REPORT

パレスチナ ガザ

【ガザ】粉ミルクと現金給付支援を進めています

10月7日の戦闘開始以降、ガザの状況はひどくなるばかりです。

JVCはできる限りのネットワークを駆使し、停戦のための政策提言活動を続けていますが、残念ながら未だに戦闘が続いています。

現在、ガザ最南部のラファにはガザ各地から避難民が押し寄せており、もとの人口30万人弱に対して、ガザ全人口の7割にも及ぶ150万人が滞在していると言われています。

そのラファに対してイスラエル側から激しい攻撃が行われており、ガザ各地からラファに命からがら避難してきた人びとは再度、北側への避難を余儀なくされるという信じがたい状況です。避難の途中や避難先でも、空爆や砲撃、狙撃などが繰り広げられています。

米国、カタール、エジプトなどが停戦に向けて調停を試みていますが、一方で米国はヨーロッパの主要国などとともにイスラエルに武器や戦車・戦闘機などの供与を続けています。

ガザ緊急支援進捗報告

1992年からパレスチナ、2002年からガザで支援活動を続けてきた私たちは、これまでの繋がりを生かして、現在3つの緊急支援活動を試みています。

ガザの情勢悪化や通信状態の悪さによりスムーズにいかない部分が多い中で、2つの支援活動について動きがあったので、今日はその最新の状況をご報告したいと思います。

※3/6:皆様からいただいた質問について補足しました!

パレスチナ医療救援協会(PMRS)との粉ミルク支援

JVCは、東エルサレムで10年以上活動をともにしてきたパレスチナ医療救援協会(PMRS)とともに、当初は救急セットや医薬品などの支援を予定していました。

しかしながら刻々と変わる状況の中、それらはJVC以外のサポートで一定程度カバーできる見込みが立ったため、まだどこもカバーしきれていない「乳児用の粉ミルク」の支援を検討できないかという相談を受けました。

この状況を受け、JVCは支援内容を粉ミルクに変更し、現在その調達までコマを進めることができています。

783e69e8bfdbc5dba3089a03f7bbc6ee-1708594577.jpg

(調達した粉ミルク缶)

もともとJVCがガザ地区で続けてきた活動は、子どもの栄養失調予防と改善支援です。

そのこともあって、現在の想像を絶する環境下で日々を凌ぐ子どもたちとそのお母さん達のことがずっと気がかりでもありました。

極度のストレスが続いていること、睡眠をとれないことで母乳が出にくくなっている母親も多く、粉ミルクの需要が高まり続けているのと同時に、粉ミルクの価格が高騰しています。少しでもガザのお母さんの力になれるならと、この緊急支援活動を進めています。

0c8edc076d7e8bca5f77bc7140a7e822-1708594785.jpg

(ガザでの支援活動の様子/2021年)

2/21現在、粉ミルクをどこからガザに入れるか、最適な方法をパレスチナ医療救援協会(PMRS)とともに探っています。

また情報をアップデートいたします。

アルデルインサーン(AEI)との現金(モバイルマネー)給付支援

ガザで長年活動をともにしてきた現地NGO・アルデルインサーン(AEI)とは、食料などの物資不足に加え、物価が激しく高騰する状況を受け、現金(モバイルマネー)給付の支援を進めてきました。

アルデルインサーン(AEI)のスタッフ自身がほぼ全員避難民である状況や、戦火の中での銀行とのやりとりの難しさなどもあり、実際の給付まで時間を要しましたが、エジプトに退避できたスタッフと連携をとりながら、給付まであと一歩のところまで来ています。

こちらももう少しで、ガザの人びとに支援を届けることができそうです。動きがあり次第、また更新いたします。

緊急支援にご協力ください

10月以降、エルサレムに駐在するJVCパレスチナ事業の木村万里子、大澤みずほ、現地スタッフのアヤット・ヤグムールは各所と連携し、何とかガザの中に支援を届けるべく奔走しています。

ガザは、現実のものとは思えない程の状況です。しかしながらこれが現実で、この惨状の中、何とか命を繋いでいる人びとが大勢います。

資金があれば、今予定している緊急支援活動を拡大したり、新たな活動を検討したりすることが可能となります。

JVCは引き続き、ガザ緊急支援のための資金を募っています。どうか皆様の温かいお気持ちをお寄せください。ガザ緊急支援にご協力をお願いいたします。

*ご寄付はゆうちょ銀行へのお振込みでも受け付けております。   

 口座番号: 00190-9-27495
 加入者名: JVC東京事務所
 ※通信欄に「パレスチナ・ガザ緊急支援」とご記入ください。
 (手数料のご負担をお願いしております。)

*緊急支援以降も継続してパレスチナ事業を応援いただける方は、ぜひマンスリー募金をご検討ください。

Tポイントのご寄付はこちらから
*古本・不要品を通じてのご寄付はこちらから

支援活動に関する問い合わせ先

特定非営利活動法人日本国際ボランティアセンター(JVC)
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F
電話:03‐3834-2388  FAX:03-3835-0519
メール:info@ngo-jvc.net (担当:小林)

ご寄付の10%は管理費に充てさせていただきます。

一覧に戻る

関連記事

【ガザ】現金給付支援を受け取った人びとの声②

【ガザ】現金給付支援が現地に届き始めました

【ガザ】買って応援、参加して応援できる先一覧

戦闘勃発から一年 スーダンの現地の声を聞く