アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
下町にアフリカがやってきた!Part.1

南アフリカ人セリーナ&ドゥドゥのパップ教室

2011年1月11日 更新

南アフリカ人のセリーナさんとドゥドゥさんを講師に迎え、料理教室を開催します!作る料理は"パップ"です!

【パップとは?】
トウモロコシの粉に水を加えて炊き上げる、南アフリカの伝統的な主食です。モチモチとした食感で、いろんなおかずとよく合います。今回は、2種類のおかずをご用意します。

お食事のあとは、セリーナさん、ドゥドゥさんと交流する時間をたっぷりご用意しました。日本語通訳がつきますので、英語やペディ語ができなくても大丈夫。めったにない機会です、いろいろなことを聞いてみてください。

【おみやげ:おかずのレシピ】
日本の食材で作ることのできるものですので、ご家庭でも南アフリカの味をお楽しみいただけます。

日時 2011年1月23日 (日) 12:00~14:00 (11:45開場)
会場 日本国際ボランティアセンター(JVC)東京事務所
アクセス・JR上野駅・東京メトロ上野駅より徒歩7分 ・JR御徒町駅・東京メトロ仲御徒町駅・都営地下鉄上野御徒町駅より徒歩5分
講師 ■セリーナ・ムラバ HIV陽性者グループリーダー。南アフリカリンポポ州カプリコーン郡に、2人の子ども、両親らと在住。長男妊娠の際の検査でHIV感染を知る。その後地域のHIV陽性者グループに関わり、JVCが実施する菜園づくりやエイズ治療の研修に参加。現在、HIV陽性者グループと菜園活動においてリーダーを務め、菜園づくりの方法やHIV/エイズに関する情報を地域の人に伝え、サポートする活動をしている。 ■ドゥドゥジレ・ンカビンデ JVC南アフリカ事務所のスタッフ。南アフリカはノースウエスト州の農村で生まれ育ち、高校卒業後、ジョハネスバーグ市近郊にある旧黒人居住地区ソウェトで暮らし始める。JVCにはかれこれ11年勤務。現在は、HIV/エイズ陽性者支援事業やソウェトでの有機農業普及事業でコーディネーターとして活躍。 これまでゴスペルコンサート出演等のために3回来日経験あり。南アの公用語11言語のうち9~10言語を話すことができる。
料金 ・一般 900円 ・JVC会員・マンスリー募金者 500円 ・12歳以下無料
定員20名
主催(特活)日本国際ボランティアセンター(JVC) アフリカボランティアチーム *アフリカボランティアチームは、JVCのアフリカ事業をサポートする組織です*
その他持ち物:三角巾、エプロンをお持ちください。
申し込み/
問い合わせ先
・お申し込みは、こちらのホームページからお願いいたします。 ・電話、メール、ファックスでのお申し込みも受け付けております。下記の参加申し込みフォームの内容を、以下の連絡先までお伝え下さい。 【お申込みフォーム】 JVC「南アフリカ人セリーナ&ドゥドゥのパップ教室」お申し込み 1.お名前(ふりがな): 2.ご所属(会社・団体・学校など): 3.TEL: 4.E-mail: 5.JVC会員 / マンスリー募金者 / どちらでもない 6.セリーナさん&ドゥドゥさんに聞いてみたいこと: 【連絡先】 (特活)日本国際ボランティアセンター(JVC) 〒110-8605 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル6階 ・電話:03-3834-2388(担当:渡辺) ・FAX:03-3835-0519 ・メール:nabekama@ngo-jvc.net
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net