アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

甘くなかった稲刈り・・・!!

11期インターン 金森 史明
2009年2月24日 更新

 
11月を少し過ぎた頃から稲刈りシーズンが始まりました。僕もカオデーン農園(中間報告のため一時的に滞在していた時)や派遣先で稲刈りに参加しました。

稲刈りをやる前は、「毎日草を刈ってきたし、稲刈りも同じようなものだろう」と軽く考えていましたが、実際にやってみると大きく違いました。草刈りの場合は、特に何も考えず、ただ目の前にある草を刈るだけでした。しかし、稲刈りの場合は、脱穀作業のためだと思うのですが、一番先から60cmくらいのところで刈る必要があります。これが意外と手間取ります。しかも、稲が立っているならまだマシで、稲が倒れているとさらに手間取ります。また、稲刈りも田植えと同じで、やってもやっても終わりが見えず、ホント、大変な作業でした。

刈り取った稲を運ぶ金森くん刈り取った稲を運ぶ金森くん

稲を刈った後は、その場に並べて乾かします。乾いたらある程度の量でまとめて、竹紐などで絞ります。そしたら、この稲束を一ヶ所に集めます。この集める作業も結構な重労働でした。

集めた後は、いよいよ脱穀作業に入ります。これには二本の棒を縄で繋げた道具(ヌンチャクのようなもの)を使います。これで稲束をはさんで振り上げ地面に叩きつけます。すると、米粒(籾つき)が落ちます。これを米粒が落ちきるまで繰り返します。これもヘビーワークです。また、カオデーン農園にはありませんでしたが、派遣先ではドラム缶に棒がくっついていたような脱穀用の機械がありました。他の家ではこの機械をもっと大きくした「脱穀車」を使っているところもありました。脱穀車は、2トントラックくらいのサイズがあります。

脱穀の様子脱穀の様子

機械を使えばラクなのですが、あまり楽しくありません。それに、機械は購入するにも使用するにも、維持するにもお金がかかります。また、お金以外にも必要なもの(ガソリン、あるいは電気など)や場所、知識など、条件が色々とあります。その点、棒と縄なら安いし、作るのも修理するのも簡単です。なんというか、機械を使うことは必ずしもよいことばかりではないと考えるようになりました。


第11期インターン(2008年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2008年6月19日 更新贅沢な休日
2008年6月 5日 更新がんばれ、インターン生!
2008年6月 5日 更新タイでの研修を支えてくれる人たち
2008年6月 5日 更新タイの農村に生きる知恵と技
2008年6月 5日 更新イサーンのゴム植林ドリーム
2008年5月29日 更新バナナと鍬(クワ)
2008年5月29日 更新笑っていれば作業もつらくない!?
2008年5月29日 更新初日記です。
2008年5月29日 更新インターン 金森史明の自己紹介
2008年5月29日 更新インターン 宮田敬子の自己紹介

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net