アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

農村生活編 第2話

カオデーン農場 森本 薫子
2008年9月22日 更新

タイの困ったちゃん!

カラシン県に派遣されて3週間ほどたちました。ここでの生活にもすっかり慣れました。が、未だにタイ語はほとんど聞き取れません。タイに来てから2ヵ月半が過ぎましたが、あまり成長していない気がします・・・。いつか、会話ができるくらいになるのだろうか…。さて、ここカラシンで僕が遭遇した3種類の困ったちゃんを紹介します。

困ったちゃん その1.「ハエ」
ご飯を食べている時や昼寝をしている時に、どこからともなくやってきて、食べ物や手足に止まります。追い払っても追い払ってもやってくるので、結構厄介です。
 困ったちゃん指数:65%

困ったちゃん その2.「赤アリ」
田畑で作業をしていると、いつのまにか身体にくっついて噛んできます。小さいヤツはチクリと痛く、大きいヤツはガブリ!と痛いです。たくさん噛まれると、涙が出るほど痛いのです。また、その辺に食べ物を放置しておくと、小さいヤツがいつのまにかたくさん群がってきます。相当厄介です。
 困ったちゃん指数:98%

困ったちゃん その3.「蚊」
昼寝をしている時や作業をしている時、また夕方過ぎには、どこからか大量にやってきて、人間に襲いかかります。タイには2種類いて、黒っぽいヤツと黄色っぽいヤツがいます。この黄色っぽいヤツは強敵です。なんせデカくて素早い!しかも服の上からも刺してきます。刺されると1〜2センチは腫れ、とてもかゆいです。ものすごくやっかいです。
 困ったちゃん指数:120%

しかし、ここに来たばかりの頃はとても気になりましたが、今では平気になりました。人間、何事にも慣れるものですね。
(金森 史明)

背を空に、顔を土に

カオデーン農園で田植えの経験はあったものの、「田植えが出来る!」と自信を持って言えません。ノンドゥー村へ来て4回ほど田植えの手伝いをしました。というのも、派遣先であるカセームお父さん貯水池の水はほとんどなく、更に雨も降らないため、田植えが出来ないのです。

現在、田植えは人を雇うことが当たり前になってきているようですが、ノンドゥー村では村人が助け合って田植えをする習慣が残っています。

共に田植えをするお母さん達は、田植え歴20〜30年のベテランで、広い田んぼもあっという間に終ってしまいます。私の決して上手とは言えない植え方を見かねて、「もっと幅を均等に!」「根っこを折らないようにね!」など、厳しい指導を浴びせられています。そのかいがあってか、4回目の田植えの時は「日本人の田植えはきれいだねぇ」と言ってもらえるようになりました。

一緒に田植えをしたヒアムお母さんは、「KUBOTA、HONDAに米は作れない。私たち人間が米を作るんだよ」と言っていました。どんなに技術が進歩しても、米、野菜は人間が作るものだと思いました。
「ラン スー ファー、ナー スー ディン」という言葉があります。農民は「背中を空に向け、顔を土に向ける」という意味です。その言葉の通り、畑仕事や田植えをしていると、一日中背中を空に向けています。そして、ふと見上げる空がとても美しく思えます。それだけで、今の私の欲求は満たされ、生きていることを実感することができるのです。
まだまだタイ語もつたなく、村の生活に慣れていませんが、確実に私の中に何か軸のようなものが出来ている気がします。
(宮田 敬子)


第11期インターン(2008年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2008年6月19日 更新贅沢な休日
2008年6月 5日 更新がんばれ、インターン生!
2008年6月 5日 更新タイでの研修を支えてくれる人たち
2008年6月 5日 更新タイの農村に生きる知恵と技
2008年6月 5日 更新イサーンのゴム植林ドリーム
2008年5月29日 更新バナナと鍬(クワ)
2008年5月29日 更新笑っていれば作業もつらくない!?
2008年5月29日 更新初日記です。
2008年5月29日 更新インターン 金森史明の自己紹介
2008年5月29日 更新インターン 宮田敬子の自己紹介

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net