チケット1枚の国際協力

JVC合唱団とは

2016choir01

2018年の演目はヘンデル『メサイア』。JVC国際協力コンサートは、この『メサイア』とともに1989年にうまれました。

設立者のバスカビルは『メサイア』を、このコンサートの演目にした理由を「ヘンデルの『メサイア』は、ヨーロッパで創作されてイエス・キリストを主人公にした物語でありながら世界各地で楽しまれている、国際的かつ普遍的な作品です。『メサイア』の主題である「苦悩と希望」は、抑圧や飢餓や戦争や津波を経験した今日の人々の状況とそれらへのJVCの活動を反映しています」(JVC会報誌Trial&Error No.305)と、説明しています。今年30年目、そしてフィナーレを迎える本公演で、集大成となる『メサイア』を演奏します。

2017年の参加者は約160名、うち、新規団員の参加が60名超でした。『メサイア』を歌いたい、という希望者が多く、『メサイア』の年は新規の方が多くなります。今年は、その『メサイア』を、オランダからお招きするヨス・ファン・フェルトホーフェン氏の指揮で歌います。古楽界の巨匠フェルトホーフェン氏の指揮で歌える貴重な機会です。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

お問い合わせ

お名前

Emailアドレス

お問い合せ内容

PAGETOP
Copyright © JVCコンサート事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.