アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • アフガニスタン最新状況
現地ブログ from アフガニスタン

アフガニスタン最新状況

治安の関係から現地になかなか入れない中、アフガニスタン事業担当が、現地での活動の様子をお伝えします。

パキスタン・イスラマバード出張つれづれ
~統括泣かせの"やつら"の正体~

アフガニスタン事業担当 加藤 真希
2014年9月30日 更新

アフガニスタン事業スタッフは、8月末から一週間ほど、パキスタンのイスラマバードに出張してきました。アフガニスタンで事業しているにも関わらず、最近は治安の不安定につき現場に日本人が入ることが難しいため、現地スタッフとは隣国のパキスタンで集まり、会議を持っています。つまりフィールドに赴くことができないので、会議のためだけの出張ということになります。そんな話をしていたら、出発前にある人から、「一週間分も話し合うこと、あるんですか?」という質問をされました。確かに、一週間も宿にこもって何をしているんだろうと思われても不思議はないかもしれません。

議論中、ヒートアップして発言中に立ち上がるワハーブ医師(右)議論中、ヒートアップして発言中に立ち上がるワハーブ医師(右)

しかし、現地スタッフと会えるのは年に数回だけ。実にたくさんの議題があり、朝の9時から会議が始まり、所々に休憩やお祈りの時間をはさみながら、18時...19時...、時には20時まで延々と話は続きます。議長が厳しく話を切らないと、時間は足りません。やっとまとめをして、「お疲れ様でした~」と言った後で、誰かの「最後に一つだけ!」という一言で1時間くらい延長したりすることもあります(笑)

また、皆で終日会議を行った後も、夜遅くまで個別にスタッフと話をしています。(その時はもう少し個人的な話...「最近どう?家族は元気?」といった話にもなります。)

9.11から13年
アフガンスタッフからのメッセージ

アフガニスタン事業担当 加藤 真希
2014年9月11日 更新

2001年にアメリカで起こった「9.11」事件、その報復としてのアフガニスタン攻撃の開始から、13年が経ちました。
この日に寄せたメッセージが現地スタッフから届いたので、ご覧下さい。

アジマール・フラム(1985年生まれ、JVC教育事業担当)

アジマール(写真中央)アジマール(写真中央)

9.11の時、私は中学校から卒業したばかりでした。当時、他の多くのアフガニスタン人同様、私は世界 のニュースに特に注目していませんでした。と言うよりも、私たちにはテレビが無く、世界で何が起きているかを知ることができなかったのです。

なぜなら、タリバン政権時代、テレビは厳しく禁じられており、テレビを持っているものは、タリバンによって公衆の面前で罰を受けていました。そのような事情もあり、私たちは9.11という、世界中の多くの人々の人生を大きく変えることになる悲劇的な事件についてほとんど知らなかったのです。

私はさらに上の学校で学ぶために物理の勉強をしていたのですが、野菜売りの友人からアメリカが私たちの住む地域の一部を攻撃し始めたことを聞き、とてもショックを受けました。私が家に帰ると、父親がボイス・オブ・アメリカという当時私たちにとって唯一の情報源だったラジオを聞いており、一方で母親は 家財道具を集めるのに忙しくしていました。両親は都市のジャララバードは危険だから田舎に行かなければならないと私に言いました。

アフガンスタッフ来日報告(2)「島田市訪問」

2014年度 アフガニスタン事業インターン 佐藤 久実
2014年9月 9日 更新

6月23日、アフガン現地スタッフ2名(ナシーム・サファラガ)が来日した際に静岡県島田市へ行き、アフガニスタン支援NGO「カレーズの会」理事長のレシャード・カレッド氏を訪問しました。レシャード氏はアフガニスタン出身の医師で、島田のレシャード医院で働く傍ら、カレーズの会の理事長や福祉施設の理事などを務めています。

(昨年、他のスタッフが来日した際にもレシャード医院を訪問し、患者さんに配慮したクリニックの在り方などを学ばせていただきました。そのときの記事はこちら)

病院の施設について話すレシャードさんとナシーム医師病院の施設について話すレシャードさんとナシーム医師

さて、今回の訪問ではレシャード医院の他に市内の介護老人保健施設と特別養護老人ホームをレシャード氏の義理の弟であるアミン氏に案内していただきました。アフガニスタンでは高齢になった両親の面倒を見るのは通常家族だということで、日本の老人ホームや保健施設は彼らの目には新鮮なものに映ったのではないでしょうか。

サファラガは日本の少子高齢化について興味を持っており、日本の政策や高齢者に対する社会保障の現場を知る機会となったと思います。またナシームはさすが医師ということもあり、医療施設に入ると非常に真剣な目になり、施設の設備や利用者について色々と質問していました。

アフガンスタッフ来日報告(1)「イベント」

2014年度 アフガニスタン事業インターン 佐藤 久実
2014年9月 9日 更新

6月、アフガニスタンから、活動地で村人の診療にあたっている医師と、薬などの物資を市場から調達するJVCスタッフが初めて来日いたしました!

6月20日、アフガニスタン事業現地スタッフ2名の来日に伴い、「アフガンスタッフと語る村の診療所、そしてイスラム」というイベントを行いました。今回来日したのは物資調達を担当しているサイード・サファラガと医師のモハマド・ナシームです。イベントではタイトルにある診療所での活動やイスラム教に加えて、彼らのライフヒストリーについても話してもらいました。プレゼンテーションは彼らの母国語であるパシュトー語で行い、通訳の方に入っていただきました。

コーランを朗誦するナシーム医師コーランを朗誦するナシーム医師

イベントは、現地の習慣に倣い、ナシームによるコーランの朗誦から始まりました。ナシームは敬虔なイスラム教徒で、地元のモスクでも礼拝の先導役を担うことがあるそうです。朗誦はアラビア語のため内容を理解することはできませんが、なにやら神聖な気持ちにさせられました。アフガン事業統括の小野山から活動地であるシェワ郡とナシーム医師が勤める簡易診療所での活動について説明を行い、いよいよ2人のプレゼンテーションへ。

夏のマラリア対策キャンペーン
~村の長老と若者ボランティア ~

アフガニスタン事業担当 加藤 真希
2014年6月17日 更新

今回ご紹介するのは、クズカシュコート村の保健委員会の取り組みです。
保健委員会とは、各村のリーダ的存在である長老たち(必ずしも年長者ばかりというわけではないものの、ほとんどのメンバーは髭が立派な年配の男性)が集まって、村の健康のためにできることを話し合い実施する、自治会のような存在です。JVCが運営している診療所と連携して、診療所での病気治療だけでなく、地域での病気「予防」にもっと力を入れていくことが目的です。

保健委員会メンバーたち。<br/>威厳ある男性陣が議論している様子は圧巻保健委員会メンバーたち。
威厳ある男性陣が議論している様子は圧巻

人びとの命を守る-アフガニスタン大統領選

アフガニスタン事業現地統括 小野山 亮
2014年6月 3日 更新

2014年4月5日、アフガニスタンでは大統領選挙と地方議会選挙が行われました。9・11を受けた多国籍軍による侵攻の後、2期務めたカルザイ大統領に代わる新たな大統領の誕生は、予定されている今年末までの外国軍撤退と加え、アフガニスタンに大きな転換点をもたらすことになります。

一方、反政府勢力のタリバンは、この選挙はまやかしで、侵略者の企みであるとして反対しています。選挙日前から、選挙に行かないようにという呼びかけや脅迫のほかに、さまざまな妨害活動や攻撃も見られ、選管本部も攻撃にあったほか、JVCの事務所がある東部ナンガルハル県の中心都市ジャララバードでも警察署を標的にした自爆攻撃がありました。

選挙当日爆発などが続き、町から人の姿が消えた選挙当日
爆発などが続き、町から人の姿が消えた

まるで映画の世界?ワクチン接種員の道のり

アフガニスタン事業担当 加藤 真希
2014年5月20日 更新

JVCアフガニスタンはナンガルハル県シェワ郡のゴレーク地域(人口約21,000人)で2つの診療所を運営しています。診療所では日々100人を超える患者が訪れ、スタッフは大忙し。JVCは特に母子保健の強化に力をいれています。

さて、交通事情が限られているこの地域では、なかなか診療所まで簡単に来られない人も多く住んでいます。JVCは「サルカンド」と呼ばれる遠方の村の人々に、毎月のワクチン接種キャンペーンを行っています。

JVCの診療所所在地から、車で行くこと約一時間。地図上の距離はそんなに長くなくても、道の整備がされておらず車は速く進むことはできません。ここで車がストップ、二人のワクチン接種員が車から降りました。

車でいけるのはここまで。「さて、歩きましょうか。」車でいけるのはここまで。
「さて、歩きましょうか。」

これから足で進む山道が眼前に広がります。

リベンジ!イスラマ宿のインスタントヌードル

アフガニスタン事業担当 加藤 真希
2014年3月17日 更新

3月初め、アフガン事業担当の私たちはまた、現地スタッフとの会合のために、パキスタンのイスラマバードにやってきました。治安が安定しないアフガニスタンに入国できなくなった昨年から、会議はもっぱらイスラマバードです。

ここでの滞在中、小野山統括はいつもインスタントヌードルにこだわります。前回の出張時、お昼時に食べたインスタントヌードルが大失敗したこともあり、今回はリベンジに燃えています。(前回のエピソードはこちら

フレーバーをしっかり吟味。「これにします!」フレーバーをしっかり吟味。「これにします!」

まず、宿の近くにある商店にやってきて、インスタントヌードルを購入。一つでは少し足りないので、二袋。おそらく一つずつを調理することはできず、ミックスされることを想定して、合わせても大丈夫そうな組み合わせを慎重に選びます。経験から学んでいる統括。また、辛い物を好むパキスタンでは、刺激の強いフレーバーにも注意です。風邪で喉を傷めている統括。

【アフガニスタンからサラーム♪】
第二回 「物資調達係」のお仕事

アフガニスタン事業担当 加藤 真希
2014年2月24日 更新
サイード・サファラガ

サラーム! 今回ジャララバード事務所からご紹介するのは、彼、サイード・サファラガ。現在29歳(推定、兄弟姉妹が多いこともあり母親の記憶が少し曖昧だそうです)、3人の子どものお父さんです。

2008年からJVCに入った彼は、今は物資調達を担当しています。

「教育事業担当」や「医者」といった役割とはまた違い、物資調達のお仕事は表に出ることも少なく、地味かもしれませんがプロジェクトに必要なすべての物品を調達する、重要な役割を担っています。特に、JVCはゴレーク地域で二つの診療所を運営しているためたくさんの医薬品を扱っており、これらを調達し、しっかり管理するのも彼が責任を負っています。

ここで、いったいどれくらいの医薬品を調達しているのか、のぞいてみましょう!

イスラマバード滞在最終日。会議も一通り終え、優しい陽射しが心地よい午後、日本人スタッフ3名とアフガン人スタッフのサビルラは、充実感とともに滞在していた宿からごく近い場所にあるモスクに行ってみました。

モスクの中を歩いていると、同じく散歩を楽しんでいたパキスタン人の一家が前からやってきました。お父さん、お母さんと数人の兄弟姉妹に、小さな男の子もいます。ふと、その家族と目が合いました。軽く愛想笑いをしてすれ違おうとしたその時!急に声をかけらたのです。といっても現地の言葉を知らないためはっきりは分からないのですが、写真を撮るしぐさをしたので、私に家族の写真撮影をお願いしているのだと理解し、OK!と答えました。

私が手を出して、カメラを受け取ろうとしたら・・・

渡されたのはカメラではなく、子どもでした!!(笑)まさかお母さんが、通りすがりの外国人である私にいきなりわが子を託してくるとは全くの予想外!

やっぱり泣き出した!やっぱり泣き出した!

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net