アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • アフガニスタン最新状況
現地ブログ from アフガニスタン

アフガニスタン最新状況

治安の関係から現地になかなか入れない中、アフガニスタン事業担当が、現地での活動の様子をお伝えします。

【アフガニスタンからサラーム♪】
第九回 運転手 シャー・ムハンマドさん

2015年度アフガニスタン事業インターン 竹村 謙一
2015年12月 2日 更新
真剣なまなざしで仕事に出発!真剣なまなざしで仕事に出発!

(アフガニスタンからサラーム、今回は第六回のナビ・ジャンさんに続き二人目の運転手シャー・ムハンマドさんを紹介します。多くの日本人が経験したことのないような過酷な時代を生きてきたシャー・ムハンマドさん、そのことばには重みがあります。現地から届いた英語の原文を訳しながら、わたしたち東京事務所スタッフも心を動かされました。)

つらかった子ども時代

私はナンガルハル県のザルショエ村カマ地区で生まれました。公務員をしていた父は私が3歳の時に亡くなり、一番上の兄が家族を支えるようになりました。私が3年生の時、ソ連がアフガニスタンに侵攻するという噂が流れ、人々はパキスタンに避難をはじめました。ソ連に対するジハード(聖戦)がはじまり、標的は政府関係者にも向かいました。公務員だった兄もムジャヒディン[注]から仕事をやめるようにと警告を受けるようになりました。

私はムジャヒディンが家にやってきて入り口のドアをノックした夜のことを忘れることができません。母はそれがムジャヒディンだとわかっていたので、子どもたちを起こし、藁の下に隠れさせました。そして決して泣いたりしないようにと言い聞かせました。もし声を聞かれたら殺されると。しかし母が私たちを藁の下に隠したとき、一匹のさそりが私を噛みました。私は叫びたい気持ちを必死でこらえ、痛みをがまんしました。ムジャヒディンは爆弾でドアを壊して家に侵入し、家財道具をすべて持って行ってしまいました。この事件のあと私たちはジャララバードに移りましたが、移動の途中で私は誤って川に落ちてしまったのです。3日後に家族が病院にいる私を見つけたということです。

やがて上の兄はバティコート地区で仕事を見つけ、下の兄は軍隊に勤めはじめ、私が13才で家族を支えるようになりました。ある日、私はバティコート地区に兄を訪ねるためバスに乗りました。40人くらい乗客が乗っていましたが、途中の道にしかけられた爆弾が爆発、30人が死亡、他の乗客も負傷しました。幸い私は無事でした。

[注]ムジャヒディンは、イスラム世界へ侵略する勢力に対抗してジハード(聖戦)を遂行する組織。「イスラム聖戦士」とも訳されます。

【村人物語】
奮闘する校長先生
ー 読み書きは闇の中で光を持つこと ー

2015年度アフガニスタン事業インターン 竹村 謙一
2015年11月 5日 更新
アサドゥラーさん

アサドゥラーさんは、バル・カシュコート村の女子学校の校長先生です。タリバン政権崩壊後、多くの女子が学校に戻ってきました。しかし長年にわたる紛争で女性教員の数は不足しており、学校には女の先生が一人しかいません。もっと女の先生がいれば多くの家が娘たちを学校に行かせるようになり、生徒の数も増えるのに・・・と彼は言います。女性教員は、女の子たちが家から外に出るのを助け、それは村を変える力となります。

しかし村人たちは、娘が教育を受けると伝統的な規律を忘れてしまうのではないかと心配しています。教育を受けるより、家で編み物を習う方が大事だと考えているのです。大家族が多いアフガニスタンでは女性は多くの家事をこなさなければなりません。だから家族は女性を学校に行かせたがらないのです。

アサドゥラーさんは、学校で宗教も教えています。読み書きができることは闇の中で光を持つことだと、イスラム教でも言われています。それは男女によらず人間に必要なことです。彼はそういった教えを伝えながら、女の子たちを学校に来させるように人々を説得して回っています。

学校の図書館も管理しています学校の図書館も管理しています
授業風景授業風景

【アフガニスタンからサラーム♪】
第八回 教育担当、アジマルさん

2015年度アフガニスタン事業インターン 竹村 謙一
2015年10月 7日 更新
ポーズを取るアジマルさんポーズを取るアジマルさん

私は29才、ジャララバードで生まれました。私の家は、祖父・祖母・伯父・叔母などと暮らす大家族でした。父は兵士です。私が7年生から12年生※注(1)の頃はタリバン政権の時代でした。生徒たちはターバン姿の制服を着ていました。先生は厳しく、少しでも怠けたり欠席したりすると体罰を受けました。授業は整備されておらず、学校によって大きな差があったようです。それでも男の子は学校に行けるだけましでした。女の子は学校に行くことが禁じられていたのです。その頃、父は無職で家にいました。家で父から多くのことを学びました。

【村人物語】
学校なんて行かなくていい!

2015年度アフガニスタン事業インターン 竹村 謙一
2015年10月 1日 更新

ディン・モハマド君は15才。彼の父親は字が読めず、教育に関心を持ったことは一度もありませんでした。ディン・モハマド君は、7才の時に伯父のすすめでクズカシュコートの男子小学校に入学しました。それを知った父親は「息子を学校に行かせるつもりはない」と言って、伯父と言い争いました。伯父は、親は子どもに教育を受けさせる義務があり、子どもの能力を最大限伸ばさなければいけない、と説明しましたが、聞き入れてもらえませんでした。

【村人物語】
ラーマッラーとザビルラー

2015年度アフガニスタン事業インターン 竹村 謙一
2015年9月15日 更新

ラーマッラーは11才、ザビルラーは9才、クズカシュコート村の小学校に通っています。JVCスタッフのアジマルさんが、二人に大きくなったら何になりたいか尋ねました。

【村人物語】
ゴレーク村の仲良し姉妹、ヘナとネダ ー村人物語【1】

2015年度アフガニスタン事業インターン 竹村 謙一
2015年8月12日 更新

ヘナ(写真左)とネダ(写真右)は大家族。お父さんには奥さんが二人いて、子供が10人います。両親は二人が学校に行くことをすすめました。ヘナは12才、ネダは11才です。二人とも学校の成績はとても優秀です。二人は仲良し、学校では助け合い、家ではお母さんの手伝いをよくします。

ヘナには家より学校が大切です。家に閉じこもっていたら何も学べないけど、学校ではたくさんのことが学べるから。夢は助産師になること。アフガニスタンでは、お金がなくて薬が買えない人、治療が受けられない人がたくさんいます。彼女はそうした人たちを助けたいと思っています。

ネダは学校に行って毎朝友達と遊ぶのがとても楽しみです。彼女は絵を描くのも柔道をするのも大好きです。でもお母さんといっしょに市場に行くと、家で燃やすためにプラスチックや紙くずを集めている子供たちを見て、とても悲しくなります。子供たちは、学校に行かずに朝から晩まで通りを歩いてごみ拾いをしています。空き缶や鉄くずを回収業者に売るためです。ネダの夢は学校の先生になること、そして女の子たちにいろいろなことを教えることです。だって、人は教育がなければ、実がつかない果物の木のようになってしまうから。

ラマダンの日々

2015年度アフガニスタン事業インターン 竹村 謙一
2015年7月15日 更新

(今月はラマダンにあたります。日本人にとってなじみの薄いこのラマダンと断食について、JVCアフガニスタン事業ジャララバード事務所のサビルラ・メルムラワルさんに語っていただきました。)

新調した服を着てイードを迎えます!新調した服を着てイードを迎えます!

ラマダン※注(1)はイスラム教徒にとってとても大切な一ヶ月です。自分の時間を使い、エネルギーを費やしてお祈りと断食をすることで、心を清め、自分をコントロールし、アラーへの帰依をめざします。アフガニスタンはイスラム教徒(ムスリム)が99%を占め、宗教的にとても厳格な国です。
ラマダンの期間中は、仕事の時間も変更されます。今年のラマダンは夏にあたり、気温45°Cの中で17時間近い断食をすることは楽ではありません。しかし、厳しい条件の下で断食を行えば、さらにアラーへ近づくことができるという信念があると、自然と力がわき、断食後の満足も得られます。
ラマダンの始まりと終わりの日時は、月の動きを元にしてサウジアラビアで決定されます。今年のラマダンは、午前2時45分から日没の午後7時までが断食の時間と決められました。断食は、お祈りの時間を告げる早朝のアザーン(Azan)で始まり、夕方のアザーンで終わります。断食に合わせて、食事は通常の朝・昼・晩の3回から、早朝と夜の2回に変わります。朝食は2時45分より前に食べ、夕食は夜7時過ぎに食べることになります。断食後の夕食は、イフタール(Iftar)と呼ばれます。ラマダンでは、13才以上の大人はすべて断食をしなければなりません。日中17時間は、何も口にしてはならず、さらに点滴で栄養補給をすることもできません。例外は入院中の患者さんや大統領くらいです(大統領は、いつ何が起きても対応できるようにしていなければならないので、断食はやらないとのことです)。

【アフガニスタンからサラーム♪】
第七回 門番チーフ、デラワールさん

2015年度アフガニスタン事業インターン 竹村 謙一
2015年7月 8日 更新
デラワールさんデラワールさん

(今回紹介するのは、現地でも最も勤務歴が長いスタッフの一人、門番のデラワールさんです。)

私は43才、ナンガルハル県ホギャニ地区※注(1)で生まれました。ソ連軍がアフガニスタンに侵攻したのは私が6才の時でした。私たち家族は近くのスピンガル山地に逃げました。家もテントもなかったので、私たちは大きな木の下で6ヶ月間暮らしました。やがて戦闘が激しくなってきたため、私たちはパキスタンに逃げることに決め、三日間歩いてようやくサダ地区にたどり着きました。後にはペシャワールのホギャニ難民キャンプに移りました。10日間くらいは屋外で過ごしましたが、その後はテントと食料の支援を受けました。その後10年間ほど難民学校に通いました。

やがてアフガニスタンからソ連が撤退したので、私たちは国に戻り、ナンガルハル高校に通うようになりました。高校卒業後は経済事情が苦しかったためにそれ以上の教育に進めず、また家庭の事情から、再びパキスタンに移住し、16年間、様々な町で店員や警備員などいろいろな仕事をしました。

【アフガニスタンからサラーム♪】
第六回 運転手、ナビ・ジャンさん

2015年度アフガニスタン事業インターン 竹村 謙一
2015年5月20日 更新
ベテランのドライバーです!ベテランのドライバーです!

(今回紹介するのは、ジャララバード事務所で運転手をしているナビ・ジャン・ムリアカールさんです。趣味はクリケットとレスリングというナビ・ジャンさんに、これまでの人生について語っていただきました)

私は現在57才、ジャララバードの生まれです。父も運転手をしており、私は小さい頃からその手伝いをして、やがて運転手になりました。24才で結婚、4人の娘と4人の息子がいます。そのうち4人はすでに結婚し家族を持っており、最近ももう一人、息子が婚約しました。

JVCの事務所があるアフガニスタン東部のジャララバードの都市中心部で、4月18日、一般市民が少なくとも35名死亡、100名以上が負傷する大規模自爆攻撃がありました。

イスラム過激派組織「IS」に忠誠を誓う武装勢力が犯行声明を出しており、同国で「IS」が犯行声明を出したのは今回が初めてと言われています。JVC現地スタッフの親戚の方々もこの事件に巻き込まれ、また、私たちがまさに活動している村の人々も亡くなり、皆さんが悲しみに暮れています。JVCスタッフも負傷者の献血を手伝うため家族や知り合いを連れて病院に駆けつけ、対応しました。

以下、ジャララバード事務所の治安/総務担当・サビルラから、事件当日に以下のメッセージを受け取っているのでご共有いたします。

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net