アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • 南アフリカ通信
現地ブログ from 南アフリカ

南アフリカ通信

南アフリカ事業担当渡辺が、現地での活動の様子をお伝えします。

はじめてもらった!

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2013年9月 9日 更新

パートナー団体LMCCの運営するドロップ・インセンターで、地域の子どもたちのケアにあたるボランティアを対象に実施した「Pcychosocial Training(カウンセリング研修)」の修了証授与式を、8月29日に実施しました。

FAMSAの事務所にて、研修修了証の授与FAMSAの事務所にて、研修修了証の授与
ちょっとぎこちない!?笑顔で、修了証と記念品を受けとるちょっとぎこちない!?笑顔で、修了証と記念品を受けとる

当初は、授与式を事業地の一つボドウェ村で実施する予定でしたが、研修を提供してくれた団体FAMASAから一本の電話が。

「今までいろんな研修をしてきたけど、こんなに一生懸命とりくんだグループははじめてだったの。何かスペシャルなことが、できないかしら?」 と。
2日間電話であ~だ、こ~だと相談した結果、FAMSAが事務所を置くザニーン(Tzaneen、JVC事業地から車で2時間ほど)に出向くことに。そして、そこまで行くのならと、FAMSAの紹介で近隣で菜園活動や地域の子どものための活動をしている団体を紹介してもらい、交流の機会も企画することになりました。

経験交流。地域に野菜を提供する団体の菜園を訪問経験交流。地域に野菜を提供する団体の菜園を訪問
経験交流のお礼に、LMCCの育てる薬草を提供。一つ一つ効能を説明します経験交流のお礼に、LMCCの育てる薬草を提供。一つ一つ効能を説明します

研修トレーナーとの夕食

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2013年9月 9日 更新

JVC南アフリカ事務所では、外部から研修講師などを呼ぶと、一度は事務所で夕食をともにする機会をもつのが恒例になっています。研修は一回だけではなく、そのあとのフォローアップも含め、講師のみなさんとは長いお付き合いになることも。仕事からちょっと離れてお互いを知り合ったり、情報交換をする場として、そしてお互いの食文化を知る場として、毎回好評を得ています。

今日の研修を振り返りながら、話しに花が咲きます今日の研修を振り返りながら、話しに花が咲きます

この日は、カウンセリング研修を担当してくれたFAMSA(Families South Africa)のトレーナー3人が、事務所に遊びに来てくれました。「お箸を使ってみたい」「牛肉が食べられない」など事前のリクエストを聞いていたこの日のメニューは、ピーナツソースの棒棒鶏風サラダ、豚大根、チキンケバブ、なすとひよこ豆のカレー、ごはん。南アフリカでもポピュラーなカレーと、ちょっとした日本食も取り入れて、おもてなし。大根とサラダに使ったレタスは、パートナー団体LMCCの有機菜園で育ったものです。

困難に立ち向かう強さをもつ子どもたちを育むために

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2013年8月12日 更新
3月の研修から何を実践してきたかを、研修の冒頭に発表3月の研修から何を実践してきたかを、研修の冒頭に発表

3月に実施された「Psychosocial Training(カウンセリング研修)」の第一回目に続いて、二回目の研修を、7月22~26日の5日間で実施しました。

今回の研修は、とくに「子どもの保護(Child Protection)」に焦点をあてます。研修に参加したドロップイン・センターのボランティアの中には、長い人で5年以上活動をしている人もいます。それでも、子どもの権利や、虐待が疑われる子どもにどのように対応したらいいのかなど、今まできちんと学んだことはありませんでした。そのせいか、研修はじめの期待を共有するセッションから、みんなの関心の高さがうかがわれます。

経理担当職員の退職、最後のお仕事は・・

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2013年7月29日 更新

今年1月に入ったばかりの経理担当職員アルバートが、6ヵ月で退職しました。といっても、なんと公認会計士になるための奨学金に選ばれてのこと。全国で25名、リンポポ州からはたった一人だけ選出されたそう。

南アフリカでは、歴史的に教育の機会が限られていたことや、今でも高額な学費が理由で、未だに黒人の公認会計士は数百人程度しかいないと言われています。彼の掴んだチャンスは、本当に人生を大きく変えるもの。これから4年間、首都プレトリアの大学で、家族と離れて勉強に励むことになります。

お隣ナミビアで大干ばつ、10万人の子どもが栄養不良に陥る危機

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2013年7月29日 更新

一つの国に暮らす3分の1をもの人に影響を与えるような惨事でも、なかなかニュースにはならない。日本でもあまり報道されていないようですが、ここ南アフリカのニュースでもあまり取り上げられていません。

南アフリカの隣国ナミビアで、30年ぶりの大干ばつに襲われ、国民の3分の1にのぼる78万人が食料不足に、10万人以上の子どもが栄養不良に陥る危機にあるという。ナミビア政府はすでに5月の段階で緊急事態宣言を出していたが、十分な支援が集まっていない。

ナミビアは90年に南アフリカから独立。人口200万人。農業は主要な産業ではないが、国民の約30%が自給農業に頼って暮らしていると言われている。ダイアモンドなどの鉱山資源が豊富ではあるが、国民の4分の1が貧困層。

ロイターの記事はこちらです。
Northern Namibia suffers worst drought in 30 years

季節のおべんとう

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2013年6月19日 更新
お米と鶏肉。日曜日はお米を食べる家庭が多く、その残りだそうお米と鶏肉。日曜日はお米を食べる家庭が多く、その残りだそう

今日は、今週からはじまる子どもの世帯調査にむけたミーティング。
ドロップイン・センターのボランティアが一同に集まり、調査内容を確認し、家庭を訪問するとき、質問をするときの注意事項などを話し合いました。

9:00からはじまったミーティング。11:00を過ぎて休憩をとると、みんなそそくさに木陰に消えていきます。着いて行ってみると、おべんとうを広げて少し早いお昼を楽しんでいました。そこでちょっと覗き見。

季節の味「アボパン」

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2013年6月18日 更新

JVCが活動するリンポポ州は、フルーツの産地としても有名。

とくに南東地域は「Doll」など大手企業の委託農場も立ち並びます。
私たちが事務所を置くベンベ地域は東南部に比べ雨量が少ないものも、どの村でもさまざまな果樹が季節ごとに実をつけます。

顔サイズのアボカドもころがってる顔サイズのアボカドもころがってる

6月は、一番待ち望んでいるシーズン!
それは、アボカドの季節です。
この時期マーケットでもアボカドは10個で約200円ほどで買えます。事業地に行けば、木の下に熟れたアボカドがごろごろ落ちていて、「いくらでも持って行っていいよ」と言われ、お土産に、困ってしまうほど持たされることも。

アボパンは、アボカドをパンですくうだけ!アボパンは、アボカドをパンですくうだけ!

そしてこの季節、村で出される昼食の定番は「アボパン」。食パンにアボカドを塗り付けていただきます。日本の私たちにとってはなんて贅沢!こちらでは、普段安いマーガリンをパンに塗って食べることが多いので、栄養化を考えても抜群!同時に、「今日は研修にくる交通費が手元になくて、朝道端でアボカドを売ってから来た」という話しを聞くことも。貴重な収入源にもなっているのですね。

このあとも、オレンジ、パパイヤ、ライチ、マンゴーと、嬉しい季節のフルーツが続きます。

JVC南アは、バースデーラッシュ

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2013年6月11日 更新

5/2、6/4、7/2と、3名のJVC南ア事務所スタッフの誕生日が続きます。

Make a wish!Make a wish!

5月は、今年から新しく加わった経理担当のアルバート君の29歳の誕生日。近所で有名なゲストハウスに、みんなでランチに出かけました。
月次会計報告の提出日と重なり、お昼時間過ぎまで修正作業が続いたこの日。やっと終わったと思ったらなんの説明もないまま、「じゃ、これから出かけるからついてきて」と言われ、移動中車の中で不安気だったアルバート。到着してサプライズを明かすと、「誕生日を外で祝ってもらうのは初めて」と照れくさそうでした。

あなたは何月生まれ?

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2013年6月10日 更新
中には自分の誕生日がわからず、兄弟、友達に聞く子も中には自分の誕生日がわからず、兄弟、友達に聞く子も

4月中に、ヒャンガナニ村のドロップイン・センター(※注)の敷地内で行った家庭菜園研修。今日は、その際に子どもたちと一緒に植えた野菜や果樹のお世話をする担当を決める日です。

子どもたちを3つのグループに分けよう、というところまではすんなり決まったものの、どうやって分ける?かでしばらくスタック。けっきょく、私の提案で子どもたちを誕生日月ごとに分けて、グループ化していくことにしました。

【ARV(エイズ治療薬)】
1錠でいい。ARVに大きな変化(2)

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2013年6月 3日 更新

前回記事に書いた、1錠ですむARV(エイズ治療薬)が、4月1日から南アフリカの公的医療施設でも解禁になりました。

保健局の人に聞いたところ「リンポポ州を含め、9州全てで同時に配布がはじまっている」とのこと。

さっそく、活動地の患者さんに確認してみたところ、「私はもらえなかったけど、妊娠中のお母さんや子どもたちはすでに1錠のARVが配られているよ」と教えてくれました。

この教えてくれたおばあちゃん、以前は朝に1錠服用しなくてはいけない薬を、朝夕のんでいて、訪問介護のボランティアが薬の袋を分けるなど工夫して、数ヵ月かかって正しく服用できるようになった人。ボランティアさんは、1錠になったらまた混乱しないか、少し心配していました。

リンポポ州に行き渡るまでは時間がかかるかと思ったのに、意外な早さ。早く多くに人に行き渡るようになるといいですね。

南アのゴシップ誌にも、1錠のARVがはじまった広告が一面で。南アのゴシップ誌にも、1錠のARVがはじまった広告が一面で。
1錠でいい。ARVに大きな変化(1)へ
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net