アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • イベント情報

イベント情報

JVCのイベント情報を掲載しています。Googleカレンダー形式でも公開しています。

イベントチラシイベントチラシ

「パレスチナってどんなところ? 行けるの?」

そんな疑問にお答えすべく、この夏パレスチナに渡航したJVCのインターン・ボランティアの4名による渡航報告会を開催いたします。それぞれが見てきた現地の魅力、滞在中に感じたことなどをたっぷり語り尽くします。

また当日は、パレスチナで親しまれているお菓子、クナーファもご用意いたします。クナーファとは、伝統的なアラブのスイーツ。小麦粉からできた細麺をチーズと一緒に焼いたもので、甘い味付けがされています。同じくパレスチナでの定番、ミントティーと一緒にお楽しみください。

現地の女性たちが作った手刺繍雑貨等の販売もいたします。楽しみながら、パレスチナのことを考えるきっかけにしていただければ嬉しいです!

日時 2019年12月13日 (金) 19:00~21:00
20191210-cambodia-insect-eat-2.jpg

JVCカンボジア事業・現地代表の大村が一時帰国中です。今回はカンボジアで「コオロギクッキー」を購入してきたところ、各地で大好評!(カンボジアではコオロギをはじめとする昆虫食が盛んです)

というわけで、12月10日(火)夜、昆虫料理研究の大御所・内山昭一先生をお招きして、「美味しい虫の話」をお伺いし、一緒に昆虫食にちょっと挑戦!する機会をもうけたいと思います。「昆虫を初めて食べる人」限定のイベントにしようと思っていたのですが、日にちも迫っているので、昆虫食が大好きな経験者も歓迎します。ぜひご参加ください。

※このイベントの費用を抜いた金額は、内山先生と会場提供の小田急電鉄株式会社さんのご厚意により、JVCカンボジア事業のため池掘削費用に充てられます。

メニュー案(変更の場合があります)

  • 美味しいコオロギペースト(withフランスパンかクラッカー)
  • お好きなトッピング(ローストコオロギ、ハチの子バター炒め、イナゴ佃煮)
  • トノサマバッタかアゲハのフン茶

カンボジアのコオロギクッキー(ココア味)や、聖地と呼ばれる山でとれたハチミツ、内山先生の書籍(サイン入り)の物販もありますのでお楽しみに!

日時 2019年12月10日 (火) 19:30~21:00

12月8日(日)に開催される国際有機農業映画祭内のトークイベント 「野良語り 足もとの明日」に、JVC理事の天明伸浩さんが登壇します。当日は5作品が上映され、 会場内では有機農作物・加工品などもお買い求めいただけます。

【以下、主催者広報文より】

国際有機農業映画祭とは

イベントチラシ(PDF)

有機農業や自然環境などに関心をもち、取り組んでいる個人が集まり、運営委員会を構成して活動しています。非営利の市民グループで、全員ボランティアです。今回を含め延べ113作品を上映しています。そのうち40作品は日本初公開の作品で、そのほとんどを自前で字幕制作を行っています。

2006年、遺伝子組み換えを多面的に扱ったドキュメンタリー映画『食の未来』(原題〝Future of Food")の日本語吹替版制作を担った人々が、有機農業をテーマとした映画祭の開催を呼びかけました。 この呼びかけに、有機農家、有機農業団体関係者、反農薬運動関係者、ジャーナリスト、編集者、学生などが集まり、開催に向けて運営委員会を作りました。

2007年11月に第1回映画祭を開催して以降、毎年秋に開催してきました。農作業が一段落した秋に開催することで、多くの農家や農業関係者に参加して欲しいという期待を込めて開催時期を「秋」としています。毎年、多くの有機農家や、有機農家で実習している若い人たちが参加しています。

国際有機農業映画祭は単に有機農業や食の安全といった問題にとどまらず、自然と人との関係の在り方やそれを支える価値観、社会のつくり方といったところまで視野を広げ、"思想としての有機農業"を考える構成をめざしています。

国際有機農業映画祭の活動がきっかけとなり、国内でも各地で同様の映画祭が開催されるなど、上映活動の輪は大きく広がっています。また、上映作品も国内だけでなくアジア、アフリカ、中東、ヨーロッパ、南北アメリカにまで目を広げ、運営委員会で翻訳・字幕の制作を手掛けるなどの努力を積み重ねてきました。

東日本震災と福島原発事故のあった3・11後には、福島を舞台に原発を生みだした現代社会の矛盾を有機農業という営みをもとに考える自主製作映画『それでも種をまく』を制作し、英語、中国語、タイ語、ベトナム語、ドイツ語、フランス語、スウェーデン語版を制作し、ウェブで公開しました。

上映作品:
  • 黄金の魚 アフリカの魚
  • ブルキナの恵み Brukinabe Bounty
  • 肉を食べてはいけないの?
  • 大地と生きる
  • それでも種をまく +その後

野良語り
『足もとの明日』
●天明伸浩さん:星の谷ファーム
●明石誠一さん:明石農園

詳細:公式HPhttp://www.yuki-eiga.com/
日時

2019年12月 8日 (日) 15:00~16:00

(トークイベントの時間。映画祭自体は9:30開場~18:35)

社会的なテーマに気軽に出会える場を創る「ソーシャルスタンド」主催の伊勢崎賢治さんとのトークイベントに、パレスチナ事業担当の大澤が登壇します。ぜひご参加ください。

【以下主催者広報文】

ソーシャルスタンドのJazzトークライブは、ジャズトランペッターであり外語大教授の伊勢崎賢治さんとゲストのトークセッションと、ジャズセッションを楽しむイベントです。

今回のゲストは、日本国際ボランティアセンター(JVC)のパレスチナ事業部の大澤さんです。JVCでは、パレスチナにおいて、「青少年のレジリエンスと地域保健の向上(エルサレム)」「子どもの栄養改善支援(ガザ地区)」「アドボカシー・政策提言」活動を行っています。

トークテーマは「平和をどうつくる?-パレスチナの状況から考える-」

イベントでは、
-------------------------------------
・パレスチナで起こっていることは何か?今の状況は?

・パレスチナで起こっていることと世界で同様に起こっていることの共通点は何か?

・パレスチナを含め、どのように平和に近づけることが出来るのか?
-------------------------------------
を一緒に考えていきます。

日時 2019年12月 7日 (土) 19:00~21:00 (18:30開場)

JVCが構成団体のひとつになっている「KOREAこどもキャンペーン」関連のイベントが開催されます。日韓・日朝関係における関係が冷え込む中、草の根の平和交流「日朝大学生交流」に参加した大学生と、昨年・今年と2回交流に同行したジャーナリスト・堀潤さんが登壇します。お申し込み不要・入場無料です。ぜひお越しください。

イベントチラシ

【以下、主催者広報文】
同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科では、連続セミナー「グローバル・ジャスティス」を開催しております。このセミナーは、現代世界が直面するさまざまな課題における「ジャスティス」の問題を、講師が自らの視点で語り、ジャスティス(正義)という言葉のもつ多義性や問題性もふくめて、多様な議論の場として提供していくものです。

第64回目の今回は元NHKアナウンサーで、現在はNPO法人「8bitNews」代表を務める堀 潤 氏を講師に招き、「堀潤さんと語る-若者が手当てする日朝の「分断」-」を開催します。入場無料、申し込み不要となっておりますので、ぜひ告知、取材いただけましたら幸いです。

現在世の中に横たわる多くの「分断」。昨今冷え込んでいる日本と朝鮮半島の関係。日本と朝鮮民主主義人民共和国における分断、そしてそれを手当てする若者の姿を取材した堀潤さんにお話しいただきます。また、2人の同志社大学生は、東アジアの平和について考え、活動しようと、今夏、NGO「KOREAこどもキャンペーン」のプログラム「日朝大学生交流」に参加し、堀さんらと訪朝して平壌の大学生と交流しました。学生たちが、何を見て、何を語り、何を感じたのか、堀さんとともに報告します。平和を考え、行動する重要性を、ともに議論できる場にしたいと思います。

日時 2019年12月 6日 (金) 17:00~19:00

12月上旬、カンボジア事業では朝日新聞社の協力のもと、「A-port」を通じて、クラウドファンディングを実施予定です。12月2日に開かれるイベントで、カンボジア現地代表の大村がパネルディスカッションに登壇し、SDGsについて、また今回のクラウドファンディングについてお話します。

【以下、主催者広報文】

社会全体でSDGs達成に向けて取り組みを加速させることを目的に、トークイベント「コモンズ投信・渋澤健×ジャーナリスト・堀潤 対談~私たちに何ができる?皆で考えるはじめてのSDGs~」を実施します。

前半では投資による顧客への経済的リターンと、社会課題の解決の両立を目指している、コモンズ投信株式会社 取締役会長 兼 ESG最高責任者であり、日本の資本主義の父・渋沢栄一氏の5代目子孫である渋澤健氏と、元NHKアナウンサーで、現在はジャーナリストとして国内外で活躍する堀潤氏が、マクロな視点からSDGsを取り巻く課題と展望について対談します。

堀氏には、シリア、パレスチナ、朝鮮半島、日本の福島や沖縄など、数々の"分断"が発生している場所を5年の歳月をかけて取材し、監督まで務めたドキュメンタリー映画「わたしは分断を許さない」もご紹介いただく予定です。

後半は、SDGsの課題を私たち一人一人がどのようなアクションを起こすことで達成するのか、実際にクラウドファンディング「A-port」で資金調達に成功したNPO団体代表と渋澤健氏、堀潤氏の鼎談を行います。

日時 2019年12月 2日 (月) 19:00~21:30 (18:00開場)

11月30日に開催される、食について語り合うイベントに、JVCから地域開発グループマネージャーの渡辺が登壇します。

【以下、主催者広報文】

キッチンの窓を開けて Vol.2イベントチラシ

食べ物のこれからがかなり心配。それ以外にも、不安になるようなことがたくさん。体にいいものをきちんと食べて地に足つけて生きて行こうと思っても、こんな気持ちを抱えなくちゃいけないとしたら・・・このストレス、体に悪いよなあ、って思う日々です。みなさんはどうですか?

みんながそれぞれのキッチンで別々に心配や怒りを抱えて、なんとなくそれを話しにくい、っていうのでは、力が削がれちゃう。いろんな思いを話せたらいいなあ、と思いたちました。

遺伝子組み換え食品や除草剤、農薬や種子の問題など少し勉強もして、繁がって、清々と悠々と乗り越えられるように、おやつでも食べながらリラックスしておしゃべりする一緒の時間を持ちませんか?

私たち自身が <食べて生きていく> 一番の当事者。もっとおおらかに、心配なことや考えていることをお互いに話したい、そんな思いで企画しました。気軽にいらしてください。

日時 2019年11月30日 (土) 13:00~15:30 (12:30開場)

暮らしの基盤である村の自然を、急速な開発によって破壊されて困窮する農村住民を支援するJVCの活動を、スタッフとともに実際に活動地を訪れて体験するツアー。個人では訪れることのきわめて難しいラオス中南部の農村の自然と暮らしをあわせて感じていただきます。

詳細はこちらをご覧ください。

日時

2019年11月24日 (日)~2019年11月29日 (金)

イベントチラシ(PDF)イベントチラシ(PDF)

アフガニスタンからJVCのパートナー団体、YVOの代表サビルラさんが来日し、沖縄で講演を行います。

【以下、広報文より】

サビルラ氏は戦乱のアフガニスタンに生まれ、難民となり「力がモノを言う」環境に育ち武力へ傾倒していた。
後にJVC 職員となり、医療支援を行っていた村への米軍の誤爆に対する抗議の話し合 いなどの活動を通じて、武力によらない物事の解決方法に気づき始めた。「まずは身近なと ころから」と子ども向けモデルガンの廃止や家庭・地域レベルでの平和交流に取り組む。
2019 年4 月より、JVC アフガニスタン事務所がJVC から独立して現地団体となった"YVO"の代表となる。米軍の駐留が続く紛争下、武器や暴力が蔓延する地域で推進し ている平和教育の活動についてお伝えする。

※NPO 法人日本国際ボランティアセンター は、2018 年度第9回沖縄平和賞受賞団体で、アフガニスタンでは現地パートナーYVO と活動しています。

日時 2019年11月23日 (土) 14:30~16:30 (14:00開場)
イベントチラシ(PDF)イベントチラシ(PDF)

アフガニスタンからJVCのパートナー団体、「Your Voice Organization(YVO)」の代表サビルラさんが来日し、沖縄キリスト教学院での公開講座に登壇します。

【以下主催者広報文】

⽇本国際ボランティアセンター(以下、JVC)は東京に本部を置き、世界1 1 か国で活動を⾏うNGO( ⾮政府組織) です。2019年に、沖縄県平和賞を受賞したことにより、本講演に繋がっております。
今回はアフガニスタンよりJVCの活動とつながる⽅を招聘し沖縄県内にて講演を⾏いますので、是⾮ご参加ください。本講演ではJVCおよびアフガニスタンでの様⼦や活動のご報告を致します。

日時 2019年11月22日 (金) 18:00~19:30
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net