アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

パレスチナ緊急レポート 第13弾

パレスチナ 佐藤 真紀
2002年5月 4日 更新

Amal Murkus

「人権のための医師団」にボランティアとして参加している歌手がいた。アマル・マルカスさんだ。「子どもたちが小さな部屋にやってきて、私が歌うともう大変だった」JVCも参加した4月20日の訪問医療の時の出来事だ。「人権のための医師団」の活動は医療行為だけでなく、「交流」という意味も強い。イスラエルではイスラエル国籍を持つものが西岸地区へ入るのは許されない。たとえアラブ人であってもである。

今回の紛争では、イスラエルに住むアラブ人ががんばっている。「イスラエルの学校では、授業の中で兵士へ手紙を書いたり、プレゼントを集めたりしている。アラブの学校では、みんな砂糖とかを持ち寄って西岸やガザへ送ろうとしています。」アマルさんは、イスラエル・テレビで子どもたちの教育番組を担当している。

「紛争が激化してからは、いいたいことがしゃべれない。局とはトラブルばかり」と嘆く。テレビはイスラエル軍をたたえるものばかりに変わってしまった。それでも今まで収録した部分で番組は続いている。「ジェニンの子どもたちのために何かしませんか」僕たちがピースライブラリーでやってきたことを今ジェニンでやろうとしている。彼女は惜しみなく協力を申し出てくれた。

5月10日、赤新月社のジェニン本部が受け入れてくれるという。担当者のシーファさんから電話が入る。「3000人の子どもたちを招待する」といって聞かない。3000人はいくらなんでも収集がつかなくなるのが目に見えている。「300人にしよう」と言うと、「どうやって300人を選ぶの? キャンプは子どもばっかりなのよ」という。確かにその通りなのだが。

アマルさんはイマジンをアラビア語で歌ってくれた。「国が無いから殺されていく。それがパレスチナ人」アマルさんはイマジンをアラビア語で歌ってくれた。「国が無いから殺されていく。それがパレスチナ人」
アマルさんがプロデュースしたCDアマルさんがプロデュースしたCD

活躍する48

「48」とは、イスラエル国内にいるアラブ人のことをさす。彼らはイスラエルの中では少数派であるが、パレスチナ人であることには変わりない。ジェニン病院の院長、ムハンマッド・アブガーリー氏は、「アメリカは、食料も援助してくれるが、イスラエルに武器を援助している。まずこっちのほうをやめて欲しい」と言う。「多くの食料が入ってきている。それらがどのように人々に行き渡っているのかきちんと把握したいなら、自治政府を通してやって欲しい。人々の要求は自治政府がくみ上げる」

そんな中で、イスラエルのアラブ人が食料をとどけた。院長先生は誇らしげだった。

シャロンは20年前と同じことをジェニンで繰り返した。そしてUNが被災者のために作ったテントは54年前と全く同じ光景である。シャロンは20年前と同じことをジェニンで繰り返した。そしてUNが被災者のために作ったテントは54年前と全く同じ光景である。

この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net