アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

腹が減ったら中東においでよ!@東京

NGO・フォトグラファーの中東ランチとトーク会
2020年1月30日 更新

広報・ファンドレイジンググループマネージャーの並木が、以下イベントを主催・登壇します。ぜひご参加ください。

【以下、主催者広報文】

こんにちは! 中東大好き、アーヤ藍/斉藤亮平/並木麻衣です!
中東に関わり続けてきた私たち、「中東の魅力をあげて」と言われたら...いろんなエピソードが湧いてきますが、ひとつには美味しいご飯!

食材が豊かな中東地域では野菜や豆、肉を多用した料理が多く、中東料理の虜となる旅行者や駐在者も少なくありません。今回「マックルーベ(鍋に素揚げした野菜&肉を米と炊き込んでひっくり返した家庭料理)」を作る斉藤と、「ホンモス(ひよこ豆のペーストに練りごまを加えたディップ)」を作る並木もそんな虜になった2人。素敵なゲストたちとともに、中東へ"想像の旅"に出てもらうイベントを開催します。

...と、ここまで中東中東と言ってきましたが、「中東」と一口にはまとめられないほど、それぞれの国や地域の違いもあります。今回は、美味しい料理を味わっていただきながらも、ゲスト&私たちが訪れてきた、様々な「中東」の記憶のピースを持ち寄って、等身大の、そして、「今」の中東の姿にふれていただければと思っています。山々が連なる牧歌的な景色も、大きな監獄と称される町も、新しい産声が聞こえる難民キャンプも、全てが今の中東には存在しています。

直近のシリアを取材したフォトグラファーやパレスチナ、イラクの支援現場に入るNGO職員からも、現地の様子をたくさんお伝えします。

「腹が減っては戦はできぬ」と言いますが、美味しいご飯でお腹が満たされたら、戦なんてしたくもなくなるはず。お腹も心もいっぱいになる時間を、ぜひ楽しみにお越しください!

日時 2020年2月 8日 (土) 13:00~15:00
会場 RYOZAN PARK巣鴨Lounge
住所:東京都豊島区巣鴨1-6-6
アクセスJR巣鴨駅徒歩2分
スピーカー

ゲスト・プロフィール

鈴木雄介(ドキュメンタリーフォトグラファー)
1984年千葉県流山市生まれの写真家。X JAPANファンの兄の影響で幼少期からギターにのめり込み、音楽学校でロックとジャズを学ぶ。学生時代アフガニスタンで出会った写真家の影響でカメラに興味を持ち、気がつけばいつの間にか写真家を目指してアメリカへ。以来、アフガン、イラク、シリアなどでの戦争と、戦争が人や社会に与える影響をテーマにその辺りの国をウロウロしている。シリアで覚えたシーシャ(水タバコ)が三度の飯より好きで、取材と称してはシーシャを吸っている現地民に近づきシーシャのおすそ分けを狙っている。本イベントの直近までシリア北東部とイラクを取材。
牧野アンドレ(JIM-NET アルビル駐在員)
1993年12月生まれ。静岡県浜松市生まれ東京都の山の方育ちの26歳。父親はドイツ人。サセックス大学移民学修士。イラクに赴任してたった1ヵ月半で緊急国外退避となった「モッテいる男」。そのため急遽本イベントに参加。学部生時代のベルリン留学時に「欧州難民危機」を目撃し、ギリシャの島しょ部、国境地帯の難民キャンプでボランティアをし人道支援を志す。その後、日本の難民支援団体でインターン、ヨルダンのNGOでインターン、職員として勤務。英国で修士号取得後に現職。学士論文で早稲田大学から小野梓記念学術賞を受賞。

主催者プロフィール

アーヤ藍
慶応義塾大学総合政策学部卒業。在学中、農業、討論型世論調査、アラブイスラーム圏の地域研究など、計5つのゼミを渡り歩く。アラビア語の研修で訪れたシリアに惚れ込んだものの、帰国直後、内戦状態に…。シリアの友人たちのために何かしたいと思っていたなかで出会った、ドキュメンタリー映画の配給会社に飛び込み、環境問題や人権問題など、社会的イシューをテーマとした映画の配給・宣伝に携わる。2018年よりフリーランスになり、映像制作プロデューサーや、学校向け教材作り、ライティングなどで活動中。苗字の「アーヤ」はシリアでもらったニックネーム。
並木麻衣
1984年12月、東京都足立区生まれの35歳NGO職員。浪人して滑り込んだ東京外国語大学でアラビア語を学び、2006-7年にパレスチナ自治区のビールゼイト大学とエルサレムのヘブライ大学に留学。パレスチナの人々の世話になりまくり、ストリート発のアラビア語を習得して帰国する。文法は苦手。ITベンチャー勤務後、スーダン支援NGOやフリーターを経てJVCに入職。2013年からパレスチナ支援に関わり、エルサレムやガザで事業を実施した。2019年からJVC広報・ファンドレイジンググループのマネージャーに異動、絶賛試行錯誤中。好きなものはアヒルとウツボ、一押しのアラビア語は「ハラバーイ(カメレオン)」。
斉藤亮平
1983年東京都葛飾区生まれ。幼少期よりピアノを、10代前半は相撲を習う。進路に迷った末、国立音楽大学に入学し音楽教師を目指す。在学中よりバックパッカー旅の虜となり各地を放浪。卒業後は青年海外協力隊員としてシリアへ派遣、パレスチナ難民キャンプ地区の小中学校で音楽教育普及活動に従事。その後ブータン王国の音楽学校にてピアノ教師、日本の出版社に勤務の後、シリア難民支援活動に関わる。2017年よりJIM-NET海外事業イラク担当として入職。趣味の料理が高じて中東各地でレシピを収集、定期的に料理教室を主催。また、難民キャンプ専用バンド「ババガヌージュ」を結成し中東各地で音楽ライブを展開している。
参加費 2,000円(マクルーベ&ホンモス付き)
※持ち込み・差し入れも大歓迎です!
定員40〜50名
主催アーヤ藍/斉藤亮平/並木麻衣
協力特定非営利活動法人JIM-NET/特定非営利活動法人日本国際ボランティアセンター(JVC)/RYOZAN PARK
持ち物マイカップ、マイ食器(スプーン・フォーク・お皿)をお持ちください
申し込み/
問い合わせ先

以下のボタンからお申し込みください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net