アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • 声明/提言書など >
  • 国連・AIDA共同声明:人道支援機関、ガザにおける水と衛生の問題に関する強い懸念を表明 
声明

国連・AIDA共同声明:人道支援機関、ガザにおける水と衛生の問題に関する強い懸念を表明 

2009年9月18日 更新

6月のガザの封鎖解除に向けての声明7月のガザの教育システムに関する声明に引き続き、国連と国際NGOの共同体AIDAは、ガザの水・衛生問題に関する声明を9月3日に出し、JVCも署名しました。


(以下和訳)


国連・AIDA共同声明:人道支援機関、ガザにおける水と衛生の問題に関する強い懸念を表明

ガザの検問所の即時開放を要求する

2009年9月3日

被占領パレスチナ地域国連人道問題調整官Maxwell Gaylard氏とNGOの集合体AIDA(国際開発機関協会)は、今日、ガザの水・衛生のサービスを修復するのに絶対必要な物資と予備の部品のための全般的かつ無制限のアクセスを要求する。

「ガザの水・衛生の設備の破壊と劣化は、ガザ地区のすでに長く厳しい人間の尊厳の拒絶をさらに積み重ねている」と Maxwell Gaylard氏は述べた。また、「この危機の中心には、水と衛生と健康の分野において不可欠なサービスの質とその供給が著しく低下し、基本的インフラが 破壊され悪化し、生活環境が侵害されていることに特徴づけられるように、ガザの人々の生活状態が急速に悪化しているということがある」とGaylard氏 は付け加えた。

人権法のもと、すべての人々には人間として相応しい生活水準と可能な限り高い健康水準を持つ権利がある。これら両方の権利は、安全でアクセス可能かつ許容可能な十分な量の水と、きちんとした衛生サービスと設備へのアクセスを含んでいる。

2007年6月からのガザの検問所のほぼ完全な封鎖の結果として、水・衛生の設備の建築や補修、稼働に必要な機器や補強品 のガザ内への輸入が拒否され、これらの最低限必要なサービスの漸進的な崩壊をもたらした。2008/2009年に行われたイスラエル軍の攻撃の間にもたら された破壊は、いくつかのサービスと設備を崩壊の危機に陥れ、すでに危機的な状況をさらに悪化させた。それからいくつか建設・修復用に必要な物品の輸入が 許されたものの、これはガザの人々のための完全に機能する水・衛生システムを復活させるには、全く十分ではない。

現在、ガザの約1万人の人々が水道施設へのアクセスがない状態で、さらに全人口の60%の人たちが水への継続的なアクセス のない状態にある。その上、2008年1月から、下水処理施設の破損、施設の改修プロジェクトが遅延していることによる処理能力の欠如、それらを稼働させ るのに必要な燃料と電気の決定的な不足により、約5千万から8千万リットルの全く未処理か部分的にしか処理されていない下水が、毎日地中海に垂れ流されて いる。

ガザの検問所は、ガザ地区の水・衛生の危機に対応するために必要な建築・修復資材の搬入を容易にするために、今すぐに開放 される必要がある。「人々の緊急な基本的ニーズと、悪化した水・衛生の分野の長期的な開発と管理の促進の両方に対する取り組みがなければ、公衆衛生とより 広範な環境は多大なリスクの下に置かれたままになる。汚染は境界線や障壁によって留まるものではないため、この地域に広がるコミュニティはガザの水・衛生 システム不全により脅かされている」とGaylard氏は述べた。

(以下署名団体)

United Nations Relief and Works Agency (UNRWA)
United Nations Children's Fund (UNICEF)
World Health Organization (WHO)
United Nations Development Fund for Women (UNIFEM)
Action Against Hunger (ACF)
Action Aid
ACSUR Las Segovias
Agency for Technical Cooperation and Development (ACTED)
American Near East Refugee Aid (ANERA)
Asamblea de Cooperacion Por la Paz (ACPP)
CARE WBG
Comitato Internazionale per lo Sviluppo dei Popoli (C.I.S.P)
Cooperazione Internazionale (COOPI)
DanChurchAid
Gruppo di Volontariato Civile (G.V.C)
I.R.F.A.NCanada
Islamic Relief Palestine
Japan International Volunteer Center (JVC)
Medical Aid for Palestinians
Mennonite Central Committee
Merlin
Movement for Peace (MPDL)
Norwegian Church Aid
Oxfam International
Paz con Dignidad (pcd)
Premiere Urgence
Save the Children Alliance
The Swedish Cooperative Centre (SCC)
War Child Holland
World Vision International

Non- AIDA Supporters:
Numerous Palestinian NGOs represented by EWASH and ICAHD


(以下英文)

Press Statement


Humanitarian organisations deeply concerned about the ongoing water and sanitation crisis in Gaza


Call for an immediate opening of Gaza's crossings


3 September 2009

The United Nations Humanitarian Coordinator for the occupied Palestinian territory (oPt) Mr Maxwell Gaylard, together with the NGO Association for International Development Agencies (AIDA), today called for full and unrestricted access for spare parts and materials critically needed to restore Gaza's water and sanitation services.

"The deterioration and breakdown of water and sanitation facilities in Gaza is compounding an already severe and protracted denial of human dignity in the Gaza Strip" stated Mr Gaylard. "At the heart of this crisis is a steep decline in standards of living for the people of Gaza, characterised by erosion of livelihoods, destruction and degradation of basic infrastructure, and a marked downturn in the delivery and quality of vital services in health, water and sanitation," added Mr Gaylard.

Under human rights law all people have the right to an adequate standard of living and the highest attainable standard of health. Both of these rights include access to sufficient quantities of safe, accessible and affordable water, as well as proper sanitation services and facilities.

As a result of the near complete closure of Gaza's crossings since June 2007, equipment and supplies needed for the construction, maintenance and operation of water and sanitation facilities have been denied entry to Gaza, leading to the gradual deterioration of these essential services. Destruction caused during the Israeli military offensive in 2008/2009 exacerbated an already critical situation, leaving some services and facilities on the brink of collapse. Whilst some essential construction and repair items have been permitted to enter since then, this is nowhere near enough to restore a fully-functioning water and sanitation system for the people of Gaza.

Currently, some 10,000 persons in Gaza remain without access to the water network and an additional 60% of the population do not have continuous access to water. Furthermore, since January 2008, due to damage to sewage treatment facilities, lack of treatment capacity due to postponed plant upgrade projects, and a critical shortage of fuel and electricity necessary to operate them, some 50-80 million litres of untreated and partially treated waste-water are being discharged daily into the Mediterranean Sea.

The crossings into Gaza need to be opened immediately in order to facilitate entry of construction and repair materials necessary to respond to the water and sanitation crisis that exists in the Gaza Strip. "Without addressing both the immediate basic needs of the population and facilitating the longer term development and management of the degraded water and sanitation sector, public health and the wider environment will remain at significant risk. Pollution does not recognise borders or barriers, and communities throughout the region are threatened by the deficiencies of Gaza' s water and sanitation system", said Mr. Gaylard.

声明 の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2018年2月 1日 更新ACBAR声明:「ACBARはジャララバードにおけるNGOへの攻撃を強く非難する」
2017年12月19日 更新モザンビーク住民によるJICA への異議申立の不当な審査手法・結果(プロサバンナ・マスタープラン策定支援事業ProSAVANA-PD)
2017年12月16日 更新AIDA声明「米国のエルサレムに関する発表に深刻な懸念を表明する」
2017年6月 5日 更新【共同声明】市民社会を抑圧する「共謀罪」法案に反対
2016年11月29日 更新南スーダンにおける自衛隊への新任務付与を見合わせ、武力によらない平和貢献を求める
2016年8月29日 更新3カ国市民社会によるプロサバンナ事業に関する共同抗議声明・公開質問 ~政府文書の公開を受けて~
2016年6月 9日 更新G7伊勢志摩サミット2016に向けたアフリカにおける食料安全保障及び栄養のためのニューアライアンスに関する声明
2016年3月29日 更新WWFモザンビークとプロサバンナ事業のパートナーシップに対する非難声明
2016年3月29日 更新プロサバンナ事業「市民社会関与プロジェクト」対する抗議声明
~抜本的な見直しに向けた要請~
2015年8月 7日 更新KOREAこどもキャンペーン
戦後70年に寄せる市民からの声明
「今こそ歴史を真摯に受けとめ、市民同士がつながり、東北アジアの平和をつくっていきましょう」
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net