アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ガザ:残酷かつ屈辱的な軍事侵攻

パレスチナ現地代表 小林 和香子
2009年2月13日 更新

ガザ訪問では、イスラエルによる軍事侵攻の残酷さ、そして屈辱的な振る舞いを多く耳にしました。残酷さの象徴として、いかに民間人が多く殺害されたかを耳にします。アッサムニーエ地区は、ある家に集まるようイスラエル兵に言われ、そこに爆弾が落とされ、32人が殺害されたと聞きました。終了式が行われている警察への爆撃については、彼らは交通警察で、武装勢力ではない。そしてハマスの一員とは限らず、生活のために応募した人達だ、という意見を聞きました。

さらには、国際法に違反するとされる白燐やDIMEの密集地での使用などによる酷い殺傷力が話題になります。わき腹に入った金属が体内で暴れて内臓が引き裂かれ死亡したという男性、受けた弾で足が砕け切断しなければならなかった女性、手先に受けた傷口がどんどん広がるため肩の部分で切断しなければならなかった子供、などはほんの一例です。ある医師は、ガザ北部だけで把握しているだけで、169人が手足の切断や脊髄の損傷など、一生の障害を負ったと話しました。ガザはイスラエルの新兵器の実験場として使われた。イスラエルは国際法を遵守しない、野蛮人だ、という声も何人もから聞きました。

破壊の対象になった建物は省庁や治安関係だけではありません。ガザ・アメリカン・スクールは、建物が完全に破壊されただけでなく、校庭にあった遊具やバスケットボールのポールまでもがブルドーザーで完全に潰された様子を、学校に通う生徒が写真を見せながら話してくれました。学校は再建の目途はなく、今は仮住まいのビルで授業が再開されたとのことです。また、イスラエル軍に基地として使用された家では、兵士が使用したオムツが撒き散かされ、ソファーや洋服ダンスの中やいたるところに排便・放尿され、クッションは切り裂かれた、という話も聞きました。匂いが染み付き二度と住む気になれないそうです。イスラエル人は自分達が占領し苦しめてきたガザの人の家が、自分達の家よりもきれいなことを妬んでいるから、と言います。実際、イスラエル軍が基地として占拠する家は、見晴らしが良い高台に建てられた比較的豪華な家が多いようです。また、パレスチナ人は家をとても大切にし、特に応接間は家具や内装にこだわるのです。

何のための侵攻だったのかを問う声も多いです。何のために、民間人を殺傷し、侮辱しなければならないの?そんなことをしても誰もイスラエルの言いなりにはならない。もしハマスを根こそぎにしたいのなら、今まで何度もしてきたように幹部の暗殺や、隠れた家や地下を狙うのは簡単なはず。情報提供者がたくさんいるんだから、と。同時にイスラエル社会にも悪影響があるはず、と言う。ガザでこんな酷いことをしておいて、週末にイスラエルの自分の家に戻って、汚れた手で子供を抱いたり、何もなかったように家族と振舞えるはずがない。兵役でおかしくなるから、終わるとアジアに放浪しにいくんでしょ、と。

そして、何よりも、酷く屈辱的で意味のない攻撃をしたイスラエルへの不信が募っています。かつて、ハマスもファタハにもうんざりしたときに、イスラエルの占領の方がまだましだったと思ったこともあったけど、それはあり得ないことがはっきりした、と何人もが言いました。イスラエルはパレスチナ人を人間としてみていない。彼らは私達との和平は望んでいない、というのがどうやら多くのガザの人々が出した結論のようでした。


ガザ・栄養改善支援 の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2015年5月21日 更新ガザの現実(6) -子どもの栄養失調予防事業近況報告
2015年5月13日 更新事業パートナー・アマルの「ガザ終戦」
2015年4月21日 更新ガザの現実(5)- 戦争と封鎖の影響で、深刻な健康被害が広がっています
2015年4月14日 更新ガザの現実(4)- 戦争中の避難所の様子(EHSTの聞き取りから)
2015年3月14日 更新ガザの現実(3)- バンクシーが、ガザにグラフィティアートを描いた
2014年7月23日 更新ガザの声「自分の家も砲撃で壊されてしまったし、近くにいたお母さんの家も壊された。ベイト・ハヌーンには何もなくなってしまったよ」(7月22日付)
2014年7月21日 更新ガザの声「24時間のうち4時間しか電気がきません。発電機のためにガソリンを貯めていましたが、あと20リットルしか残っていません」(7月18日付)
2014年7月19日 更新ガザの声「昨夜から今朝まで催涙弾の匂いがしており、イスラエル軍が近くに来ているのを感じています」(7月18日午後9時付)
2014年7月18日 更新ガザの声「地元ニュースでは世界の状況が分からないので、もし停戦が決まったら、いつでもいいので電話してください」(7月16日付)
2014年7月18日 更新ガザの声「今は危険だから来てはいけません。状況が落ち着いたらまた来てください。ガザの人々はあなたをいつも歓迎しています」(7月14日付)
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net