アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
声明

人道団体、NGO、国連機関による声明 

2009年6月23日 更新

38団体がガザの封鎖解除に向けての声明を出し、JVCも署名しました。

「ガザ封鎖から2周年を迎えて」

エルサレム、2009年6月17日

我々、国際連合と人道NGOは、これまで2年にわたりイスラエルが行ってきたガザの継続的封鎖に対し、深い懸念を表明する。
これら無差別の制裁は、ガザの150万の全ての人々に影響を与えており、一般の女性や子ども、高齢者が誰よりも被害を受けている。

封鎖下のガザへの持ち込みが許されている物流量は、封鎖以前の量に比べて四分の 一である。10台のうち8台のトラックが食料を積んでいるが、それはさらにわずか18の食品に制限されている。苗木や子牛などは許されておらず、よってガ ザの農民は栄養不足を補うことができない。服や靴、おもちゃや教科書ですら、常に決まって禁止されている。

さらに、窒息状態にあるガザ経済は前例がないほどの失業率、貧困率、そしてほぼ完全な支援への依存を生み出している。ガザの人々が人道支援によって生かされているとはいえ、一般の市民は辛うじて生活するだけで全ての生活の質を失っている。
最近のイスラエルによる軍事作戦の影響は、早期修復に必要な資材のガザへの持ち込みが妨げられているために、広範囲に及んだままである。数千人の人々が、壁に穴が開き、窓が割れ、また水道水がない状態で生活している。

我々は、国際協定に基づき、また全世界的に認められている国際人権法と国際人道法の基準に基づき、全ての人道支援に関する自由で制約されないアクセスを求める。また我々は、貧困率と失業率の低下が可能になるよう、貿易が正常の状態に戻されることを求める。

ガザの封鎖は、人々の間で絶望感を深くするに過ぎず、喪失の空気をガザに作り出している。ガザの人々は、代わりとなる希望と尊厳を示されることを必要としている。人間開発と繁栄を可能にし、定着させることは、持続する和平をつくるために不可欠な第一歩である。

(以下、署名団体)

Action Against Hunger
Acted
Acsur-Las Segovias
American Friends of UNRWA
American Near East Refugee Aid
Asamblea de Cooperacion Por la Paz
Austcare
Biladi
CARE International West Bank and Gaza.
Centre on Housing Rights and Evictions
DanChurchAid
Defense for Children International
Enfants du Monde-Droits de l'Homme
International Relief Fund for the Afflicted and Needy - Canada
Japan International Volunteer Centre
Life Source
Medecins du Monde France
Medecins du Monde Spain
Medecins du Monde Switzerland
Medical Aid for Palestinians
Movement for Peace
Mujeres por la Paz y Accion Solidaria de Palestina
Norwegian People's Aid
Norwegian Refugee Council
Office of the High Commissioner for Human Rights
Oxfam International
Paz Ahora
Peace and Solidarity Haydee Santamaria, Cultural Asociation
Premiere Urgence
Relief International
Spanish Committee of UNHCR
Spanish Committee of UNRWA
Swedish Organization for Individual Relief
Terre des Hommes Italy
United Nations Development Fund for Women
United Nations Relief and Works Agency
War Child Holland
World Vision International



(以下原文)

Statement by Humanitarian Organisations, NGOs and UN Organisations
On the Second Anniversary of the Gaza Blockade

Jerusalem, 17 June, 2009:
We, United Nations and non-governmental humanitarian organisations, express deepening concern over Israel's continued blockade of the Gaza Strip which has now been in force for two years. These indiscriminate sanctions are affecting the entire

1.5 million population of Gaza and ordinary women, children and the elderly are the first victims.

The amount of goods allowed into Gaza under the blockade is one quarter of the pre- blockade flow. Eight out of every ten truckloads contains food but even that is restricted to a mere 18 food items. Seedlings and calves are not allowed so Gaza's farmers cannot make up the nutritional shortfall. Even clothes and shoes, toys and school books are routinely prohibited.

Furthermore the suffocation of Gaza's economy has led to unprecedented unemployment and poverty rates and almost total aid dependency. While Gazans are being kept alive through humanitarian aid, ordinary civilians have lost all quality of life as they fight to survive.

The consequences of Israel's recent military operation remain widespread as early recovery materials have been prevented from entering Gaza. Thousands of people are living with holes in their walls, broken windows and no running water.
We call for free and uninhibited access for all humanitarian

assistance in accordance with the international agreements and in accordance with universally recognised international human rights and humanitarian law standards. We also call for a return to normalized trade to enable the poverty and unemployment rates to decrease.

The blockade of the Gaza Strip is creating an atmosphere of deprivation in Gaza that can only deepen the sense of hopelessness and despair among people. The people of Gaza need to be shown an alternative of hope and dignity. Allowing human development and prosperity to take hold is an essential first step towards the establishment of lasting peace.

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net