アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • 声明/提言書など >
  • AIDA声明:「70以上の国際NGOが占領下のパレスチナにおける人道的状況の悪化を予見」
声明

AIDA声明:「70以上の国際NGOが占領下のパレスチナにおける人道的状況の悪化を予見」

2018年4月16日 更新

2017年12月、アメリカ、トランプ大統領が行った「エルサレムをイスラエルの首都として認定し、大使館を移転する」旨の発表は、国連総会が実質的な非難決議を可決する等、大きな波紋と反発を呼びました。この動きに対し、アメリカはさらにUNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)への拠出金のほぼ半分を凍結、事実上削減することに踏み切りました。

 

JVCもメンバーの一員であるパレスチナのNGO連合「AIDA」は、この状況に対して以下のような声明を出しました。

AIDA声明「70以上の国際NGOが占領下のパレスチナにおける人道的状況の悪化を予見」

2018年2月8日

占領下のパレスチナで活動する70以上の国際NGOの調整機関であるAIDAは、何百万人ものパレスチナ難民への援助を政治化しようとしている米国政府の最近の決定への警告を表明する。

パレスチナ難民への奉仕を使命とする国連機関UNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)への資金援助を削減することは、人道に対し大きな悪影響をもたらす。
特に、約200万人の総人口の70%以上を難民が占め、さらに難民の80%が日常生活のニーズを満たすために海外援助に依存しているガザ地区においては、深刻な悪影響が生じると考えられる。
過去10年続いたイスラエルによる封鎖に加えて、米国の資金削減は食料不安、援助依存、貧困、孤立、失業、絶望の増加につながり、すでに経済が荒廃しているガザにとって、さらなる打撃となる。

国際人道法では、軍事占領下に暮らす被占領者の人道的および開発的ニーズが特定されている場合、占領軍はそれらのニーズを満たす最終的な責任を負うと規定している。
占領者が被占領者に対し福利を提供することができない、もしくは提供を怠った場合、第三国と関係者は、占領された人々に対し、満たされていないニーズを援助するために介入することが出来る。
過去50年間、イスラエルがパレスチナ人の軍事占領を継続するにつれて、第三国はパレスチナの人々に対する人道および開発支援の費用を負担しており、イスラエルが果たすべき国際人道法上の義務を軽減してきた。
人道支援は、特定されたニーズに基づいて提供されるべきであり、いかなる状況においても政治的要求を課す手段として使用されてはならない。

したがってAIDAは、人道危機を回避するため、軍事占領下に暮らす脆弱なパレスチナの人々への人道・開発支援を、継続的かつ着実に確保することを、イスラエル、米国およびその他の第三国に要請する。
同時に、米国と他の第三国に対し、ガザの違法封鎖を解除することを含め、50年にわたる長期的な占領を終わらせるようイスラエルに対し圧力をかけ、この紛争に対し人々の尊厳を取り戻す公正かつ恒常的な解決策をもたらすことに取り組み、イスラエルとパレスチナ双方の人々に対し人権と安全を保証することを、AIDAは要請する。

(日本語訳:日本国際ボランティアセンター・英語ボランティアチーム)

70+ INGOs foresee deterioration in the humanitarian situation in the oPt

8 February 2018

AIDA, an INGO coordination body consisting of more than 70 international non-governmental organizations working in the occupied Palestinian territory (oPt), expresses alarm at the United States government's recent decision to politicize its assistance to millions of Palestinian refugees.

Reducing funding to UNRWA, the UN agency whose primary mandate is to serve Palestinian refugees, will have a highly adverse humanitarian impact.
The impact is likely to be particularly grave in the Gaza Strip, where more than 70% of a total population of nearly 2 million are refugees, out of whom 80% depend on foreign aid to meet their daily living requirements.
US funding cuts, on top of the last 10 years of Israeli blockade, will lead to increased food insecurity, aid dependency, poverty, isolation, unemployment and hopelessness, and will be a further blow to Gaza's already crippled economy.

International Humanitarian Law stipulates that, where humanitarian and development needs of protected persons living under military occupation are identified, the occupying power bears ultimate responsibility to provide for those needs.
Where an occupying power is unable or otherwise fails to provide for their wellbeing, third states and parties may step in to support the unmet needs of the occupied population.

For the last 50 years, as Israel continues its military occupation of the Palestinian people in the oPt, third states have relieved Israel of its obligations under International Humanitarian Law, by covering the costs of humanitarian and development support for the Palestinian people. Humanitarian assistance should be provided based on identified needs, and must not under any circumstances be used as a tool to impose political demands.

AIDA therefore calls on Israel, the United States, and other third states to ensure the continued orderly provision of humanitarian and development assistance to vulnerable Palestinians living under military occupation to avert humanitarian crisis.
At the same time, AIDA urges the United States and other third states to apply pressure on Israel to end its 50 year-long occupation of the oPt, including to lift its illegal blockade on Gaza, and to work towards a just and lasting resolution to the conflict, which will restore dignity, guarantee human rights and security for both Israelis and Palestinians.

ENDS

AIDA ウェブサイト:http://www.aidajerusalem.org/publications-and-products/70-ingos-foresee-deterioration-in-the-humanitarian-situation-in-the-opt/

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net