アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ガザ緊急支援・レポート1

パレスチナ現地調整員 藤屋 リカ
2006年5月 1日 更新

子どもの栄養センター「人間の大地」を通して、栄養食の提供と栄養指導の緊急支援を5月1日より開始しました

子どもの栄養センター「人間の大地」(Ard el Insan)

栄養センターの様子栄養センターの様子

子どもの栄養を専門とするNGO(非政府団体)で、ガザ市とハンユニス市にセンターがあります。特に子どもの栄養失調の治療と予防に取り組んでいます。ガザ地区の社会・経済状況の悪化に伴い、4月に入ってから、センターに乳幼児を連れてくる母親が急増しています。このような状況に関して、JVC現地調整員のコメントとともに5/1の朝日新聞に掲載されました

センターに通う子どもたち

名前:アリくん(月齢;11ヶ月)
 家族:6人【父親(33歳)、母親(30歳)、兄1人、姉2人】
 住所:ガザ地区北部、ジャバリヤ難民キャンプ

アリくんとお母さんアリくんとお母さん

両親は12年まえに結婚、父親はイスラエルへの出稼ぎで生計を立てていた。2000年9月にインティファーダが始まり、その後父親はイスラエルへの出稼ぎの許可が得られなくなり、以降定職はない。
 母親はアリくん以外の3人は母乳で育てたが、アリくんは出生時の体重が少なく母親の母乳もあまり出なかったので医師の勧めで母乳に加えて粉ミルクも与えたが、十分なミルクを買うお金はなかった。
 昨年11月、アリくんが6ヶ月のときに、「人間の大地」ガザセンターを初診、体重は5キロ(4ヶ月児の平均体重より少ない)中度の栄養失調と診断された。貧血状態にもあった。
 センターに通うようになったが毎週体重は増えなかった。今年に入りイスラエル−ガザ間の物流封鎖で物価が高騰し、家族はアリくんがセンターに通う交通費も負担できない状況なので、3月以降センターが交通費を負担して、週に3回通い始めた。センターでは1日2食の離乳食を提供している。
 現在、体重は6.8キロで、あまり増えていない。アリくんは他に大きな病気はないので、センターのスタッフは家庭に食べるものがないことを心配している。


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net