アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • 声明/提言書など >
  • 国連・AIDA共同声明:国連および国際機関、学校の新年度に向けて準備が整っていないガザの教育システムへの懸念を表明
声明

国連・AIDA共同声明:国連および国際機関、学校の新年度に向けて準備が整っていないガザの教育システムへの懸念を表明

2009年8月14日 更新

6月のガザの封鎖解除に向けての声明に引き続き、人道支援団体を、NGO、国連機関は共同でガザの教育に関する懸念に関しての声明を7月28日に出し、JVCも署名しました。また、ガザ地区における子どもと教育に関わる概況についてもまとめました。


(以下和訳)

国連および国際機関、学校の新年度に向けて準備が整っていないガザの教育システムへの懸念を表明

国連人道問題調整官、パレスチナ被占領地域の国連援助機関、そして25以上のNGOで構成するAIDA(国際開発機関協会)は、今日、ガザの教育システムを修復するという特定の目的で、ガザから/ガザへの全般的かつ自由なアクセスを要求する。

23日間に及んだガザにおけるイスラエルの「鋳られた鉛」軍事作戦の間、18校の学校が完全に破壊され、280 校が損傷した。停戦から6カ月以上が過ぎ、学校の新年度が始まる1か月前にあたる今日、建設資材の不足により、これらの学校のうち一校も満足に再建・修復がなされていない。最近ガザに教科書や制服、文房具の搬入を許可する動向が見られるものの、封鎖の強要が開始されてからずっと、学生たちは、教科書や紙、制服も含む教育に必要な物品の慢性的な不足に直面している。「鋳られた鉛」(軍事作戦)以前でさえ、ガザにおいて「人間の尊厳」の危機を引き起こした2年間の封鎖により、教育システムはすでに過酷な制限を受けている。

学習権と教育権は、一人一人の子どもが自分の潜在能力を実現するために、非常に重要な子どもの基本的権利であり、地域社会と国の権利である。長年に及ぶ紛争と占領という状況において、安全な学校は、子どもとその家族にとって、平常心と希望を取り戻す欠かすことのできない手段ともなる。それらに対して比類なき困難があるにも関わらず、学校に通うことと教育を受けることはパレスチナの子どもにとって最も優先されるべき大切なことであり続けている。ガザにおける継続的封鎖はこの子どもの基本的権利を脅かし、それに伴い、これまで達成されてきた教育の顕著な発展をも脅かす。

パレスチナ被占領地域で活動している国際連合と人道支援に携わるNGO(非政府組織)は、私たちが活動している地域社会とともに、国際人道法と国際人権法が規定に従い、封鎖を終わらせるための段階を直ちに踏むことを要求する。私たちはイスラエル政府に対し、来たる週に学校のための建設物資と必需品の搬入を即刻容易にすること、また、学生と教師、教官が学習を継続するためにガザに自由に出入りできることを確約することを要求する。

教育へのアクセスを確約することはすべての政府の義務であり、その重要性は世界人権宣言から子どもの権利条約に至るこれまでの合意によって宣言されている。教育はまた、すべての開発の中心であり、平等と尊厳と継続的平和のための必要不可欠な前提条件である。未来は子どもたちと若者の世代にかかっており、そして未来は、彼らが現在享受する教育の質に深く根をおろしている。

(以下英文)

Press Statement

UN and International Agencies Fear Gaza Educational System Unprepared for new school year

Call for immediate opening of Gaza's borders

28 July 2009

The UN Humanitarian Coordinator, representing UN aid agencies in the occupied Palestinian territory (oPt), and the Association of International Development Agencies (AIDA), represented by at least 25 NGOs, today demand full and unfettered access into and out of Gaza in particular to restore the Gazan educational system.

During the 23 days of Israel's operation "Cast Lead" in Gaza, 18 schools were completely destroyed and at least 280 were damaged. Today, one month before the start of the new school year, more than six months after the ceasefires, none of these schools have been properly rebuilt or rehabilitated due to lack of construction materials. Since the imposition of the blockade, students have faced chronic shortages of educational supplies including textbooks, paper and uniforms, though we acknowledge the recent moves to allow textbooks, uniforms, and stationary into Gaza. These are welcome first steps. However, the quantities, kinds and predictability of goods being permitted into Gaza are still far below what is required for normal life. Even prior to "Cast Lead" the education system was already under severe duress due to the two year blockade that has caused a crisis of "human dignity" in Gaza.

The right to learn and be educated is a fundamental child right that is uniquely central to every child's ability to realize his or her potential - and by extension, that of their communities and countries. In the context of protracted conflict and occupation, safe schools also offer an unparalleled means of restoring a sense of normalcy and hope for children and their families. Despite the extraordinary odds stacked against them, going to school and becoming educated remains the single most cherished priority among Palestinian children. The continuing blockade on Gaza jeopardizes this fundamental child right, along with the remarkable progress in education that has been achieved thus far.

"The blockade has caused untold suffering to children in Gaza, who face another academic year in terrible conditions", said Philippe Lazzarini, acting Humanitarian Coordinator of oPt.

Together with the communities we serve, the United Nations and non-governmental humanitarian organizations working in oPt collectively call for immediate steps to end the blockade, as is required by international humanitarian and human rights law. We call on the Government of Israel to urgently facilitate entry of construction materials and supplies for schools in the coming weeks, and to ensure that students, teachers and trainers can freely exit and enter Gaza to continue learning.

Ensuring access to education is an obligation of all governments, its primacy proclaimed by agreements ranging from the Universal Declaration of Human Rights to the Convention on the Rights of the Child. Education is also the heart of all development and the essential prerequisite for equality, dignity, and lasting peace. The future belongs to this generation of children and adolescents, and that future is inextricably rooted in the quality of education that they receive today.

For further information, please contact:
Ms. Marixie Mercado, Chief Communications, UNICEF-occupied Palestinian territory. Mobile: +972-0-54 778 7604, e-mail: mmercado@unicef.org
Mr. Chris Gunness, Spokesperson, UNRWA. Telephone: +972-2-5890267, Mobile:+972-054-240-2659, e-mail: cgunness@unrwa.org
Ms. Allegra Pacheco, Head of Advocacy Unit, OCHA. Mobile: +-972-054 3311 806, e-mail: pacheco6@un.org
Mr. Jerry Farrell, Country Director, Save the Children Alliance, mobile:+-972-0-54 313 4280, e- mail: farrell.jerry@gmail.com
Mr. Osama Damo, Documentation and Communication Officer, Save the Children Alliance, mobile: +972-0-598-705-883, e-mail: odamo@scuk.org.ps

声明 の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2018年2月 1日 更新ACBAR声明:「ACBARはジャララバードにおけるNGOへの攻撃を強く非難する」
2017年12月19日 更新モザンビーク住民によるJICA への異議申立の不当な審査手法・結果(プロサバンナ・マスタープラン策定支援事業ProSAVANA-PD)
2017年12月16日 更新AIDA声明「米国のエルサレムに関する発表に深刻な懸念を表明する」
2017年6月 5日 更新【共同声明】市民社会を抑圧する「共謀罪」法案に反対
2016年11月29日 更新南スーダンにおける自衛隊への新任務付与を見合わせ、武力によらない平和貢献を求める
2016年8月29日 更新3カ国市民社会によるプロサバンナ事業に関する共同抗議声明・公開質問 ~政府文書の公開を受けて~
2016年6月 9日 更新G7伊勢志摩サミット2016に向けたアフリカにおける食料安全保障及び栄養のためのニューアライアンスに関する声明
2016年3月29日 更新WWFモザンビークとプロサバンナ事業のパートナーシップに対する非難声明
2016年3月29日 更新プロサバンナ事業「市民社会関与プロジェクト」対する抗議声明
~抜本的な見直しに向けた要請~
2015年8月 7日 更新KOREAこどもキャンペーン
戦後70年に寄せる市民からの声明
「今こそ歴史を真摯に受けとめ、市民同士がつながり、東北アジアの平和をつくっていきましょう」
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net