アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

2008/08/22版

2008年度アフガニスタン事業インターン 塩見 正裕
2008年8月26日 更新

全般・政治情勢

サルコジ仏大統領・ブラウン英首相が相次いでカーブルを訪問、アフガニスタンに対する支援を再確認[1] 。一方、フランス世論は10名もの自国兵士の犠牲をきっかけに撤兵に傾きつつあり、サルコジ大統領は派兵継続に関する国民投票を提案[2]。

パキスタンではムシャラフ大統領が辞任[3]。アフガニスタン政府や現地メディアはこれを歓迎するも[4]、インド政府は対テロ政策の後退を懸念[5]、米国やその他の周辺諸国は静観[6]。ムシャラフ後の体制を巡って連立政権内で不協和音が生じており[7]、今後の情勢は不透明。

カルザイ大統領は次期大統領選への出馬を重ねて表明[8]。

米国は今年末までに12,000〜15,000名規模の増派を検討中も[9]、外国軍駐留を巡ってカルザイ政権周辺との間に軋轢も[10]。

内戦・治安

戦闘や爆弾攻撃は止まず[11]。ISAFの損害のみならず、民間人被害も拡大。カーブル東方30マイルのサロビ郡でのISAFフランス部隊への攻撃や[12]、ガズニ州ナワ郡の占拠[13]など、アフガニスタン国内でのターリバーンの活動が活発化、勢力域もカーブルに向け接近[14]。

パキスタン政府は北西辺境州バジャウル行政区等でターリバーン掃討作戦を展開[15]。これに対しターリバーンは病院や兵器工場への自爆攻撃を遂行、大量の犠牲者が発生[16]。部族統治地域クラム行政区では大規模な部族間衝突も[17]。

難民・内国避難民

パキスタン北西辺境州での戦闘激化に伴い、約20万人の避難民が発生[18]。

民生・援助

8/13にIRCの女性ワーカー3名が殺害され、IRCは活動を停止[19]。援助機関にとっての活動環境はますます厳しいものに[20]。

旱魃による食料不足が顕在化しつつあり[21]、UNは追加の食料援助を要請[22]。

ニュースソースはこちら


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net