の注意を払いながら活動する、勇気ある現地パートナーYVOや、ボランティアの皆様への引き続きの応援よろしくお願い致します!

この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net