アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • イベント情報

イベント情報

JVCのイベント情報を掲載しています。Googleカレンダー形式でも公開しています。

2019年9月、台風上陸とそれに前後する集中豪雨の影響により、ラオスは大規模な洪水に見舞われました。ラオス政府の発表によれば、この洪水によって6県44郡、約765,000人が被害に遭い、およそ195,000人が移転を余儀なくされました。JVCの活動地であるラオス中南部サワンナケート県の村も大きな被害を受け、JVCは緊急救援とその後の生活再建に向けた支援を実施してきました。被災した村人は「ダムが壊れたと思った」と口を揃えます。洪水の背景には、近年経済成長を続けるラオスのダム建設を中心とした開発政策の影響が見え隠れしています。

JVCラオスは2018年から住民主体の自然資源の管理・利用と農業技術の向上を支援する3年間のプロジェクトに取り組んでいます。今回、現地事務所代表の岩田健一郎が、折返しを迎えたプロジェクトの1年間の活動を報告するとともに、洪水後の苦しい生活を何とか乗り越えようとしている村人の今とラオス農村部の現状をお伝えします。

当日、ラオスの民芸品を販売いたします。なかなか手に入らないものです。支援にも繋がりますのでこの機会にぜひご購入・ご協力ください。

日時 2020年3月18日 (水) 19:30~21:00

新型コロナウィルスの状況に鑑み、たいへん残念ではありますが、中止とさせていただきます。参加をご予定してくださった皆様、関係者のみなさまにお詫び申し上げます。
★お願い★ 主催者側からのお知らせが届かない方もおり、当日ご来場される方がいるかもしれません。みなさま からも中止のお知らせを拡散していただけますよう、お願いいたします。

3月に東京・福島で開催される国際シンポジウム『3・11から9年 どう伝える? 原発事故のこと』に協賛として参加します。ぜひお越しください。

【以下、主催者広報文】

イベントチラシ(PDF)イベントチラシ(PDF)

東京電力・福島第一原発事故から9年、オリンピック目前の3.11を迎えようとしています。原発事故は収束しておらず、被害は深刻です。

原発事故の現状を見える化し、どのように次世代に伝えていくか。私たちに問われている課題について、当事者や国際ゲストとともに議論します。

※各登壇者のプロフィールは主催者サイトをごらんください。

日時

【東京】2020年3月11日(水)10:30~20:00

【福島3/14】2020年3月14日(土)13:00~18:00

【福島3/15】2020年3月15日(日)10:00~18:15

※コロナウィルスの影響により、このイベントは主催者の判断により中止となりました。ご了承ください。

イベントチラシ(PDF)イベントチラシ(PFD)

JVCパレスチナ事業は、イスラエルの占領政策により厳しい状況下にある人々への人道支援を行っています。

パレスチナで活動を行う上で助成していただいているゆうちょ財団が開催する助成事業の活動報告会に、JVCパレスチナ事業担当の大澤みずほが登壇します。2月まで現地に出張してい大澤が、現地の状況、活動の内容報告を写真など交えてお伝えします。
参加無料です。ぜひお越しください!

JVCパレスチナ事業の活動についてはこちらのページをご覧ください。

日時 2020年3月 7日 (土) 14:00~16:30

【主催者からの文面を転載】

2/29 に予定しております LunchTrip パレスチナ便につきまして、新型コロナウイルス感染症の影響により、飲食対面での開催が難しい状況であると判断したため、本イベントは基本的に飲食のないオンライン(一部会場参加あり)での開催に変更することにいたしました。こちらに伴い、当初予定したご案内から変更がございますので、改めてご搭乗のお申込みを受付ております。

現時点のイベントの詳細、および、お申込みにつきましては、下記のサイトをご覧ください。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01g3ye10s8g04.html

ご案内準備の関係上、お申込みの期限が2/28 17:00となります。
みなさまのご搭乗をお待ちしております。

「美味しい笑顔が世界を好きになる直行便」を合言葉に異国レストランや大使館を巡り、その国を知るガイドとともに学ぶイベント「LunchTrip」。
LunchTripではスタッフをクルー、参加者をパッセンジャーと呼び、特定の国の案内をする方をガイドと呼び、ランチの約2時間半を飛行機内に見立てています。

2/29に行われる「LunchTrip パレスチナ便 ~Find New "Palestine" 2020~」に、パレスチナ事業担当の渡辺真帆がガイドとして登壇します。ぜひお越しください。


【以下、主催者広報文】

Attention Please!

みなさまこんにちは!
2/29に運航予定のパレスチナ便のご案内です♪

LunchTripでは、2015年2月にパレスチナ便、そして3月にパレスチナ問題に関する特別便を運航しました。旅先としてのパレスチナを認知してもらうこと、空爆とテロというイメージではないパレスチナ、パレスチナ問題の歴史的背景や現地の方々等にフォーカスしてご案内しました。

あれから5年経ちますが、世間の「パレスチナ」への印象は変わりましたでしょうか?まだ空爆とテロと壁の印象が強く、旅先としての印象は低いかもしれません。今回も旅先としてのパレスチナの魅力をお伝えするとともに、ガザや東エルサレムなど前回とは別のところからのパレスチナについても触れていきます。

パレスチナ便は初めてという方はもちろん、前回ご搭乗いただいた方にも新しい発見の旅となるでしょう。
ぜひ、ご搭乗ください!

******

新型コロナウイルス感染症の影響により、本イベントは当初の内容から変更しての開催となります。一部会場参加も募集いたしますが、基本的にオンラインでの参加を考慮した形での開催といたします。そのため、参加されるみなさまには下記の対応、ご協力をお願い申し上げます。

  • 質疑応答はslido(https://www.sli.do) を利用します。会場参加であっても、slidoを通してのみ受け付ける形とします。質疑応答の方法は参加される方に、当日までにご案内いたします。
  • 会場参加の方は、手指の消毒とマスクの着用のご協力をお願いいたします。会場にマスクのご用意はございません。使い捨てマスクでなくても、飛沫を防ぐ効果がある代用品はございます。下記サイト等を参考の上、ご対応ください。
    https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000594878.pdf
  • オンラインは zoomを使用します。オンラインでの参加をご検討されている方は、あらかじめテストサイトで動作をご確認の上、お申込みください。 http://zoom.us/test
  • 会場参加でお申込みされた方で、風邪の症状や発熱、体のだるさや息苦しさがある場合、その他体調が思わしくない場合や病み上がりの状況である場合は、当日の参加を見合わせるようお願い申し上げます。上記症状が認められる場合は、LunchTripの判断にて当日参加をご遠慮いただくこともございます。
  • 少しでも症状がみられる場合は、無理をせず、参加の是非を慎重にご検討ください。なお、この場合の欠席につきましても、キャンセルポリシーに従い対応とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

日時 2020年2月29日 (土) 11:00~13:00 (10:40開場)

JVCの地域開発グループマネージャーの渡辺が以下のイベントに登壇します。

【以下、主催者広報文より】

いま、日本で急速に使われるようになっている「油」のことをご存知でしょうか?油ヤシを原材料とする「パーム油」は、ナタネ油の次に、日本で多く食されている油ですが、ほとんどの人はこれに気づいていません。それは、パーム油が「植物油脂」と表記されたり、加工食品などに使われるなど、「隠れ油」となっているからです。

パーム油は100%輸入品です。私たちの暮らしの向こう側にあるパーム油の生産地で何が起きているか、なかなか知る機会はありません。しかし、アジアやアフリカの生産地では、大規模な森林破壊や土地収奪、食料危機、人権侵害が起きています。

油やしプランテーション開発による環境破壊、土地収奪に抵抗するアフリカの小農女性たちのネットワーク油やしプランテーション開発による環境破壊、土地収奪に抵抗するアフリカの小農女性たちのネットワーク

そんなパーム油を燃やして発電することが「エコ」と推進され、京都府内でも、舞鶴市には国内最大規模のパーム油発電所の建設が計画されています。すでに稼働している福知山市(兵庫県)のパーム油発電所では、様々な問題が生じています。

これだけみんなが食べてる・使っているパーム油。私たちの暮らしのすぐそばにあるパーム油について、その生産から消費までを、国内外の専門家やNGOとともに、京都で考えてみたいと思います。

なお、本セミナーは、地球環境基金のGRAINへの助成事業(2019年度助成事業:西・中央アフリカにおける油ヤシ・プランテーション産業拡大に対応するためのコミュニティ能力強化と地域プラットフォームの形成)の最終報告会として開催されます。

日時 2020年2月28日 (金) 18:30~21:00
イベントチラシ(PDF)

「21世紀を平和の世紀にしたい」という願いから、2001年にスタートした「南北コリアと日本のともだち展」。大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国、中華人民共和国、そして日本に住む子どもたちが同じテーマで描いた絵画を展示しています。絵やそれに添えられたメッセージを通して互いの生活や文化を知り、お気に入りの絵に手紙を書いてやりとりすることで、直接には出会うことが難しい子どもたちが、国境を越えてつながっていきます。

今年のテーマは「わたしがおくりたい金メダル」。感謝を伝えたい人、いつも「すごいな!」と思っていることなどを紹介しあっています。

日時 2020年2月28日 (金)~2020年3月 1日 10:00~18:00

JVCがお世話になっているジャーナリストの堀潤さんが2月27日(木)~3月1日(日)まで、広島市で個展を開催、堀さんが訪れたパレスチナや平壌、カンボジアなどのJVCの活動地でのことも出てくるとのことで、JVCパレスチナ事業担当の大澤みずほが2月29日(土)のギャラリートークに登壇させていただきます。

イスラエル・パレスチナの分離壁や東アジアの国交断絶や関係悪化など、様々な分断に対して「手当」しようと活動するNGOとしても、多くの皆さまにご覧いただけたらと思います。お近くの方、ぜひ足をお運びください。
(スタッフのレポートもご参照ください :「分断」に対して私たちはどう行動するのかー堀潤氏による写真と映像展 「分断ヲ手当スルト云フ事」を観て)

今後も各地を巡回予定!映画・書籍も出ます。

個展は現在全国を巡回中で、これまでに東京新潟大阪で行われ、2月23日(日)までは福岡で開催中で、今後も北海道など各地を巡る予定のようです。ぜひ今後の情報も注目していてください。

また、映画と書籍も今後発表予定です。また、映画制作費や個展等のイベント開催費等へのご支援を募るクラウドファンディングも実施中です。ぜひ応援してください!

映画『私は分断を許さない』(3月公開スタート)
書籍『わたしは分断を許さない 香港、朝鮮半島、シリア、パレスチナ、福島、沖縄。「ファクトなき固定観念」は何を奪うのか? 』(3月9日発売)
クラウドファンディング「堀潤監督作品映画『わたしは分断を許さない』公開参加プロジェクト」(3月25日まで)

主催者からのご案内

「香港、ガザ、シリア、福島、沖縄、朝鮮半島、カンボジア
        戦争と平和と差別と格差と無関心を知る」
    -ジャーナリスト 堀 潤

国内外で様々な分断が進んでいる。
ジャーナリスト堀潤がこれまで取材を続けてきた東京電力福島第一原発事故、沖縄米軍基地問題、そして、天井のない監獄と呼ばれ緊張状況が続くパレスチナのガザ。民主主義の存続と向き合う香港。拉致、核、ミサイル問題により「近くて遠い国」朝鮮民主主義人民共和国。そうした現場で続けられる分断を手当てする人たちに焦点を当てた写真と映像展。

日時

ギャラリートーク
2020年2月29日(土)11:00~11:45(10:30受付開始)

写真と映像展
2020年2月27日(木)~3月1日(日)
11:00~20:00(29日は12:30~20:00、最終日は11:00~16:00まで。会期中定休日なし)

JVCの地域開発グループマネージャーの渡辺が以下のイベントに登壇します。

【以下、主催者広報文より】

油糧作物である油ヤシからとれるパーム油の利用が日本でも急速に増えています。

パーム油は、ポテトチップスやパンなどの加工食品だけでなく、家庭用洗剤や化粧品にも使われています。油ヤシを生産しない日本では、100%が輸入されています。また、現在急速に「パーム油発電」が「地球に優しい発電」として、日本各地で広がりを見せようとしています。

しかし、パーム油の原材料「油ヤシ」の生産地で何が起きているのか、日本のほとんどの人は知りません。実は、油ヤシ生産への投資の流入により、アフリカ地域では、2.7百万ヘクタールもの土地の収奪が起きています。それは、実に東京23区(5.4万ヘクタール)の50倍もの面積を意味しています。政府から企業に譲渡された土地は4百万ヘクタールにものぼっていますが、それは日本の全耕地面積に相当します。

この結果、西/中央アフリカを中心に、大規模な森林破壊や土地収奪、環境悪化、飢えなどの問題が発生し、環境と人々の暮らしに悪影響が生じています。また、これに抵抗する住民やコミュニティ、それを支援する活動家やNGOなどは、企業や政府に暴力をふるわれたり、投獄されたり、脅迫を受けています。

地元の小農たちが利用する緑ゆたかな森(上段)が、油やしプランテーション拡大(下段)により破壊され、小農たちの暮らしが奪われていく。写真はガボンの様子。シンガポール国籍Olam社のプランテーションで、Olam社には日本の商社・三菱商事も出資参画する地元の小農たちが利用する緑ゆたかな森(上段)が、油やしプランテーション拡大(下段)により破壊され、小農たちの暮らしが奪われていく。写真はガボンの様子。シンガポール国籍Olam社のプランテーションで、Olam社には日本の商社・三菱商事も出資参画する

一方で、西/中央アフリカ地域では、言語と国境の枠組みを越えて、被害者同士の「プラットフォーム」が形成され、土地、森林、生物多様性、食を守るコミュニティの能力を向上させつつあります。その結果として、企業側の取得した土地での油ヤシの植林活動が停止したり、土地の一部が返還されるケースも出てきています。また、女性同士の助け合いと励まし合いが、土地の防衛や奪回だけでなく、エンパワーメントも実現しつつあります。

この一連の活動を、GRAINは、十年以上にわたってサポートしてきました。また、地球環境基金が過去3年にわたりこの活動の助成支援を行っており、今回はその最終年度の成果発表も行います。

GRAINは、1990年に設立された国際NGOで、世界各地の食の主権の実現を目指す小農や社会運動の支援を行ってきました。アジア、アフリカ、ラテンアメリカ地域に拠点をおき、これらの運動の近くで活動を支える一方、膨大なデータをもとに世界の動向を分析してきました。そのレポートは、国連等でのグローバルな政策決定に大きな影響を及ぼしてきました。

油ヤシ・プランテーションの急速な拡大による被害は、国際的な関心を呼び、RSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議)などの枠組みも出来ています。しかし、現実には、十分に効果を発揮していません。また、日本企業も、西/中央アフリカでの油ヤシ生産投資に関わっており、私たちは「最終商品の消費者」というだけでなく、「土地収奪に関与する企業への投資家」という意味でも、この問題に関係しています。

以上を受けて、本セミナーでは、油ヤシ投資をめぐるグローバルな動き、油糧作物生産にかかわる日本の官民関与、生産地での実態、それに抗う人びとの国を超えた連携、その成果と課題が紹介されます。参加者との活発なディスカッションを期待しています。

日時 2020年2月25日 (火) 17:30~20:30
イベントチラシ(PDF)

パレスチナ事業担当の渡辺真帆が「アラブ・平和の祈り」展トークイベントに登壇し、パレスチナの人々の現状についてお伝えします。ぜひお越しください。

【主催者広報文より】
戦争と平和。アートとファッション。シリアとパレスチナ。
平和のために活動する「わたしたち」が集う3日間。
今だからこそ、平和について考えてみませんか?

パレスチナ・アマル...ガザ発ファッションブランド【MariamMaria】初の受注販売会とUNRWA・Sulafa刺繍製品の展示販売会。
Team Beko...シリア写真とArt作品出展。国際協力アドバイザー佐藤真紀の講演会。
JVCパレスチナ事業担当・渡辺真帆さんの講演会とChalChalのアラブ音楽演奏会も行います。

日時

2020年2月24日 (月) 14:00~15:00(トークイベント)

※「アラブ・平和の祈り」展の開催は下記日程です。

2/22(土)-24(月) 11:00-19:00(最終日は17:00まで)

このイベントの詳細は、こちらのお知らせページをご覧ください。

日時

2020年2月21日(金)~2月25日(火)成田空港発着

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net