日本国際ボランティアセンター
(JVC)公式サイト
HOME > イベント情報 > 南スーダンの現地情勢と自衛隊派遣を考える
南スーダンの現地情勢と自衛隊派遣を考える
2017年1月10日 更新
2017年1月26日18:30- 開催

北海道札幌市で開催されるイベントに、JVC今井が登壇します。

【以下主催者広報文】

イベントチラシ(PDF)

内戦に揺れる南スーダンでは、250万人もの人が国内外で避難民になる事態となっています。日本政府は、安保法制の成立に基づき、今年11月から南スーダンのPKOに派遣する自衛隊の部隊に「駆けつけ警護」等の新任務を付与しましたが、実際の現地情勢はどうなっているのでしょうか?

今年7月の首都ジュバでの戦闘激化以降、NGOとして唯一現地入りし、緊急支援活動に取り組んでいる日本国際ボランティアセンター(JVC)スーダン事務所現地代表の今井高樹さんをお迎えし、南スーダンの実際の状況はどうなっているのか、そして、自衛隊のPKO派遣や「駆けつけ警護」等の活動が現地から見てどのように映るのか、お話していただきます。

貴重な機会ですので、皆さまぜひご参加ください。

日時 2017年1月26日 (木) 18:30〜20:30
会場 札幌市民ホール 第一会議室
住所:札幌市中央区北1西1 (会場への地図)
電話:011-252-3700
アクセスJR札幌駅から徒歩約15分、東西線大通駅・南北線大通駅・東豊線大通駅にて下車、31番出口正面
登壇者
プロフィール
今井高樹(日本国際ボランティアセンター(JVC)スーダン事務所現地代表)
北海道大学文学部卒。会社員生活のかたわらJVCの活動にボランティアとして関わる。2004年に会社を退職、アメリカの公立小学校にインターンとして勤務したのち、2007年5月よりJVCスーダン現地代表となる。以降スーダン南部自治領(現南スーダン)のジュバに3 年にわたり駐在。2010年よりスーダン(北部)の南コルドファン州に移動、2011年6月の紛争勃発後から現在は首都ハルツームに駐在。2016年9月、11月と南スーダン・首都ジュバでの緊急支援活動を担当。
参加費 500円(学生および北海道NGOネットワーク協議会会員団体は無料)
主催北海道NGOネットワーク協議会
協力NGO非戦ネット・北海道有志の会
申し込み/
問い合わせ先
北海道NGOネットワーク協議会事務局・岡田
電話:011−211−5028
メインメニュー
お知らせ・募集 (10/19更新)
イベント情報 (10/12更新)
ツイッターfacebookもやってます。リツイートやいいねボタンをクリック!
ページトップへ