日本国際ボランティアセンター
(JVC)公式サイト
HOME > 11ヵ国での活動 > 11ヵ国での活動
11ヵ国での活動
2017年4月10日 更新

暮らしを守る「地域開発」


農村で安心して暮らしていけるように。人と自然にやさしい農業と、村の中での助け合いを支えています。

物を持ち込んだり建物を作ったりするのではなく、その地に生きる人々が地域の資源や知恵を活かして暮らしを改善できるよう、研修などの学ぶ機会を提供します。JVCは何かを「してあげる」のではなく、そこに暮らす人々の力を引き出す役割を担っています。


カンボジア

米づくりや野菜づくりの研修を通し、農家の生計向上をめざします。

もっと詳しく

ラオス

生活の基盤である森林を住民が利用し続けられるよう、住民の権利を守ります。

もっと詳しく

南アフリカ

HIV/エイズに対して行動する人たちを支援しています。

もっと詳しく

タイ(人材育成)

日本人とタイ人が農を通して学び合う場を提供します。

もっと詳しく

命を守る「人道支援/平和構築」


紛争など困難の中に生きる人々の、命と生活を守る支援を。さらに、新たな衝突が起きないよう地域の平和づくりに協力します。

紛争や戦争で困難な状況にある人々へ支援を行うだけではなく、それらを起こさない社会をつくります。そのためにJVCは、紛争地の人々の声を日本社会に発信するとともに、日本政府や国際機関へ働きかけています。


アフガニスタン

診療所を運営し、子どもと女性をはじめとした地域住民の健康を守ります。

もっと詳しく

パレスチナ

栄養支援や巡回健康診断を行い、占領下を生きる子どもたちの健康を守ります。

もっと詳しく

イラク

紛争の火種を抱える地で、子どもが集う場を活かし他民族の相互理解をめざします。

もっと詳しく

スーダン

南北内戦の影響が残る中央部で、暮らしの再建を通して住民融和を図ります。

もっと詳しく

コリア(交流)

対話の窓を開く一歩として、日朝韓の子どもたちの絵画展を実施。

もっと詳しく

タイ

ビルマ人労働者とその家族の健康を守る医療支援を行っています。

もっと詳しく

日本国内の災害被災地での活動


日本国内において、東日本大震災の被災地、ならびに熊本地震の被災地での活動を実施しています。


気仙沼市鹿折地区での生活再建支援

宮城県気仙沼市で地元の方々の様々な復興の取り組みを支えています。

もっと詳しく

南相馬市の仮設住宅でのサロン運営

福島県南相馬市の仮設住宅におけるサロンを現地NPOとともに運営しています。

もっと詳しく

熊本地震被災地

現地団体による介護福祉士の派遣をサポートします。

もっと詳しく

政策を変える「政策提言」


紛争や戦争で困難な状況にある人々へ支援を行うだけではなく、それらを起こさない社会をつくります。そのためにJVCは、紛争地の人々の声を日本社会に発信するとともに、日本政府や国際機関へ働きかけています。


調査研究・政策提言(アドボカシー)

JVCの現場の事例を、日本政府によるODAや援助政策に活かします。

もっと詳しく

啓発活動

書籍や講演、イベントを通して世界の現状を広く伝えます。

もっと詳しく
メインメニュー
お知らせ・募集 (12/12更新)
イベント情報 (12/12更新)
ツイッターfacebookもやってます。リツイートやいいねボタンをクリック!
ページトップへ