アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • カンボジア現地通信
現地ブログ from カンボジア

カンボジア現地通信

カンボジアに駐在しているスタッフやインターンが、現地での活動や日々の暮らしをお伝えします。

【現地インターン萩原さん(2014年度)】
道なき道をゆく

カンボジア現地インターン 萩原 大地
2014年10月27日 更新

未知の世界に飛び込んできて早2カ月。模索を続ける毎日を過ごしています。今週は農場の仕事を少し休んで、スタッフと共に活動地の村を回ってきました。ここ数日は激しく雨が降る日が続いたために、村へ出向くのにもひと苦労。村への道は決してキレイに舗装されているわけではありませんので、ボコボコであるのに加えてそこに水が溜まった道をバイクで慎重に走るのですが、時に「えっ...」と言わずにはいられないような道をも進んでいきます。

自分は基本的にスタッフの後ろに乗せてもらうので、そんな険しい道程もアトラクション感覚で楽しんでいます。そんな悪路を乗り越えて辿り着いた先にもさらに困難が待ち構えています。雨の影響は道だけではなく、当然家庭にも及びます。土地の一部が浸水している家庭は珍しくないので、JVCが池を支援した農家も例外ではありません。

支援した池の様子を伺いに出向いた農家は、池に辿り着くために水に浸かって歩かなければいけないほど。これでは池の周りに植えている野菜等の管理も大変です。庭先も水に沈んでしまっては野菜栽培も出来なくなってしまいます。雨季は水があるというメリットがありますが、洪水などの被害に見舞われる可能性も孕むというデメリットもあります。

ある農家のクロップガーデン。農家ごとに工夫が見られます。ある農家のクロップガーデン。農家ごとに工夫が見られます。

【現地インターン萩原さん(2014年度)】
新メンバー加入

カンボジア現地インターン 萩原 大地
2014年10月27日 更新

「うん。そうだね。ハハッ。」

意気込んで始めたトマトの栽培はあっけなく失敗に終わりました。栽培が上手くいかなかったことを農場長ソカーに伝えたところ、冒頭の返事が返ってきました。失敗した悔しさよりも、そのことを鼻で笑われたこの悔しさはこの先もきっと忘れないでしょう。「あなたもたくさんトマトを枯らしてきたじゃないか」とはさすがに言えませんからね。

しかし、肥料を与えるタイミングや日々の観察等、自分自身の管理が甘くトマトを枯らせてしまったのは事実でありますので、今回の反省を生かして再度挑戦したいと思っています。失敗は成功のもとですからね。一度の失敗で諦めるつもりは毛頭ありません。いつかソカーを見返してやりたい...。

【現地インターン萩原さん(2014年度)】
現実と向き合うということ

カンボジア現地インターン 萩原 大地
2014年10月23日 更新
家庭によっては、生活状況は厳しいが...家庭によっては、生活状況は厳しいが...

日本という恵まれた環境で育ってきた自分が、「途上国」と呼ばれる国の「貧困」とされる現状を見たら何を感じるのか。

そんな興味から大学で国際協力を学び始めました。大学の講義ではそれは悲惨な世界の現状や目を覆いたくなるような事実を突きつけられました。「世界ではこんなことが起きている」「問題の解決のためにこんな取り組みが行われている」そんな話を毎日のように聞いてきました。しかし、自分はそうした世界の様々な問題をどうにか解決したいというような思いはほとんどなく、自分の目にはそうした世界がどう映るのか、何を思うのか、無責任ではあると思いますがそのことだけに関心がありました。

【現地インターン萩原さん(2014年度)】
農場改革、始めました。

カンボジア現地インターン 萩原 大地
2014年10月 6日 更新

改革とは言っても大したことをやっているわけではないのですが。どんなに格好つけてみても地味なものは地味ですから。たとえ地味であろうと農場は毎日少しずつ変容していきます。毎日のように小さな改革があちらこちらで起こっているのです。

まずは池作り。去年、小規模養魚に失敗したため、人一倍、魚への思い入れが強い農場長ソカーが指揮を執り、農場内に新たに池を作りました。昨年掘った小さな池があるのですが、それを多少拡大し、形状を整えるために、灼熱の日差しに照らされながらひたすら土をかき続けました。

炎天下での池作り。麦わら帽子は必須です。炎天下での池作り。麦わら帽子は必須です。

ただでさえ暑いのに炎天下で作業すればもう汗が滝のように流れ出してきます。どうしてカンボジア人はこの暑さの中、長袖で作業しているのだろうか、不思議でしょうがないですよ。

【現地インターン萩原さん(2014年度)】
「シーシービ―」をご存知ですか?

カンボジア現地インターン 萩原 大地
2014年9月25日 更新

「シーシービー」という響きを聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?多くの方は日本のロックバンドを思い浮かべるのではないでしょうか。世代によってはパッと思い浮かばない方もおられるとは思いますが。実はJVCカンボジアにも「シーシービ―」と呼ばれる人たちが存在します。

CCVミーティングの様子CCVミーティングの様子

Community Corporation Volunteer の頭文字を取って「CCV」。JVCの活動を手助けしてくれる農家のボランティアの方々のことをそう呼んでいます。JVCが活動している主要な6つの村から2人ないし1人がCCVのメンバーとなり、私たちの活動をサポートしてくれています。

【現地インターン萩原さん(2014年度)】
炎天下での農作業

カンボジア現地インターン 萩原 大地
2014年9月16日 更新
汗だくになりながら穴を掘る農場長のソカー汗だくになりながら穴を掘る農場長のソカー

照り付ける太陽の下、鍬で土を掘り起こす作業がこれほどまでに辛いとは。今週は、試験農場で飼料用のコーンを植える作業の手伝いをしました。私たちの試験農場では、牛や鶏などの家畜を飼っています。家畜を飼うに当たっては当然、餌(えさ)が必要になってくるわけですが、その餌を外から仕入れるのでは出費がかさむばかりです。

そこで、農場内のスペースを有効活用して家畜の餌を自分たちでまかなおうということで、飼料用のコーンを植えることになりました。

【現地インターン萩原さん(2014年度)】
野外月例ミーティング?!

カンボジア現地インターン 萩原 大地
2014年9月 9日 更新

今週は2日間に渡って月例ミーティングが行われました。各スタッフがそれぞれ月ごとの仕事を振り返り、報告します。すべてカンボジア語で行われるミーティングにおいて自分はまだ蚊帳の外です。専門的な用語も頻繁に飛び交うミーティングはカンボジア語も出来ない、農業の知識もあまりない今の自分にはとても厳しい時間です。どれだけ必死に耳を傾けようとも分からないものは分からない。出来ることから少しずつ勉強していきながらインターンが終わるまでにはミーティングで意見が言えるようになるのが一つの目標です。

【現地インターン萩原さん(2014年度)】
恵みの雨で農家の生計改善!

カンボジア現地インターン 萩原 大地
2014年9月 9日 更新

初めまして。今月からJVCのカンボジア現地インターンとして働いています、萩原大地と申します。現地に入ってまだ2週間ほどですが、少しずつ活動を始めています。

農家の方(右)に話を聞くスタッフ(中央)と筆者(左)農家の方(右)に話を聞くスタッフ(中央)と筆者(左)

カンボジアには雨季と乾季があり、乾季は雨が全くと言っていいほど降らないために水が決定的に不足してしまいます。四季があり、年間を通じて雨が降る日本とは環境が大きく異なります。一年中水が得られないということはカンボジアにおいてひとつの大きな問題と考えられます。

そこで、JVCでは活動する村で希望する農家にため池や井戸を支援し、一年を通して水があることで農家にとってどういう影響があるのか、彼らの生活がどのように変わるのかを調査しています。現在の自分は、ため池を支援した農家を一軒一軒スタッフと共に回り、ため池の大きさやその周辺のデザインなどをスケッチして記録しています。

ウッドメンチャイの森を訪問しました!

カンボジア現地駐在員 太田 華江
2014年7月22日 更新

7月15~16日、支援している森林委員会のメンバーとウッドメンチャイの森を訪問しました。カンボジアでは近年、森林の減少が顕著に起こっています。JVCが支援している村の森も、違法に木を切る外部者がいたり、村の中でも森の資源を大量にとっていってしまう人がいます。森林委員会はそれを取締り、森を持続的に管理する権限を持っていますが、行政のサポートが少ない中、あまり機能していないのが現実です。

今回、ウッドメンチャイの森を訪問したのは、そこで森を管理しているお坊さんがいると聞いたからでした。この森は約18,000 haの土地を有しています。2002年、一人のお坊さんがタイから戻り、自分の国の自然資源を守りたいと思いました。彼は、違法伐採者との闘い、村人との話し合い、行政とのやり取りを経て、この森を守る構造を構築してきました。今回のスタディツアーでは、その経験を森林委員会のメンバーが学びました。

お坊さんの話に耳を傾ける村人達お坊さんの話に耳を傾ける村人達

カンボジアでは、お坊さんはとても敬われる存在です。そのため、メンバーも悩みを投げかけるような質問をしていました。「やはり一番難しいのは、同じ村人を取り締まることです。お坊さんはどうしていますか?」こういった質問に対して、お坊さんも真摯に答えを返していました。

今後、この経験を活かしながら、森の管理についてメンバーと話し合いを重ねていきます。

食品加工スタディツアー

カンボジア現地駐在員 太田 華江
2014年7月22日 更新

2014年7月8~10日、村の食品加工グループのおばちゃん、おじちゃん達を連れて、バッタンバンのライスペーパー作り、魚醤作りを見学しました。

JVCが支援している村では、1年を通して十分な栄養をとれない人が大半です。村では電気もないので、もちろん冷蔵庫もなく、沢山あるフルーツや野菜も保管しておくことができません。JVCは、こういった村の人たちが1年を通して十分な栄養が摂取できるように、食品加工の技術を伝えています。例えばとっておいたら腐ってしまうライムも、塩漬けにすれば梅干しのような味になり腐らないで長く保存することができます。ちなみに、これは良くカンボジアのすっぱいスープに使われます(スガオナムガウ=ライムの塩漬けスープ)。このように、沢山ライムがとれる時期に加工しておけば、1年中いつでも食べることができます。また、今まで村人が市場で買っていたものも、自分の家で作れるようになり、それを販売することで新たな現金収入につながります。

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net