アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

アフガニスタンでの深刻な干ばつ被害

アフガニスタン事業ボランティア 白川 麻子
2018年12月25日 更新

アフガニスタンでは今年、大規模な干ばつが発生しています。アフガニスタン政府や国連世界食糧計画(WFP)などが緊急支援を開始していますが、一部地域では避難を余儀なくされた人々もおります。栄養不良に陥る子どもたち、家財を売るなどして食料を確保する農家、避難キャンプでしのぐ人々など、被害は深刻です。

ユニセフ 「アフガニスタンで600万人が人道支援を必要」

国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)は、アフガニスタンで半数が子どもから成る合計600万人が人道支援を必要としていると発表した。
(2018年11月28日 TEMMUZ)

ユニセフ 「アフガニスタンで600万人が人道支援を必要」 | TRT 日本語

国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)は、アフガニスタンで半数が子どもから成る合計600万人が人道支援を必要としていると発表した。

アフガニスタンのアヘン生産、干ばつや価格下落で減少 国連報告書

アフガニスタンは今年、アヘンの原料となるケシの栽培が深刻な干ばつ被害を受けたうえ、供給過剰でアヘン価格も下落したことから、ケシの栽培面積が大幅に縮小したことが分かった。
(2018年11月20日 AFP)

アフガニスタンのアヘン生産、干ばつや価格下落で減少 国連報告書

【11月20日 AFP】アフガニスタンは今年、アヘンの原料となるケシの栽培が深刻な干ばつ被害を受けたうえ、供給過剰でアヘン価格も下落したことから、ケシの栽培面積が大幅に縮小したことが分かった。

アフガニスタンで深刻な干ばつ、26万人が避難 「戦火より多く」

アフガニスタンで深刻な干ばつが起き、人道的な危機が迫っている。シャディ・モハメド氏(70)は家族と共に、アフガニスタン西部ヘラート郊外に作られたその場しのぎの避難キャンプに住んでいる。「のどが渇いて、空腹だ。持ち出せたものはほんの少しだったし、その大半もここまでの道のりで失ってしまった。もう何もない。家族8人で小さなテントに住んでいる」、「妻と兄弟は死んだ。子供たちの半数はここにいるが、残りは置き去りにされた」
(2018年10月17日 BBC)

アフガニスタンで深刻な干ばつ、26万人が避難 「戦火より多く」

アフガニスタンで深刻な干ばつが起き、人道的な危機が迫っている。今年、干ばつによって避難を余儀なくされた人の数は、アフガニスタン政府と反政府勢力タリバンによる戦争での避難民を超えたという。BBCのセクンデル・ケルマニ記者が報告する。 ...

「娘を売るしかなかった」厳しい干ばつで住む場所追われ

ヘラートの郊外にある難民キャンプのママリーンさんは、戦争で夫を失い、異常気象により住む場所を追われ、家族を食べさせるために娘のアキラちゃん(6)を売らなければならなくなった。「干ばつが厳しかったため、3人の子どもたちと一緒に村を出た」ヘラートに出てきたのは何らかの支援が得られるかもしれないと考えたからだが、だめだったという。子どもたちを餓死させるわけにはいかなかったので娘を3000ドルで売ったが、まだ70ドルしか受け取っていないという。
(2018年11月24日 CNN)

「娘を売るしかなかった」、厳しい干ばつで住む場所追われ アフガン

アフガニスタンを襲っている前例のない干ばつの影響で何万もの人々が住む場所を追われている。中には、収入の道が途絶えたことで子どもを売ることを余儀なくされた家庭も出てきた。

「私が見た最悪の干ばつ」アフガニスタンの農家は避難を余儀なくされた

小麦とアヘン栽培を行う農家のカーン・イシャクザイ(80)は、干ばつの被害により、農場が破壊されたことにより、家族8名とともにバギス州の家を離れ、避難生活を余儀なくされた。彼は「このような干ばつはこれまで見たことがなく最悪である」と話した。
(2018年12月7日 PHYSORG 原文英語)

'Worst drought I have seen': Afghan farmers forced to flee

Wheat and opium farmer Murad Khan Ishaqzai, 80, has never seen a drought as bad as the one ravaging western Afghanistan where more than 250,000 people have been forced to abandon their homes.

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net