アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

2021年4月に開催されるイベント一覧

20210419-palestine.jpg

シネマハウス大塚の館長である後藤和夫さんが、監督・脚本・出演された映画『傍観者あるいは偶然のテロリスト』が4月に連続上映されます。各日開催されるトークイベントのうち、4月19日にJVCパレスチナ事業担当の大澤が登壇させていいただきます。「ガザの現在のこと、その中でJVCがどんな活動をしているのか」などをお話させていただく予定です。

~以下イベントページより~

シネマハウス大塚設立メンバーの後藤和夫が自身の経験をもとに映画を製作。
20年前、戦車に向かって石を投げる少年たちを見た。
カメラを持って激走した。時代の目撃者となった。そのテープは200本にもなった。
そして、今新たなシナリオを手に、パレスチナの各地を再び訪れる。
いわばロケハンの旅の中で後藤はかつての若者たちと再会する。
映画は20年前の生々しい紛争の記録と、現在のパレスチナ各地を歩く男の姿が交錯する。
果たして、パレスチナの今に何を見たのか?
追憶のプライベートムービーがここに完成した。

~~~~~~~~~~~~~

連日のトークイベントには、パレスチナに関わる様々な方が登壇します。色んな視点からパレスチナを見ることができるかと思いますので、詳細は以下のURLからご覧ください。
公式サイト: https://nipponpopkyo.wixsite.com/palestine

日時

2021年4月19日 (月) 16:45~(40分程度)

JVCパレスチナ事業現地駐在員の木村万里子がアドバイザーとして参画する、上智大学による公開講座「緊急人道支援講座」が受講者を3月14日(日)まで募集中です。 公開講座は4月から始まり、オンライン(Zoom)での講義となります。

-----------------------------------------

【以下、イベントページより】

今日、人々の生命・生活が脅かされる人道的危機(紛争、自然災害、感染症等)は世界中で起きており、その対応が急がれています。2018年には世界で難民・避難民の数は過去最高となりました。国内でも自然災害が頻繁に起きており、緊急人道支援に関わる人材の育成が急がれています。

本講座は、緊急人道支援に取り組むための基礎的知識やスキルを身に付け、その後のキャリアに生かしてもらうことを目的として2019年度より開講されました。春期講座では、緊急人道支援の範囲や原則(中立性や公平性など)、支援の仕組みや最新の動向、特定課題の理解を目指します。秋期の講座では、プロジェクトマネジメントや交渉、安全管理といった緊急人道支援のスキルを身に付けます。講師は、国際機関やNGO、JICA、赤十字、民間などで、緊急人道支援の最前線で経験を積まれた方々です。講座は、講義と演習を組み合わせ、効果的な学びを得られるように工夫されています。

本講座は、2019年4月より開講し、将来益々複雑化、深刻化する人道危機において効果的に対応するための基礎的知識やスキルを身に付け、その後のキャリアに生かしてもらうことを目的としています。

春期では、緊急人道支援の範囲や原則(中立性や公平性など)、支援の仕組みや最新の動向、特定課題(保健医療、WASH、教育、食料、ジェンダー等)の理解を目指します。講義と演習を組み合わせ、効果的な学びを得られるように工夫しています。

日時

2021年4月15日(木)~7月15日(木) 全13回

(※4月29日は除く)

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net