アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
2013年11月26日 【 2013年11月パキスタン出張

パキスタン出張つれづれ(2)
~ファッション事情~

アフガニスタン事業担当 加藤 真希
2013年11月26日 更新

当然のこと、ところ変われば人々のファッションセンスも変わります。パキスタンのイスラマバードではどのようなファッションが好まれるのでしょうか。市場のほうに足を運んでみると、パキスタンは繊維産業が発達しているようで、街のお店にも布製品が多く並んでいます。お店にあるドレスをチェックしてみましょう!

こっち?こっち?
それともこっち?それともこっち?

どう考えても、普段着としてこれらを着こなすのは、日本人の私たちには至難の業のように思えます。ハローウィンや忘年会用にしか着られなさそうですね...。この時、お店に居合わせた現地の女性のお客さん(40歳くらい?)が店の人に何か言っているのが聞こえてきました。「(何やらウルドゥー語)・・・ショッキングピンク!ショッキングピンク!」もっときついピンク色はないの?と聞いています。"ショッキングピンク"は英語でそのまま言われているようです。私もちょうどピンク色のショールを探していたのですが、さすがにショッキングピンクは好みではないので、「ノーショッキンピンク!ノーショッキンピンク!」とお店の人に探してもらいました。中国製のものよりパキスタン製のショールのほうが高く、3倍くらいの値段差がありました。

広場で見かける若い女性たち広場で見かける若い女性たち

通りで見かける若い女性たちの服装も様々です。頭に何もかぶらない女性もいますが、ショールを頭から体全体にかけて羽織っている女性が一般的です。皆、色や柄が様々で、とってもカラフルで見ていて楽しいです。アフガニスタンと違って、すっぽり顔や体を覆うブルカはあまり見かけません。

街のショーウィンドーに並ぶ女性服のディスプレイ街のショーウィンドーに並ぶ女性服のディスプレイ
一方男性服はこんな感じ一方男性服はこんな感じ

アフガニスタンでもパキスタンでも既製服よりは、布地を買って、テーラーさんに持っていき自分のサイズを伝えて作ってもらう方が一般的だそうです。実際、布だけを売っている店や、染色屋さんも結構よく見かけます。これまで仕立て屋さんで服を作ってもらったことが一度もないので、いつか私もお気に入りの布を見つけ、オーダーメイドで注文してみたいと思います。

~おまけ~

今回の出張で、アフガンスタッフにもJVCのTシャツをプレゼント。揃って記念撮影です。今回の出張で、アフガンスタッフにもJVCのTシャツをプレゼント。揃って記念撮影です。

パキスタン出張つれづれ(1)~インスタントヌードル事件~

パキスタン出張つれづれ(3)~渡されたのはカメラじゃなくて~

この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net