アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

第13回国際有機農業映画祭2019@東京

足もとの明日
2019年11月 5日 更新

12月8日(日)に開催される国際有機農業映画祭内のトークイベント 「野良語り 足もとの明日」に、JVC理事の天明伸浩さんが登壇します。当日は5作品が上映され、 会場内では有機農作物・加工品などもお買い求めいただけます。

【以下、主催者広報文より】

国際有機農業映画祭とは

イベントチラシ(PDF)

有機農業や自然環境などに関心をもち、取り組んでいる個人が集まり、運営委員会を構成して活動しています。非営利の市民グループで、全員ボランティアです。今回を含め延べ113作品を上映しています。そのうち40作品は日本初公開の作品で、そのほとんどを自前で字幕制作を行っています。

2006年、遺伝子組み換えを多面的に扱ったドキュメンタリー映画『食の未来』(原題〝Future of Food")の日本語吹替版制作を担った人々が、有機農業をテーマとした映画祭の開催を呼びかけました。 この呼びかけに、有機農家、有機農業団体関係者、反農薬運動関係者、ジャーナリスト、編集者、学生などが集まり、開催に向けて運営委員会を作りました。

2007年11月に第1回映画祭を開催して以降、毎年秋に開催してきました。農作業が一段落した秋に開催することで、多くの農家や農業関係者に参加して欲しいという期待を込めて開催時期を「秋」としています。毎年、多くの有機農家や、有機農家で実習している若い人たちが参加しています。

国際有機農業映画祭は単に有機農業や食の安全といった問題にとどまらず、自然と人との関係の在り方やそれを支える価値観、社会のつくり方といったところまで視野を広げ、"思想としての有機農業"を考える構成をめざしています。

国際有機農業映画祭の活動がきっかけとなり、国内でも各地で同様の映画祭が開催されるなど、上映活動の輪は大きく広がっています。また、上映作品も国内だけでなくアジア、アフリカ、中東、ヨーロッパ、南北アメリカにまで目を広げ、運営委員会で翻訳・字幕の制作を手掛けるなどの努力を積み重ねてきました。

東日本震災と福島原発事故のあった3・11後には、福島を舞台に原発を生みだした現代社会の矛盾を有機農業という営みをもとに考える自主製作映画『それでも種をまく』を制作し、英語、中国語、タイ語、ベトナム語、ドイツ語、フランス語、スウェーデン語版を制作し、ウェブで公開しました。

上映作品:
  • 黄金の魚 アフリカの魚
  • ブルキナの恵み Brukinabe Bounty
  • 肉を食べてはいけないの?
  • 大地と生きる
  • それでも種をまく +その後

野良語り
『足もとの明日』
●天明伸浩さん:星の谷ファーム
●明石誠一さん:明石農園

詳細:公式HPhttp://www.yuki-eiga.com/
日時 2019年12月 8日 (日) 15:00~16:00
(トークイベントの時間。映画祭自体は9:30開場~18:35)
会場 武蔵大学 江古田キャンパス1号館[B1]1002シアター教室
住所:〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1 (会場への地図)
アクセス

西武池袋線「江古田駅」より徒歩6分、「桜台駅」より徒歩8分
電車都営大江戸線「新江古田駅」より徒歩7分
電車西武有楽町線「新桜台駅」より徒歩5分

登壇者プロフィール
天明伸浩(星の谷ファーム)

1995年、新潟県上越市吉川区に夫婦でIターン就農。
「星の谷ファーム」を立ち上げる。妻と娘3人の家族農場 経営 水稲(7ha)・ブルーベリー(30a)・採卵養鶏 (100羽)・農産加工(瓶詰め)。農民という立場から社 会活動に関わり、世界の問題にも目を向けている。アジア 農民交流センター世話人、日本国際ボランティアセンター (JVC)理事、上越市農地最適化推進委員。

参加費

一般:前売 2,000円、当日 2,500円
学生&25歳以下:前売 500円 、当日 1,000円
※中学生以下は無料。25歳以下、中学生は当日身分証明書の提示が必要です。

主催国際有機農業映画祭
協賛地球的課題の実験村、二本松有機農業研究会 、アジア農民交流センター、秩父雑穀自由学校 、NPO法人 日本国際ボランティアセンター ・、NPO法人APLA 、NGO法人全日本農民組合連合会 、食政策センター・ビジョン21 、(株)オルター・トレード・ジャパン
協力NPO法人アジア太平洋資料センター、 NPO法人日本有機農業研究会、 NPO法人 日本消費者連盟
申し込み/
問い合わせ先

【お申し込み】
11月30日(土)までに下記WebサイトまたはFaxでお申し込みください。
URL:http://www.yuki-eiga.com/
FAX:03-5155-4767
※Faxでのお申し込みの際は
代表者氏名、住所、電話番号、Fax番号、各必要枚数(一般/25歳以下/中学生以下)
をご記入ください。

【お問い合わせ】
国際有機農業映画祭事務局
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207 URL:http://www.yuki-eiga.com/
FAX:03-5155-4767

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net