アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

NGO派遣編スタート

11期インターン 宮田 敬子
2009年2月27日 更新

1月12日から、タイにおけるNGO活動はどんなものかを知るため、ヤソトーン県ルンノクター郡にあるグリーンネット事務所にお世話になっています。グリーンネットは“Live Fair, Live Organic” というスローガンを掲げ、有機農業の普及やフェアトレード事業などに取り組むタイのNGO団体です。タイ国内8県に有機米、果物、野菜、加工品など全部で12のグループを持ち、会員と職員合わせて1200人ほどの規模を持つ団体です。

その中で、私と金森さんが滞在しているヤソトーン県は有機米グループとして活動しています。有機のジャスミン米を生産し、精米所を同時に経営して有機米をタイ国内に卸すほか、ヨーロッパに輸出しています。

有機農業グループの生産者会員は80人、グループ設立当時は200〜300人いたそうですが、研修や農業技術指導を行った過程で減少し現在の数になったそうです。有機農業グループ活動の中心を担っているのが15人の委員会です。

最初、有機農業を始め、有機米を作ったものの売り先がなく困っていました。そこでグリーンネットが有機米を全て買い取り、売り先を探すというシステムを取り入れました。

現在私と金森さんがお世話になっている事務所には、イェさん(男性)、ポムさん(女性)の夫婦と4ヶ月前からスタッフになったマートさんが働いています。そのほかに、精米所担当スタッフ、委員会の人が来て仕事をしています。

イェさんは農業・農村開発担当であり、生産者会員の田圃を回って毎年変化する農業状況の書類作りや研修のコーディネート、村での生産者会議などを行っています。イェさん自身、家庭は農家ではないそうですが農業の知識や技術は活動で出会った農民に教えてもらっているそうです。ポムさんは精米所の経営管理を担当しています。生産高や売り上げを把握し、生産者である農民と販売者であるグリーンネットを繋ぐ役割の仕事でもあります。

生産者会員と話すスタッフ(左:グリーンネットスタッフのイェさん)生産者会員と話すスタッフ(左:グリーンネットスタッフのイェさん)

私たちはイェさんと一緒に毎日生産者会員の田圃に行き話をしたり、生産者会議に参加したりなど、行動をともにしながらタイのNGOスタッフがどのような活動をしているのかを学んでいます。この時期は次年度に向けての書類作りのような作業しかないとイェさんは言っていますが、村を訪問する際のNGOスタッフと村人の関係を見るのには非常に勉強になる環境だと思っています。様々な疑問を彼らにぶつけていきたいと思います。


第11期インターン(2008年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2008年6月19日 更新贅沢な休日
2008年6月 5日 更新がんばれ、インターン生!
2008年6月 5日 更新タイでの研修を支えてくれる人たち
2008年6月 5日 更新タイの農村に生きる知恵と技
2008年6月 5日 更新イサーンのゴム植林ドリーム
2008年5月29日 更新バナナと鍬(クワ)
2008年5月29日 更新笑っていれば作業もつらくない!?
2008年5月29日 更新初日記です。
2008年5月29日 更新インターン 金森史明の自己紹介
2008年5月29日 更新インターン 宮田敬子の自己紹介

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net