アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ラオスMonthly Report (2010年5月)

JVCラオス現地代表/農業農村開発担当 平野 将人 森林担当 グレン・ハント
2010年6月30日 更新

ボカシ肥研修

10村で堆肥、液肥研修を実施。6、7月に田植えを控えているという状況から、土を作る堆肥でなく、成長を促進するボカシ肥の作り方の研修を行った。これは農業チームリーダーのフンパンが、昨年アジア学院に留学した際に身につけ、かねてから対象村で実践したいと言っていた肥料作りだ。村人にとっては始めて知る技術で、少なからぬ参加者が強い関心を示していた。

液肥作りの様子を覗き込む村人。液肥作りの様子を覗き込む村人。

SRI(幼苗一本植え)VCD上映、実践者選定

4月に行われたSRI(幼苗一本植え)ワークショップに引き続き、9村でSRIのVCD上映を実施。昨年はテレビだったが、今年は大きな白い布とプロジェクターを使ったため、さながら野外映画会のようになり、多くの人々が集まった。また、前述のワークショップ参加者による発表も各村で行われ、その結果本年雨季にSRIを実践しようという村人が、少しずつだが出てきている。6月も引き続き実践者を募り、いよいよSRI研修を実施する。2品種を栽培したが、収量はそれぞれ90平方メートルの田で51キロ(ヘクタール換算5.6トン)、と68平方メートルの田で48キロ(同7トン)であった。小規模な田での実験なので、ヘクタール換算した数字ばかりを安易に取りざたすべきではないが、まずまずの収量ではあった。

老若男女総出のVCD上映の様子。老若男女総出のVCD上映の様子。

米銀行続報

一年間、安定して米を確保するため米銀行の設置を進めてきたが、5月には全村で米倉建設が完了し、各村で帳簿のつけ方の研修を行い、秤、ノート、ペン、計算機を支援した。こうして準備が整った5村のうち、3村で貸し出しがスタートした。JVCからの支援米(6年後に半分を返済)に、村人の持ち寄る原資米(1家族5〜6キロ、村による)を加え、米で満たされた米倉だが、多い村では56世帯が米倉開きの日に押し寄せた。これも村によるが、1家族100キロ〜200キロの米を借りていった。各村3回の貸し出し日を想定しており、6月には残る2村の米倉開き、そして先行3村の第2回貸し出しが行われる見通しである。

整然とした帳簿。整然とした帳簿。


養魚研修続報

3,4月でモデル農家の選定を終えた養魚研修だが、5月には、酸性になりがちな池の水を中和する技術や、魚の餌となる植物プランクトンを増やすための堆肥作りなど、13村で技術研修を実施した。6月には稚魚の育成技術の研修、そして稚魚育成のためのネットや稚魚自体の配布を行う予定。

熱心にメモを取る参加者。熱心にメモを取る参加者。

ヴィエンチャンでの会議

5月初旬、森林チームはプロジェクトに関する様々な会議に参加するためヴィエンチャンに滞在していた。翌月、我々は新しい「参加型土地利用計画」実施プロセスのトレーニングを開催することになるが、その開催方法について話し合うために、NAFESの「参加型土地利用計画」チームと会合を持った。また、ペッタワンは下旬にサイヤブリー県でGTZによって開催された「参加型土地利用計画」のトレーニングに参加し、サワナケート県での類似したトレーニングをどのように行うかを学んだ。また、村人に対する法律のトレーニングに関連する様々な会議も行った。そのうちのひとつは、国立大学法学部内の臨床法教育プラグラム(註)とのものであり、活動対象村の村人に、土地森林に関する法的権利についての研修を提供するため、サワナケート県に来てもらうことについて彼らと話し合った。(註:実際の例に触れながら法律を学ぶ法教育の方法)

チャンパサックへのスタディツアーから学んだ教訓と振り返り

ゴム植林の影響、村の法教育プログラム、NTFP 植林を観察するため先月に行ったチャンパサックへのスタディツアーの後、より多くの村人と彼らが見たものに関して振り返った。多くの村人は、チャンパサック県の村でのゴム植林の深刻な影響にショックを受けていた。ピン郡の2村では、村人の自然林保護を支援する一方で、生計補完手段として、森林でラタンと各種の土着の樹木(ヤン・ボン)の植樹を行うことも決めた。来月6月1日の国の植林の日に合わせて、これらを植樹するため、苗木を探すことに忙しかった。

ケンデン村魚保護地区

5月に我々は村人と規則について議論するためにケンデン村に2回行った。村人は彼らの魚保護地区の根拠としてこの規則を使いたいと考えている(註2)。村が正式な魚保護地区にしたがっている地域は、昨年魚保護地区を設置した近隣のケンメオ村のそれとよく似た、たいへん大きくて深い自然出来上がった流れの弱い場所で、セ・ノイ川の中にあり、魚が繁殖のため集まってくる。重要な魚類生息環境であり、ケンデン村の村人たちは、後の世代のために村の水産資源を保存するために、そこを保護地区として保つことを切望している。(註2:同村では、口約束レベルでは禁猟が実施されているが、正式なものではなく、近隣村にも周知されていない)

ケンデン村の住民が、魚保護地区の規則について話し合いの場を持った。ケンデン村の住民が、魚保護地区の規則について話し合いの場を持った。
ケンデン村の住民が、魚保護地区の重要性を示すポスターの内容を確認した。ケンデン村の住民が、魚保護地区の重要性を示すポスターの内容を確認した。
ケンデン村の住民が、JVC森林チームのスタッフを彼らの魚保護地区へ案内した。ケンデン村の住民が、JVC森林チームのスタッフを彼らの魚保護地区へ案内した。

ラオス国立大学の学生のフォロー・アップ調査

11月と12月に我の活動地を訪問した環境科学学科からの学生たちが、フォロー・アップの研究のために戻ってきた。学生たちは、パノンポーン村のブルー族の村人の伝統的な土地利用システムの資料を集めるため、1週間ほどパノンポーン村に滞在した。

乾季SRI試験水田の収穫

5月14日金曜日、農業チームは村に出ていたため、森林チームとアドミニスタッフが、SRIの乾季試験水田からコメを収穫することで、彼らを手伝った。

森林チームとアドミニ担当のスタッフが、農業チームが中心に進めているSRI試験田での稲刈りに参加した。森林チームとアドミニ担当のスタッフが、農業チームが中心に進めているSRI試験田での稲刈りに参加した。

人形劇研修準備続き

4月に引き続き、ブルー族の青年グループとともに、土地森林問題の権利意識啓発のための人形劇の人形作りを行った。彼らの学校を訪れて、放課後の時間を利用して製作を進めた。

ブルー族の若者グループの関係者は、人形劇の進め方に関しての準備をした。ブルー族の若者グループの関係者は、人形劇の進め方に関しての準備をした。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net