[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
 
[JVC団体案内へ]
[9ヵ国での活動へ]
[カンボジアでの活動へ]
[生態系に配慮した農業による家族経営農家の生計改善]
[資料・情報センター(TRC)]
[環境教育]
[技術学校(自動車整備)]
[過去の活動]
[ラオスでの活動へ] [南アフリカでの活動へ]
[タイでの活動へ] [イラクでの活動へ]
[アフガニスタンでの活動へ] [北朝鮮での活動へ]
[パレスチナでの活動へ] [スーダンでの活動へ]
[調査研究・提言へ]
[JVCに募金へ]
[JVCに入会へ]
[ボランティアへ]
[出張講演・資料貸出へ]
[書籍・開発教育へ]
[メディア掲載へ]
[JVCマンスリー募金へ]
[東京事務所スタッフ日記へ]
twitterやってます。
[JVCブックレット刊行へ]
[JVC国際協力ポストカード発売中]
[JVC国際協力コンサート]
[JVCメルマが登録へ]
[JVC会員専用ページへ]
[ビデオ「カンボジア農村開発」へ]
[JVCキッズページへ]
[JVC WEB担当者ブログへ]
[JANICアカウンタビリティセルフチェック2008を実施しています]
[カンボジア]

農業・農村開発に関する資料・情報センター

 
2010年9月22日 更新
[現地スタッフ]

主な活動内容

■プノンペン市の資料・情報センター

農民や学生、NGO 職員などが持続的農業や環境について必要な情報を得ることができるよう、プノンペン市に「資料情報センター」を設置し、無料で書籍やポスター、資料映像などを貸し出しています。また、地方の農村部に「コミュニティー資料センター」を設置し、農民などより多くの人びとが資料を利用できるよう資料の提供を行っています。

目的 開発や環境などに関する問題について、多様な視点を持ち、問題を発見し、解決のために行動できる人材を育成すること。
期間 1994年から活動中
活動分野 農業、環境、農村開発、人材育成
活動地域・対象 ・地域:プノンペン特別市、カンダール県、シェムリアップ県、バッタンバン県、バンテイメンチェイ県、クラチエ県、プレイヴェン県、コンポンスプー県。
・対象:農業・環境分野で活動しているNGO職員、国際機関職員、公務員、大学生、教員、研究者、農民、刑務所の受刑者、など。
関連団体 現地NGO、国際NGO、国際機関、政府機関など。

活動の詳細

活動1: カンボジアの国内外から資料を収集

■世界中のNGOや研究機関から送られてくる最新の資料。

カンボジアは、内戦で多くのものを失いました。知識人が多く殺害されたことは有名ですが、それに加えて多くの書物も焼かれてしまいました。そのため、人びとが何かを学ぼうとしたとき、必要な書物が手に入らないという状況が、今も続いています。そこでJVCは、農業、環境、農村開発に関する書籍や雑誌、ビデオなどの資料を、世界中の様々な機関とのネットワークを活用して、国内外から収集しています。


活動2: 資料・情報センターの運営

当団体のプノンペン事務所に併設している資料・情報センターでは、上記の資料を、関連する分野で活動するNGO、国際機関、政府機関の職員や研究者、大学生、研究者などに無料で貸出したり、提供したりしています。センターには閲覧スペースがあり、土曜日、日曜日も含めて、いつでも誰でも利用することができます。また、他のNGOや政府機関の図書館で働く図書館司書の研修なども行っています。

活動3: コミュニティー図書室の支援

■JVCが地方の図書室に支援した書籍を読む農民

より多くの農民に資料・情報センターの資料を活用してもらうため、他のNGOや行政機関などによって運営されている地方の図書館に、農業、環境、農村開発などに関する書籍を寄贈しています。特に、農民がすぐに活用することができる農業技術書などを中心に支援を行っています。また、2箇所の刑務所の図書館にも、農業に関する書籍を寄贈しました。出所後は、しっかりと農業で家族を養いたいという声が寄せられました。

活動4: 環境と開発に関する講座の実施

■環境と開発に関する講座の様子

大学生や若手NGO職員を対象として、環境、農業、開発などに関する勉強会を実施しています。この講座に参加する人々は、将来的にNGO、国際機関、政府機関などで活躍する人材です。これらの人々に多様な視点から環境や開発などについて考えてもらう機会を提供すると同時に、それらの人々が出会いネットワークを築いていく場所として、この講座を活用してもらっています。

現在の活動状況

2009年度報告

2009年度は、広報活動の充実や土曜日午前の開館など実施した結果、利用者数が1158名(貸し出し資料数は1887点)と昨年度の1.7倍に増加しました。また、新たに240冊の書籍と13点の視聴覚教材を収集し、あわせて約6000点の環境、農業、農村開発などに関する資料を利用者が無料で利用できるようになりました。さらに、シェムリアップ県タヤエク地区のコミュニティーセンターの図書館に環境や農業に関する書籍93冊を寄贈しました。

また、2009年度は、環境と開発に関する講座を15回開催し、のべ219名が参加しました。講座の内容は地球環境問題、農業、開発に関する問題などで、参加者はこれらの問題をカンボジア社会の実情と照らし合わせながら活発な議論を行うことができました。また、講座に参加した学生が資料センターを利用して自主的に勉強会を開催するなど、参加者に関心を持ってもらうきっかけをつくることができました

2010年度報告

今年度も引き続き、資料・情報センターの運営および環境と開発に関する講座の実施を継続し、カンボジアの将来を担う人材の育成に取り組んでいきます。また、週末の開館を希望する声が利用者から寄せられているため、2010年度は土曜日、日曜日も終日、資料・情報センターを開館します。その他、環境教育プロジェクトが中心となって行っているニュースレターの発行に協力し、カンボジアの人びとの役に立つ情報を積極的に発信していきます。




 
 


 問合せ・資料請求  リンク集  個人情報保護方針  リンク時のお願い

 
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はJVCおよびその関係者に帰属します。 サイトマップ