アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • 声明/提言書など >
  • JVC他44団体、イスラエルによるパレスチナ人の強制移送計画の撤回を要請
要請書

JVC他44団体、イスラエルによるパレスチナ人の強制移送計画の撤回を要請

2014年9月30日 更新

パレスチナとイスラエルの団体およびJVCをはじめとした国際NGOの44団体は、占領下のヨルダン川西岸地区に居住する数千人のベドウィンのパレスチナ人を、現在の居住地から強制的に移送することを目指すイスラエルの計画を直ちに撤回するよう求める共同声明を出しました。

ダウンロードできるデータ
(原文英語)World leaders must stop Israeli forced transfer of Palestinian Bedouins (21KB)
(和訳)世界各国の指導者たちに、イスラエルによる、ベドウィンのパレスチナ人の強制移住を止めることを要請します。(173KB)

こちらからダウンロードできます。

  • (原文英語)World leaders must stop Israeli forced transfer of Palestinian Bedouins (21KB)
  • (和訳)世界各国の指導者たちに、イスラエルによる、ベドウィンのパレスチナ人の強制移住を止めることを要請します。(173KB)
  • (以下和訳)

    翻訳:JVC 今野

    世界各国の指導者たちに、イスラエルによる、ベドウィンのパレスチナ人の強制移住を止めることを要請します。

    2014年9月11日付

    パレスチナとイスラエルの団体および国際NGO44団体は、世界の指導者たちに対し、占領下のヨルダン川西岸地区の中部に居住する数千人のベドウィンのパレスチナ人を、現在の居住地からイスラエルが指定した都市部に強制移送することを目指したイスラエルの計画を直ちに止めるよう、要請を出しました。

    これら44団体は、個人または集団の強制的な移送はジュネーブ第4条約に対する重大な違反行為であると述べ、国際社会に対し、それを止めるためにあらゆる手段を講じるように要請しています。また、世界の指導者に対し、イスラエルが全ての移住計画を撤回し、パレスチナ人が自分たちのコミュニティーに留まって開発することを許すよう、イスラエルに直ちに働きかけを行うべきと強調しています。さらに、ベドウィンのパレスチナ人を現在の居住地から移送すれば、イスラエル入植地を拡大するための土地が新たに増え、結果的に二国家解決案を実現不可能なものにすると警鐘を鳴らしています。

    イスラエル政府は今週、エリコ、ラマッラー、エルサレムの周囲にあるコミュニティーからベドウィンのパレスチナ人を移送する6つの計画を発表しました。今回の要請は、これを受けて発表されたものです。これら6つの計画には、エルサレム周縁部または「E1」と呼ばれる政治的にセンシティブな地域からベドウィンを移送する計画も含まれています。イスラエルは長い間、国際法で禁じられている入植地を拡大して互いを連結させるため、この地域のベドウィン集落23ヶ所を破壊しようとしてきました。この地域で入植地が拡張されれば、西岸地区が真二つに分断され、パレスチナの主要都市の間の移動と都市間の社会的・経済的結びつきがさらに制限されるだけでなく、西岸地区のパレスチナ人がエルサレムに行くことがすでにほとんど不可能とされている現状をより一層悪化させることになります。

    今回移送の対象とされているベドウィン・パレスチナ人のコミュニティーは全て、C地区に位置します。C地区とは、イスラエルが行政・軍事的な管理を独占するエリアで、西岸地区の60%を占めます。C地区には、100以上の入植地が存在し、約341,000人のイスラエル人が住んでいます。C地区は、1967年に占領地として国際的に認知された西岸地区の内部にあります。にもかかわらず、パレスチナ人はC地区の1%の土地にしか建設することが許されていません。パレスチナ人は、建設許可を得られないがために、家屋破壊、立ち退き、強制的な移送の脅威に晒されており、水、住居、教育、健康、生計手段に対する権利の実現を阻まれています。

    ここ数ヶ月間、イスラエル政府は、家屋破壊命令を発したり、住居や生計を立てるのに必要不可欠な建造物を破壊したりするなど、強圧的な手段を用いて、ベドウィンのパレスチナ人のコミュニティーに対する圧力を強めています。イスラエルはさらに、援助団体がこれらのコミュニティーに支援を提供するのを妨害してきました。例えば、住居を破壊された家族に対して国際機関が提供した緊急避難用シェルターを接収または破壊したり、ベドウィンの学校に供与されたブランコや滑り台を接収したりしました。イスラエルは、2014年、C地区において、350戸以上のパレスチナ人の住宅または生計を立てるのに必要な建築物を破壊しました。また、2014年、エルサレムの周辺地域やE1地区でイスラエルによって破壊された家屋数が過去5年間の最多を記録し、すでに91人の子どもを含む170人のパレスチナ人が立ち退きさせられました。

    破壊と強制移送の対象とされているベドウィン・コミュニティーの一つ、サテ・アル・バハルに暮らす32歳男性、ジャミール・ハマデーンは、以下のように述べています。「強制移送の脅威に常に晒される中では、まともな生活なんてできません。皆恐れているし、何も建てられないし、基本的な権利さえも持っていません。それでも、都市部に移住するのは嫌です。もしあなたがたが私に移住してほしいと頼んでも、私はNOと答えます。私はベドウィンとして生まれたので、自分たちの伝統を守っていきたいのです。イスラエルは、(私たちを移住させることで)最良の解決策を私たちに提供できると主張しています。でも私は言いたいのです。それは真実ではないと。私たちを移送することは、私たちの生活スタイルと伝統を破壊することを意味します。もしイスラエルが、私たちに最善の解決策を提供したいというのなら、私たちがもともと暮らしていたネゲヴ砂漠に戻ることを許すか、今住んでいる場所に留まって生活に必要なものを受け取ることを許して欲しいのです。」

    【署名団体(44団体)】
    1. ActionAid
    2. Action Against Hunger (ACF)
    3. American Friends Service Committee (AFSC)
    4. Alianza por la Solidaridad (APS)
    5. Al Haq
    6. Assamblea de Cooperacion por la Paz (ACPP)
    7. Badil
    8. CARE International
    9. Christian Aid
    10. Comitato Internazionale per lo Sviluppo dei Popoli (CISP)
    11. DanChurchAid (DCA)
    12. Diakonia
    13. EAPPI UK and Ireland
    14. EducAid
    15. Grassroots Jerusalem
    16. Handicap International (HI)
    17. Heinrich-Böll-Foundation, Palestine & Jordan
    18. HEKS
    19.The Israeli Committee Against House Demolitions
    20. Internal Displacement Monitoring Centre (IDMC)
    21. International Learning Centers (ILC)
    22. Japan International Volunteer Center (JVC)
    23. Jerusalem Legal Aid & Human Rights Center (JLAC)
    24. Ma'an Development Center
    25. Medical Aid for Palestinians (MAP - UK)
    26. medico international
    27. Mennonite Central Committee (MCC)
    28. Norwegian Church Aid (NCA)
    29. Norwegian People's Aid (NPA)
    30. Norwegian Refugee Council (NRC)
    31. Oxfam
    32. PAX
    33. PNGO
    34. Quakers in Britain
    35. Rebuilding Alliance
    36. Save the Children
    37. The Civic Coalition for Palestinians Rights in Jerusalem
    38. The Jahalin Association - Nabi Samwel
    39. The Kvinna til Kvinna Foundation
    40. The Palestine Solidarity Association of Sweden
    41. The YMCA Rehabilitation Program
    42. War Child
    43. WeEffect
    44. World Vision Jerusalem- West Bank- Gaza

要請書 の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2017年1月12日 更新【プロサバンナ事業に関する再抗議・要請】
「緊急抗議・要請」に対するJICA 回答
(12月20日付)を受けて」
2016年12月21日 更新「【緊急抗議・要請】JICAによるモザンビーク農民・市民社会来日者への弾圧の試みについて」とそれに対する回答について
2015年5月20日 更新プロサバンナ事業マスタープランに関する公聴会やり直しの緊急要請
2015年2月26日 更新産経新聞(2月11日付)曽野綾子氏のコラムに関する要請書
2015年1月 8日 更新ガザ紛争における戦争犯罪を裁くために、日本政府のイニシアチブを求める要請書を外務省に提出しました。
2014年9月30日 更新JVC他44団体、イスラエルによるパレスチナ人の強制移送計画の撤回を要請
2014年7月23日 更新ガザにおける軍事攻撃の即時停止を求めるため、外務大臣/外務副大臣宛の要請書を作成し送付しました
2014年7月18日 更新ガザ地区に対する無差別攻撃の即刻停止と国際人道法に則った市民の保護を強く求めます
2013年11月19日 更新「秘密保護法を制定しないことを求める国際協力NGOの要請書」を政府に提出
2013年9月 4日 更新子ども・被災者支援法の基本方針案の見直しを求める緊急署名に賛同しました
2012年11月30日 更新「対アフガニスタン・イスラム共和国」国別援助方針(案)に対する要望書
2012年9月26日 更新AIDAの加盟団体を含む30団体、中東カルテットに要請書を提出
2012年7月17日 更新東京会合前の日本CSOからの要望書
2009年10月29日 更新ガザ紛争:ゴールドストーン勧告の実現報告書に関する共同要請書
2010年2月19日 更新『NGOによる日本政府のイラク政策検証のための独立調査委員会設置の共同要請書』を提出
2010年6月24日 更新イスラエル軍によるガザ支援船攻撃に対する独立した国際調査団の派遣の支持及びガザ封鎖解除に向けてのイスラエル政府への働きかけの要請

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net