アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
未来を決める力をすべての人に! JVC futurePJ2021

あなたの考える平和は、どんな姿をしていますか?

~アフマド・コート校で平和の絵ワークショップ
アフガニスタン事業担当 加藤 真希
2019年5月14日 更新

JVCアフガニスタンの活動地の村々で、地道なピース・アクションを積み重ねています。今回は、「何か自分の学校でもアクションを取りたい」と村の教員からJVCに相談があり実現した、平和の絵を描くワークショップのご報告です。

平和とは、一体何なのでしょうか? 簡単に口にすることはできても、具体的な姿を想像することは難しく、きっと人によっても、置かれている環境によっても、違います。このワークショップではJVCの活動地にあるアフマドコート校の約50人の学生たちが、目指すべき平和とはどのようなもので、どうすれば実現可能なのかということを考えてA4の紙に自由に表現してもらいました。文具を豊富に揃えたこともあり、みんな生き生きと描いています!描かれた絵には短い説明も加えてもらい、一人ひとりが込めた思いが記されました。

机にかじりつく生徒、立っている生徒も!机にかじりつく生徒、立っている生徒も!
笑顔で取り組んでいます。笑顔で取り組んでいます。

全員が描き終わった後は教室の壁に掲示し、同級生たちと平和についての思いを共有する機会を持ちました。

たくさんの平和の形が並びます。たくさんの平和の形が並びます。

子どもたちが描いてくれた絵をいくつか見てみましょう。

「あなたにとって平和とは?」「重なるハート!」いい笑顔で答えてくれました。

「争いはやめろ!」
「平和のあるところに、教育がある」
「イスラム教は平和を求めている」

「戦いはやめよう。戦争は醜い顔をしている。平和は幸せで、自由な姿をしているよ」

同じ頃、なんと生徒だけでなく、プロの?アーティストも学校の壁に、同じテーマで絵を書いてくれました。これはずっと残りますね。

外の壁にも描いてくれました!『家族みんなが教育を受けられること、それが平和だ』という意味を込めた絵だそうです。

このワークショップでは、家族や、友達、学校、花、教育を描いた「平和の絵」が多く並びました。アフガニスタンでは現在でも、米軍、アフガン政府軍、武装勢力らが各地で激しい戦いを続けており、民間人の犠牲も絶えません。絵を描くワークショップの参加者の中にも、兄弟や友達が戦闘に向かったり、近しい人が犠牲になっている子どもが何人もいるそうです。描かれた平和、これらすべて、人々の暮らしに当たり前に必要なものばかり。そのどれも奪われることのないよう、私達も引き続き、村の人々と協力して平和構築のための活動を模索していきます。

ピース・アクションのこれまでの活動についてはこちらからも
「アフガニスタンならではのピースブックレットご紹介!
「市民による平和ワークショップ開催!」
「ピース・アンバサダー・プレゼンツ! 平和の交流プログラム報告」

団体案内
JVCの取り組み
5ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net