アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

治安の悪化で避難生活を送る家族に食料を配布しました

イラク事業担当 原 文次郎
2009年6月16日 更新

家から逃げて暮らす人々

 今イラクでは500万人近くの人々が家を逃れて国外や国内各地で避難生活を送っています。その半数は2003年に始まった戦争、そしてその後の治安の悪化のために避難民となった人々です。

治安は少しずつ改善しているものの、いまだ避難民が安心して故郷に帰れる状況にはありません。彼らの多くは親戚の家に身を寄せていますが、受け入れる家庭も負担が増大しています。

しかしイラク政府からの支援では避難民はもとより元からの住人にとっても水・食料・医療などの基本的な生活ニーズは満たされていません。人々が生き延びるために、国際的な支援が求められています。

孫と食料を受け取りに来たおばあちゃん。男性が亡くなり、女性だけが残された家族も多い孫と食料を受け取りに来たおばあちゃん。男性が亡くなり、女性だけが残された家族も多い

緊急に必要な食料を

 イラク中西部のアンバール県には、首都バグダッドなどから逃れてきた約1万世帯が暮らしてると報告されています(09年1月時点)。その中のファルージャ市では支援を必要とする避難家族が1,500世帯を超え、その半数は未だにイラク政府からの配給食料を手にすることができずにいます。
 
このファルージャ市で、JVCは地元の団体と協力して2007年から食料支援を行っています。2009年2月には、収入がないなど特に状況が深刻な450世帯を対象に配給を実施しました。支援食料は多くの家庭で不足している豆、米、食用油を中心に、約2週間分の補助食料で構成されています。

米4kg、インゲン豆2kg、砂糖3kg、食用油3kgのセット米4kg、インゲン豆2kg、砂糖3kg、食用油3kgのセット

イラクの人々自身が担い手に

 これらの支援を円滑に行うため、地元の団体のほか、地域のモスク(イスラム寺院)と協力しています。支援対象者の選定や配布の告知、物資の保管や配布までをモスクが担当。安全面から日本人スタッフはイラクの隣国ヨルダンに駐在していますが、「自分たちの力でイラクの暮らしを立て直したい」と願う現地の人々が実働を担い、支援が進んでいます。

配布は地域のモスクで行われる配布は地域のモスクで行われる

日本人スタッフが直接配布地に赴けないのはもどかしいものの、現地からの「無事に配布したよ!」の報告にほっとしています。「配布物資は必要性が高いもので、受け取った人々はとても喜んでいたよ」と報告されています。

配布者全員のサインが入った配布確認書(JVC代表 谷山博史)配布者全員のサインが入った配布確認書(JVC代表 谷山博史)

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net