アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • ラオススタッフ徒然日記
現地ブログ from ラオス

ラオススタッフ徒然日記

ラオス駐在の平野が、日々の暮らしで感じたあれこれをお届けします。

サラワン、臓器売買の噂 

現地調整員 林 真理子
2014年5月30日 更新

今日のサワナケートでは、ある噂が人びとを恐怖に落とし入れているようです。それは"臓器売買にかかわる誘拐"。ラオス人によると、「最近南部サラワン県でミャンマー人の集団が、女、子どもを誘拐し、殺して臓器を違法販売しているらしい。一人のミャンマー人が国境でつかまったため、事件が発覚した。サラワン行政も一人で出歩かないよう警告を出している。行政が出した警告文書がネットに流れている!」とのこと。 確かに、ラオスでも人身売買の問題はあるけれど(特にサワナケート周辺では、若い女性がタイへの出稼ぎ話に騙され、タイで売られてしまうというケースが多発しているそうです)、怖がりなのにホラーな噂が大好きなラオス人が、いかにもハマりそうなニュース...怪しい。

インターネットで検索してみると、国際メディアはやはり報道しておらず、NGOなどもまだこの事件を取り上げていない模様。

結局、Vientiane Timesのウェブサイトには「サラワン県、臓器違法売買の噂を否定」と載っていました。しかしこれも人びとのパニックを鎮めるためなのか、本当に間違った噂だったのか。
メディアで真実が語られない国において、真実を知ることは難しいなと改めて実感しました。

土地利用区分の境界線を見て回っていたとき、ぬかるみにハマりました。車輌先端のワイヤーを先方の木に縛りつけひっぱることで脱出。所要10分程度。ドライバーもスタッフも慣れたもの。
しかしこれから本格的な雨季が始まると、もっと大変な事態に遭遇します。今年も皆が事故なく安全に活動ができますように。

20140731-laos-7.jpg

ピン郡パロン村での参加型土地利用計画(PLUP)活動(1)

現地調整員 林 真理子
2014年5月 6日 更新
20140731-laos-6.jpg

12月は、パロン村の村人と村の境界線を歩いたり、どの場所で何を作っているか、何が採れるかなどの調査をしましたが、今回の活動では、村の全体図から土地利用区分(稲作、埋葬林、保護林など、用途による土地境界線)の確定作業をしました。
地図を広げ、地図から読み取れる情報と村の人びとから聞いた情報を元に土地利用区分を確認している様子です。

Happy Lao New Year! サバイディー・ピーマイ!

現地調整員 (個人名削除)
2014年5月 2日 更新

ラオスでは、4月の中旬の3日間がお正月である。日付は、毎年、若干異なる。今年は、4月14日~16日の3日間がお正月であった。ラオス語で、新年は「ピーマイ」と言う。ラオス語で、「ピー」は「年」、「マイ」は「新しい」という意味である。ピーマイが近づくと、あちこちで、「サバイディー・ピーマイ」・「ハッピー・ピーマイ!」・「ハッピー・ラオ・ニューイヤー!」というような挨拶が交わされる。挨拶の仕方は、会う人によって、微妙にラオス語と英語が入り混じっている。

ラオスでは、1月1日のことを「インターナショナル・ニューイヤー」、4月のお正月のことを「ラオ・ニューイヤー」として、ラオス人たちは区別している。もちろん、ラオス人にとっては、ラオ・ニューイヤーの方が、本当のお正月で、その盛り上がりぶりは1月とは比べものにならない。新年を祝うパーティーが、職場や家庭で開催される。私も、JVCプロジェクトのカウンターパート機関であるサワナケート県の農林局をはじめ、日頃、仕事でお世話になっているいくつかの団体からピーマイ・パーティーの招待を受けた。

新年を祝う昼食会新年を祝う昼食会

ピーマイ・パーティーに行くと、「ハッピー・ピーマイ」という言葉とともに、花で作った首飾りを首にかけてもらえる。黄色とオレンジのビタミンカラーが、元気を与えてくれる。造花ではなく、自然の花で作った首飾りである。自然のやさしさと手作りのぬくもりが伝わってきて、首にかけてもらった瞬間、心がほっこりする。子どもの頃、日本で、レンゲやシロツメ草で首飾りを作って遊んだことを懐かしく思い出していた。

マンゴーのとり方

現地調整員 林 真理子
2014年5月 2日 更新
20140731-laos-5.jpgのサムネイル画像

JVCラオスのビエンチャン事務所は、Helvetas(ヘルベタス)というスイスの大きなNGOのひと部屋を間借りしています。この写真は、Helvetasスタッフが敷地の庭のマンゴーを獲っている様子。先っぽに小さなバケツみたいなもの着いていて、引っ掛けながらとります。

ちなみに、残念ながらJVCへのお裾分けはありませんでした。

誕生日

現地調整員 林 真理子
2014年4月29日 更新

今日は私の誕生でした。事務所にいたスタッフたちが内緒でケーキを買って、サプライズのお祝いをしてくれました。とっても嬉しかったです。

20140731-laos-4.jpg

昆虫の食べ比べ

現地調整員 (個人名削除)
2014年4月22日 更新

ラオスに赴任してから5カ月が経った。ラオスに駐在している日本人の間では、昆虫食がよく話題になる。短期的にラオスを訪問する日本人からも、「ラオスでは、昆虫を食べるんだって?」「一度、昆虫を食べてみたいな...」とよく言われる。ラオスで何種類くらいの昆虫が食べられているのか、正確には把握していないが、ラオス人は昆虫が大好きのようである。

ミニコオロギのからあげミニコオロギのからあげ
(...虫系が苦手な方は拡大注意です...)

昆虫食の中で、最もよく知られているのが、コオロギではないかと思う。私は、昆虫食に対して心理的にとても抵抗があるのだが、勇気を出して、ミニサイズのコオロギのから揚げを食べてみた。パリパリしていて、小エビのから揚げのような食感で、結構おいしかった。「食」に対して用心深い「怖がり」の私でも食べることができたので、きっと、コオロギのから揚げは、多くの日本人にとって大丈夫なのではないかと思う。昆虫食の「イチオシ」である。

アサポン郡のナハンノン村へ行きました。ナハンノン村には村の共有林があるのですが、その共有林がきちんとしたルールのもと管理されていないため、JVCの支援を受けて、共有林の活用と保護をしていきたいとのことです。今日は、村長や村の中心役の人たちと共有林の利点や規則についての説明を行いました。

20140731-laos-3.jpg

写真は村人との会議の様子。昼間は農作業に忙しいため、夜会合を行いました。

安全な国、ラオス

現地調整員 林 真理子
2014年3月12日 更新

家族がビエンチャンに住んでいるため、月に2度ほど、週末にビエンチャンへ行くのですが、写真は家族が住むマンションでの一枚。

20140731-laos-2.jpg
ビエンチャンからサワナケートに戻る早朝の飛行機に乗るため、マンションを朝5時に出た時、警備員が倒れてる...?! と一瞬心配しましたが、爆睡でした。この後、車のエンジンをかけても起きず、スヤスヤ zzz....
治安が悪くなりつつあるビエンチャンですが、それでもこんな警備が通用してしまうラオスです。

24時間歩き続ける女性たち

現地調整員 (個人名削除)
2014年3月 4日 更新

米銀行への米の返却状況をチェックするために村を訪れた日、竹棒に農産物らしきものをかついで行商する女性たちの一行に出会った。私は、彼女たちが何をかついでいるのか興味津々で、JVCのローカルスタッフに、「ねぇ、彼女たちが何を売っているのか、たずねてみて」とお願いした。すると、「ラタンを売り歩いている」と教えてくれた。なんと彼女たちは、午前1時に自分たちの村を出発したという。私は思わず自分の腕時計を見た。午前9時45分であった。そして、その腕時計をローカルスタッフに見せながら、「深夜から朝にかけて8時間以上も歩き続けているってこと?」と、私は驚きの声をあげた。

森で採取したラタンを売るために24時間歩く森で採取したラタンを売るために24時間歩く
買う人がラタンを選ぶ時は、しゃがんで休憩?買う人がラタンを選ぶ時は、しゃがんで休憩?

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net