アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • 南アフリカ通信
現地ブログ from 南アフリカ

南アフリカ通信

南アフリカ駐在スタッフが、現地での活動の様子をお伝えします。

「モザンビークビザ問題」と「民衆法廷」で感じたアフリカの連帯パワー

南アフリカ事業担当 渡辺 直子
2017年8月31日 更新

8月中旬、マラウィ、タンザニア、マダガスカル、南アフリカ、モザンビーク、ジンバブウェ、モーリシャス、ザンビア、アンゴラ、ボツワナ、スワジランド・・南部アフリカの人たちが南アフリカのジョハネスバーグに結集しました。
「STOP THE PLUNDER. AFRICA IS NOT FOR SELLING - THE SOUTHERN AFRICA CAMPAIGN TO DISMANTOLE CORPORATE POWER(略奪を止めろ。アフリカは売り物ではない‐企業の力を解体するための南部アフリカキャンペーン)」の一環として開催された「民衆法廷」に参加するためです。

「略奪を止めろ。アフリカは売り物ではない」と書かれた民衆法廷の旗「略奪を止めろ。アフリカは売り物ではない」と書かれた民衆法廷の旗

鉱山やダム開発による環境汚染と公害問題、多国籍企業のF1タネを押し付ける援助と自分たちで採種したタネをめぐる問題、タックスヘイブンの問題・・・日々の暮らしや主権をめぐる様々な問題に対し、現地に暮らす人、そしてそれを支える同国のNGOメンバーが協力しながら訴訟を起こし、法廷で、いかに人権が侵害されているのか、国内・国際法に照らし何が違法なのかを陪審員に訴えます。
これらのケースはいずれも国内のガバナンス(統治のあらゆるプロセス)が悪く、それゆえに司法も機能せず、どうしようもない状態になってから、問題に対する国際社会の目を集めて事態を変えたい、連帯によって社会正義と公正な社会の実現を、「誰か助けて」との祈るような思いで持ち込まれています。ゆえに、どの事例も、「プロサバンナ」における人権侵害やモザンビークの人たちが抱える土地収奪の問題(http://bit.ly/1VM0Rm0)と通じるものがあり、被害の酷さに驚愕しました。そして、自分が活動する南アフリカのケースもいくつか報告され、まだまだこの国の現状をわかっていない自分も痛感し、少々落ち込みもしました・・。しかし一方で、途方に暮れそうな大きな問題と権力に対し、力強く、かつ非常に冷静に、ファクトやデータを用いて訴える参加者の様子を見て、「こんなにすごい人たちがこんなにいるのか・・・」と民衆のパワーと自分がその連帯の輪のなかにいることを実感し、非常に勇気づけられました。

また、参加をしたことで自分たちの運動の意義も知ることになりました。訴訟が起こされるケースはそのテーマからも加害側は先進国の企業であることがほとんどです。ある国のオーストリアの企業のケースを扱っている際、陪審員の一人がこういいました。「モザンビークのプロサバンナの事例は、被害を受けている人びとと加害側の国の市民による連帯・協働の好事例だと思う。あなた方は、オーストリアの市民社会とのこのような連携はないのか」。気がつけば、どのケースも自国の被害者とそれを支える市民社会が国家権力による逮捕や脅し、拷問にあいながら、必死に、命をかけて闘っています。このやりとりから、援助国としてあるいは進出する企業が存在する加害国側の市民として、変えるべき自分たちの社会、そして果たすべき責任・役割の大きさを痛感しました。同時に、モザンビーク、ブラジルと自分たちとの連帯による一連の抵抗運動は、(国家)権力の側からしたら、非常にやっかいな存在なのだと気がつきました。
それだけに、やはりモザンビークに入国して、活動を続けることは、自分の使命でもあります。

今回、自分はあくまでも聴衆の一人であり、「南部アフリカの現状を少しでも知ってもらえれば」と誘ってともに参加したJVC南アフリカのスタッフたちと、ひっそりと座っているつもりでした。しかし、プロサバンナの活動とビザのことを知った運営側の人たちが、ビザ発給への連帯を求めるメッセージを伝える場を2分ほど用意してくださいました。(現在署名活動をおこなっています)
その結果、TICADに関する提言活動等を行う「市民ネットワークfor TICAD」がTICAD開催に際して出した声明(JVCも賛同)、「TICAD VIフォローアップ閣僚会議参加希望者へのビザ不発給措置について強く再考を求めます」にその場で20弱の団体が賛同署名をしてくれました。署名をしてくださった皆さま、本当にありがとうございます。皆、他人事ではなく、当事者として怒ってくれました。法廷が終わったあとの夕食時のレストランでも「この場でまだ集めよう!」と言って署名を募ってくれた方もいました。アフリカの連帯のパワーとともに、温かさも感じた場面でした。

様々な方とつながることができて、今後の活動にとっても非常に貴重な機会を得ました。こうした方々の思いに報いるためにも、なんとか頑張って「ビザ発給拒否」問題が解決されるよう働きかけを続けたいと思います。

現地の仲間のパワーと優しさにいつも元気をもらっています。「ビザ発給拒否」にめげている場合ではありません現地の仲間のパワーと優しさにいつも元気をもらっています。「ビザ発給拒否」にめげている場合ではありません

フィアボム村にスター誕生?!フェズィさんの野菜づくり

南アフリカ事業担当 渡辺 直子
2017年8月31日 更新

南アフリカはアパルトヘイト体制下でできた負の遺産・・・当時の社会構造が今も残り、農村部に仕事がないうえ、当時の伝統的な農業ですら破壊されたため、農村部でありながら、農業をして暮らす人もほとんどいません。このため、若い人たち、特に男性は都市部に出稼ぎに行く人がほとんどです。

そんな中、2015年からフィアボム村でJVCの家庭菜園研修に参加をしているフェズィさん(30代半ば)は、JVCの、そして村の人たちの、期待の星です。JVCの研修を受ける2年ほど前に出稼ぎ先で仕事を失い、村にもどってきた当時、JVCが研修で行う方法(自然農業)とは違うやり方で畑を耕していたと言います。ですが、人に教えてもらったことはとりあえず試してみるという前向きで素直な性格のフェズィさん、研修で学んだことが面白そうだなと思ってやってみたら「結果がとってもよかったんだ」とのことで、年間降雨量が500mmにも満たない乾燥した地域で、年間を通じて緑いっぱいの畑を作っています。

フェズィさん。素直な性格そのものの笑顔が素敵ですフェズィさん。素直な性格そのものの笑顔が素敵です

JVCの活動振り返りのインタビューのために訪れたこの日も、畑は緑であふれていました。炎天下を朝から15時まで歩いてヘトヘトになっていたところ、「来るって聞いていたから作っておいた」と、昼食を出してくれるではありませんか!メイズ(トウモロコシの粉)でつくった主食の「イエローパップ」、ほうれん草との煮込み、鶏(伝統種)グリルのトマトソース煮込み・・すべての材料が自宅の畑・庭(鶏)から採れたもので作られていました。

※パップ=大ききな鍋に水(またはお湯)とメイズを入れて、ダマにならないようによーく混ぜながら、火を加えつつ練り上げたもの

イエローメイズ(トウモロコシの粉)を練り上げた「イエローパップ」イエローメイズ(トウモロコシの粉)を練り上げた「イエローパップ」

「自然農業だと混作するからいろんなもの食べられていいね」と言ったら、「そう!以前は、サラダなんか食べたことなかったんだ。でも、JVCの研修を受けて、いろんなものを植えたほうがいいことを知って、レタスの食べ方を村の仲間と調べてみたんだよ。おかげで今は食生活が充実したよ」とのこと。

実際、今植えているものを収穫したら、なすとオクラとかぼちゃとピーマンとズッキーニを植えるということでタネが準備されていました。ちなみに「採種」に関する研修もあるため「自分で保存していたタネか」と聞いたところ「それなんだよ!!瓶に入れて全部取っておいたのに、妻と母が余った料理の保存かなんだか知らないけど、とにかく瓶を使いたかったらしく、自分が留守の間にそれを大きな容器に全部ぶちまけて混ぜちゃったんだよ!タネが小さくて仕訳しきれず、ヤケになって泣きながら捨てたよ!!」・・・・笑い話に事欠かない南アフリカの人たちです(笑)。「今度からはキッチンに置かない」と言って、新しい保管場所も見せてくれました。
その後、ご飯を食べながらの会話のなか、「自分でいろいろ作っているとやっぱりお金がかからないし、自分が親戚の緊急事態などで自宅を不在にしても、家族が野菜を食べられるし、主食のメイズも備えてあるし、それをちょこっと売れば、パンも買えるし・・ちゃんと食べてくれていると思うと安心して留守にできる」と言われ、そうか、家で食べ物を作ることでそういう安心の場面もあるのか・・と勉強になりました。

帰り際、おいしい料理をいただき、そうか・・今日の夕飯の野菜、ここで買えばいいのかと思いつき、「チャイニーズマスタード」と呼ばれるからし菜のような味のする葉物と、現地の皆が「ほうれん草」と呼ぶスイスチャード、そしてレタスをたんまり購入して帰りました。スープにしたり、煮物にしたり、オイルと煮てパスタと和えたり、サラダにしたり・・毎日食べていますが、5日経った今でもまだ消費しきれません。ですが、水に差しておくとピンピンしていて元々の野菜が元気なのがよくわかります。

フェズィさん作のレタス。もともとはこれの4倍はあり。大きすぎて、水を入れた入れ物が倒れて水がこぼれること2回・・・(泣)フェズィさん作のレタス。もともとはこれの4倍はあり。大きすぎて、水を入れた入れ物が倒れて水がこぼれること2回・・・(泣)
あまりにデカい葉っぱなのでシンクにつっこんでいますあまりにデカい葉っぱなのでシンクにつっこんでいます

こういう野菜を毎日いただいているため、私も日々元気に過ごせています。

  • 同じフィアボム村のロシーナさんのはなしはここからどうぞ
  • 執筆者の渡辺は、南アフリカ事業と並行して、隣国・モザンビークで実施されている日本のODA事業「プロサバンナ」についての政策提言活動を担当しています。2017年8月現在、入国のためのビザが発給されないため、署名活動を実施中です。多くの方に応援していただき、もうすぐ5,000筆。ぜひご賛同ください。
    

【署名継続中!】国際NGOスタッフ・渡辺直子さんがモザンビークに入国できるようにしてください!http://bit.ly/2v4IP8U

「畑は焦げてしまったけれど・・・」。フィアボム村のロシーナさん

南アフリカ事業担当 渡辺 直子
2017年8月31日 更新

JVCは南アフリカ・リンポポ州のフィアボム村で2015年から住民を対象に、家庭菜園研修を行っています。この7月には、JVCのこれまでの活動がどうだったのか、振り返りを行いました。研修生の中には、畑をそれまで一切作ったことがない人も多くいます。6月に「水の有効活用」の研修のために自宅を訪問した際、「本当に畑の中にいるのが好きなんだなぁ」と強い愛情が感じられるような、見事に素晴らしい畑をつくっていたロシーナさんもそんな1人です。

ロシーナさん。この日は作業をするために畑にいるわけじゃないので、赤ちゃん背負って、カバンもって、日傘さして、と大量の荷物!ロシーナさん。この日は作業をするために畑にいるわけじゃないので、赤ちゃん背負って、カバンもって、日傘さして、と大量の荷物!
6月のロシーナさんの畑。愛情がたっぷりそそがれています6月のロシーナさんの畑。愛情がたっぷりそそがれています

しかし、今回訪問するとなぜか畑の半分が「黒焦げ」になっていました。聞けば、留守中に子どもたちが遊んでいて、火をつけてしまったのだとか。「誰もケガしなかったの?火が燃え広がったり、家にうつって大事にいたらなくてよかったね」と言うと、「でも畑が!!!」と。「おおごとにならなくてよかった」の、ひとことに共感すると思っていたら・・・畑?

今は当時の自分を思い出しては爆笑しながら話してくれるのですが、帰宅して燃えた後の畑を見たときは、子どもたちを叱る前に、「私の畑が!!バナナが!ほうれん草がぁぁ~!!!」と子どもたちの目もはばからず、まさに声をあげてワンワン大泣きしてしまったそうです。その様子を見た子どもたちは「何やら非常によくないことをしでかしてしまった」と自らの過ちに気づき、泣いて謝ってきたとのこと。笑いごとではないのですが、話を聞いていて一緒に爆笑してしまいました(笑)。「そんなに泣くなんてほんとに畑が大事なんだねぇ」と言ったら「そうよ!!私の生きがいよ」と。

7月、「事件」直後のロシーナさんの畑7月、「事件」直後のロシーナさんの畑

「それにしてもよくやる気なくさなかったね」と聞いてみたら、それが・・と素敵なエピソードを披露してくれました。その後、あまりのショックにやる気がでず、燃えた畑を見ては呆然とし、泣いて落ち込んでいたところ、数日後に事態を聞きつけた一緒に研修に参加している仲間たちがやって来て、様子を見るなり何も言わずに畑の燃えカスの灰を集め始め、それをまだ残っている畑に蒔き、畝(うね。畑にものを植えるため、幾筋も土を盛りあげたところ)を作り・・・もくもくと作業をしてくれて、救われたのだといいます。今は、子どもたちが入れないように、丈夫なフェンスを作っているの!とのことでした。

ロシーナさんと、訪問した日も作業を手伝っていた同じく研修生のドリスさん(右)笑顔が素敵!ロシーナさんと、訪問した日も作業を手伝っていた同じく研修生のドリスさん(右)笑顔が素敵!

この村の研修参加者たち(40人くらいいます)は全員がとても仲がよく、タネやできた野菜を日常的に交換したりしています。自宅近くに水源がない人に自宅の敷地を提供して、そこで4~5人が畑を作っているというお母さんグループもいます。また、誰かがどこかで新しい情報を得てくると、皆で集まって共有もするのだとか。「もともと仲が良かったのか」と聞いてみると、「ううん。知り合いではあったけどこんな風に友人ができると思わなかった。特に私は、別の村から嫁いできたところで家にこもってばかりだったから・・」とロシーナさん。「友人づくり」は活動の中で目指していたわけではありませんが、素敵なインパクトがあったのだなぁと嬉しくなりました。

水不足、家族が倒れた、ケガをした、子どもが病気になった・・・これまでの活動で畑づくりを続けられなくなる人も見てきましたが、その大きな理由のひとつが、他の人のサポートが得られず、何か問題が起きた時にやめざるをえない、というものでした。こんな風に、畑での作業や日々の食料を支え合う仲間がいれば、畑での作業だけではなく、いろんなことを乗り越えていけるのだろうなと思います。これを見たJVCスタッフのモーゼスが「これこそ"持続性"だね~」と嬉しそうに(振り返りのための)メモを取っていました。

生き残った畑にお邪魔したとき。私はサングラスをつけていますが、恰好つけているわけではありません。トシを取って、炎天下を終日歩くと目が痛くて開かなくなるのです・・・生き残った畑にお邪魔したとき。私はサングラスをつけていますが、恰好つけているわけではありません。トシを取って、炎天下を終日歩くと目が痛くて開かなくなるのです・・・

大使が村にやってきた

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2015年9月11日 更新

3年間の研修の成果

少し前のことになりますが、7月8日にパートナー団体であるFAMSAからドロップインセンター(DIC)のボランティアに研修の修了証を贈呈する授与式が催されました。FAMSAとは事業一年目に実施したカウンセリング研修にはじまり、今年終了したコミュニケーション研修をとおして、とくにDICボランティアの子どもたちへのケアの向上に一緒に取り組んできました。

事業最終年の今年。今までのDICボランティアの努力を称えたい。そして、コミュニティの人びとに彼らの努力を知ってもらいたいという思いから、今年3月に終了したコミュニケーション研修の修了証授与式をボドウェ村で実施することにしました。

この事業はNGO連携支援無償を通し外務省からの補助金で実施しています。その中間報告に日本大使館を訪れた際にこの授与式の話になると、「そういうことであれば是非大使が出席できるか調整させてください」と担当者の方から嬉しい申し出が。たった1時間程の式典に出席するにも、首都プレトリアから片道4時間以上の道のり。実現するか不安でしたが、忙しいスケジュールを調整していただき、大使がボドウェ村にやってくることが決まりました。

ゼノフォビアをなくそう!子どもたちが立ち上がる

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2015年8月25日 更新

「ごちゃ混ぜ」の村だからこそ

ヒャンガナニのRDPハウスヒャンガナニのRDPハウス

活動地の一つ、ヒャンガナニ村のドロップインセンター(DIC)で、ゼノフォビアをテーマにした啓発キャンペーンがDICボランティアの企画で実施されました。

今年に入ってから、南ア全土で外国人が経営する商店が焼かれ、多くの外国人がコミュニティから追い出されるなど、ゼノフォビア騒動が続きました。ヒャンガナニ村は南ア政府の政策の一環として建てられたRDPハウスと呼ばれる貧困層向け住宅が整然と立ち並ぶ地域。もともと伝統的な首長の配下になく、RDPハウス建築によって「つくられた」コミュニティです。そのためか、さまざまなトラブルを抱えた人たちがリンポポ州内もしくは南アの他地域からも移り住んできます。また、モザンビークやジンバブエなど近隣諸国の人びとも多く暮らし、さまざまな人種、言語、文化が入り混じる地域です。「ヒャンガナニ」とはツォンガ語で「ごちゃ混ぜ」を意味することからもその状況がうかがえます。

この地域で、今まで目立ったゼノフォビア騒動は起きていないものの、問題の火種となり得る差別意識は常に存在しています。今までも子どもたちの間で外国人を差別するような発言があったり、他地域の子どもたちにヒャンガナニ村は貧しいからとバカにされいじめにあうケースがありました。これらの問題について意識を高めるため、今回の啓発キャンペーンが実施されました。

8年間は教科書が彼女

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2015年6月24日 更新

南アフリカでは、6月16日は『ユース・デー』として祝われています。

1976年6月16日。アパルトヘイト政策下「白人支配の象徴」であるアフリカーンス語が教育の場で使われることに反発した黒人学生たちが立ち上がり、学生1万人と警察が衝突した、いわゆる「ソウェト蜂起」が起こった日。この日に命を失った500人以上の学生を悔やみ、アパルトヘイト政権と闘った若い有志を称えるために、6月16日は毎年ユースデ-として祝われています。

全国でも若者をターゲットにしたさまざまなイベントが催されるこの日。私たちが活動するボドウェ村のドロップインセンター(DIC)でも、ボランティアたちが中心となって、この日イベントが実施されました。

踊って祝う!ユースデー踊って祝う!ユースデー
60人ほどの子どもたちが集まった60人ほどの子どもたちが集まった

外国人を暴力で排除。人種差別と闘った国が今なぜ?

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2015年6月10日 更新

日本でも一部報道されていましたが、ここ数ヵ月、ゼノフォビア(移民排斥)が南ア国内で大変な問題となっています。

「外国人が自分たちの仕事を奪っている」

民主化20年を経ても、一向に改善されない貧困、格差、行きどころのない怒りと不満の矛先が、同じコミュニティ内に暮らし商売を営んでいる外国人に向けられ暴徒化し、死者をもだす最悪の事態を招きました。

パートナーを探して、リンポポ南部へ

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2015年6月 9日 更新
ヴァールヴァッタル・ウェルフェア・ソサエティに到着ヴァールヴァッタル・ウェルフェア・ソサエティに到着

ドロップ・イン・センター(DIC)の活動改善の一環として、他団体との経験交流、より先駆的な活動をしている団体からメンター(助言や対話を通して長期的に活動の改善をサポートする存在)を招聘したい、という計画があります。
しかし、この相手となる団体を探すのに一苦労。DICの活動は資金調達の難しさなどもあり、なかなかいい団体を(とくにリンポポ州周辺で)探すことができていませんでした。

先日、日本大使館から草の根資金をもらった経緯のある団体で、子どもとくに青少年の活動を活発にやっている団体があるとの紹介を受け、Vaalwater Welfare Society(WWS)を訪問してきました。
Vaalwater(ヴァールヴァタル)は、同じリンポポ州内とはいえ、首都プレトリアに近く、私たちの活動地域からは車で片道4時間の距離にあります。まずはどんな活動をしているのか、今後協力できる可能性があるかを聞き取り行ってきました。

やっぱり、教室の最後列は要注意

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2015年5月27日 更新
50名のクラスを前に話すボランティアたち50名のクラスを前に話すボランティアたち

今日は、ンジャカンジャカのドロップイン・センター(DIC)のボランティアが企画した小学校での啓発活動に同行しました。
この日は小学校5年生を対象に、子どもの虐待について話しました。どんな行為は虐待にあたるのか、自分もしくは友達が虐待を受けたら、どうすればいいのか。20分ほどの短い時間でしたが、教室の前でボランティアたちは堂々と話しをしていました。

自分の子どもだと思って...!

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2015年5月20日 更新
乳児の呼吸蘇生法を練習乳児の呼吸蘇生法を練習

3月23~26日にかけて、チルンザナニHBCの訪問介護ボランティア22名、そしてドロップイン・センター(DIC)のボランティア選抜6名を対象に救急法レベル2の研修を実施しました。

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net