REPORT

パレスチナ

世界保健デーによせて

本日、4月7日は世界保健デーです。世界保健デーは世界保健機関(WHO)によって定められ、保健に関する重要性の高いテーマに、世界規模の注意を喚起する機会とされています。

今回は、JVCと現地パートナー団体がパレスチナのガザ地区で展開する保健関係の事業を紹介する動画を2つ紹介します。

子どもの健康を取り戻すことができたお母さんからの喜びのメッセージ



e栄養不足により骨や歯がうまく成長せず、元気のなかった娘のハナちゃんを心配していたお母さん。JVCとパートナー団体の栄養改善の活動を通じたお子さんの経過を語ってくれました。

保健師とボランティアさんによる家庭訪問と講習


現地パートナー団体AEIの保健師ラナさん。活動にかける思いや、母として感じる仕事へのやりがいについて語ります。
ラナさんとJVCの活動については、こちらのインタビュー記事でも詳しく紹介しています。
【コロナ禍のガザで~女性保健師からのメッセージ~】
彼女の力強いメッセージを、ぜひお読みください。

0fb71c88a917f3e539aa658d99c5a4f3-1669684409.png

一覧に戻る

関連記事

小中学生の皆さんとパレスチナ刺繍をしました!@津田...

和平の兆しと挫折・・・ パレスチナ事業30周年特設...

8月5日に発生したガザ攻撃について