アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

2019年12月に開催されるイベント一覧

日本のNGOは、12/23の議員主催勉強会の協力団体として、お知らせと参加者募集の呼びかけを行います。ふるってご参加ください。

***

2009年、日本政府とJICA(国際協力機構)は、ブラジルと共に、アフリカのモザンビークで大型農業開発事業「プロサバンナ」を進める三角協力事業に合意しました。「プロサバンナ」は、2011年に始動しましたが、2012年10月には、モザンビーク最大の小農運動(UNAC)が、世界に反対声明を発信しました。以来、現在まで、数多くの問題が明らかになっています。

2013年以来、衆参両院の国会議員は、税金の適正運用と行政の透明化を実現するため、事業主であるJICAやこれを監督する立場にいる外務省に対し、情報照会、国会質疑、質問主意書の提出等に取り組んでこられました。過去には、議員主催のプロサバンナ勉強会が、JICA/外務省とNGOを招く形で2度行われています。また、多くの国会議員に、NGOが主催する院内集会に協力いただいてきました。

本年9月4日に開催されたNGOの院内集会にも10名の国会議員が「呼びかけ議員」として協力されました。同集会は、アフリカ開発会議(TICAD7)にあわせて来日した事業対象地最大の小農運動(ナンプーラ州農民連合)代表と「プロサバンナにノー!キャンペーン」、外務省・JICAの事業担当者らを招く形で行われ、その様子はテレビや新聞、ネット上で広く報道されました

しかし、9月20日、JICAは公式サイトにおいて、上記院内集会に登壇した小農運動代表を名指しで誹謗する広報文を発表しました。これを受けたNGO5団体は、JICAに対し、記述が事実に基づいていないこと、また新たな人権侵害であるとして抗議し、文章の撤回を要求しましたが、現在までこの文は掲載されたままです。

本議員主催勉強会は、以上の事態を憂慮し、また現地行政裁判所でのプロサバンナ違法判決を受けて、議員のイニシアティブで、JICAとNGOを招待する形で開催されます。なお、事業開始から8年、35億円を超える国費が投入されてきた本事業について、ひとりでも多くの日本の納税者・主権者と共に問題を考えるため、本勉強会はメディア・市民に公開で開催されます。

詳細は以下の通りとなっております。参加希望者は12月21日(土曜日)中に、下記の申込みサイトまでお申込み下さい。

日時 2019年12月23日 (月) 14:00~17:00

国連が定めたSDGs(持続可能な開発目標)をいち早く事業に取り入れるなど、先進的なアイディアに取り組まれている、能登の「数馬酒造」さん。農家のみなさんが大切に育てたお米や良質な湧き水で美味しいお酒を醸しながら、能登の美しい自然や文化を次世代につなぐことをミッションに掲げています。

JVCは、そんな数馬酒造さんの経営や美味しい日本酒に惹かれ、「国際協力にも、地域支援にもつながる日本酒を一緒に作りたい!」と願ってきました。この度はそんな願いに応えていただき、2020年の発売を目指して「SDGsに貢献する寄付つき日本酒」を共同企画いたします。JVCと一緒に企画いただくのは、数馬酒造さんのほか、「社会的なテーマに、気軽に立ち寄れる場所」をテーマに活動し、JVCともイベントなどを共同開催してきたソーシャルスタンドさんです。

日本酒の味を一緒に考えてくださる方を募集します

テーマは「誰にとっても飲みやすい、贈った人も飲む人も、世界の誰かも幸せになるお酒」。数馬酒造さんから届いた日本酒をスタッフと一緒に試飲し、今回の企画で販売するお酒の味について意見をくださる方を大募集します。

また、「なぜSDGsが私たちの世界に必要なのか」を体感するゲーム「2030 SDGs」の体験会も同時開催します! 20名の限定開催になりますが、ふるってご参加ください。

日時 2019年12月21日 (土) 14:00~16:30

国際協力NGO「国境なき医師団(MSF)」主催のイベント「エンドレスジャーニー」の一環として開催される講演に事務局長の長谷部が登壇いたします。
イベントの詳細は下記をご覧ください。

イベントチラシ

【以下主催者広報文】
2016年5月に国連安全保障理事会は、シリア、イエメン等で止むことのない病院や医療関係者への武力攻撃を強く非難し、医療人道援助活動の安全を確保するよう全ての紛争当事者に強く要求する決議を採択しましたが、その後もこうした攻撃は続いています。

他方で、各国が実施する対テロ政策により、本来国際人道法によって保護されるはずの人道・医療援助機関が十分に活動をできなくなったり、「反政府勢力」や「テロリスト」と呼ばれる集団が支配する地域に暮らす紛争被害者や傷病者への援助までもが実施困難な状況が生まれたりしています。対テロ政策との関係で発生する人道・医療援助の犯罪化(Criminalization)の問題について、その現状・課題、各機関による取り組みについて議論します。

紛争下で活動する人道援助機関が現在直面する2つの大きな問題について理解を深め、議論する機会を設けたいと思います。

※対象:主に国際協力にかかわる関係者(実務者、研究者等)
※事前申込制/応募多数の場合は抽選
※日英同時通訳あり

日時

2019年12月19日(木)11:00~12:30
エンドレスジャーニー展は12月18日(水)~22日(日)開催

イベントチラシ(PDF)イベントチラシ(PDF)

12月は「寄付月間」です。

寄付にまつわるいろんな想い・・・「ほんの少しの寄付で何か変えられるだろうか」といった疑問だったり、「寄付って偽善的」「自己満足のためでしょ」という批判的な空気だったり。そうした目に見えない何かを前に寄付を躊躇してしまう。そんな経験はありませんか?

寄付を集める側からは、「欧米に比べて寄付文化があまり浸透していない」といったこともあったりして、募金活動に苦戦することもしばしばです。

さて今回、JVCカンボジア事業では、クラウドファンディングを通じて、水不足に悩むカンボジアにため池を掘るプロジェクトをはじめました。100円から参加できる設定にして、「100円」という気軽さを通して、あまり国際協力に縁のなかった人たちからも応援を募りたい、そして、カンボジアと繋がる人たちがたくさん増えたらいいなという想いを込めました。

このクラウドファンディング自体ををひとつのキャンペーンのように考えて、寄付のハードルを下げることでアクションしてくれる人を増やし、大きな広がりを生み出したいという狙いもあります。

このトークセッションでは、カンボジアのことや今回のクラウドファンディングのデザインを紹介しつつ、「こうあるべき」といった寄付のあるべき姿ではなく、寄付する側も、寄付を募る側も双方に「こうあったらいいね」という寄付の形について、ソーシャルグッドを支えるPR会社ひとしずく株式会社のこくぼさんと一緒に考えていきます。

寄付をしたことある方もそうでない方も、改めて寄付について考えてみませんか?皆さまのご参加お待ちしています。

パネラー:
こくぼひろし(ひとしずく株式会社代表取締役)
大村真理子(JVCカンボジア現地代表)
下田寬典(JVCカンボジア東京担当)

モデレーター:
並木麻衣(JVC広報/ファンドレイジンググループマネージャー)

日時 2019年12月18日 (水) 19:00~20:45

JVC Palestine Night@東京

2019/11/14 更新
イベントチラシイベントチラシ

「パレスチナってどんなところ? 行けるの?」

そんな疑問にお答えすべく、この夏パレスチナに渡航したJVCのインターン・ボランティアの4名による渡航報告会を開催いたします。それぞれが見てきた現地の魅力、滞在中に感じたことなどをたっぷり語り尽くします。

また当日は、パレスチナで親しまれているお菓子、クナーファもご用意いたします。クナーファとは、伝統的なアラブのスイーツ。小麦粉からできた細麺をチーズと一緒に焼いたもので、甘い味付けがされています。同じくパレスチナでの定番、ミントティーと一緒にお楽しみください。

現地の女性たちが作った手刺繍雑貨等の販売もいたします。楽しみながら、パレスチナのことを考えるきっかけにしていただければ嬉しいです!

日時 2019年12月13日 (金) 19:00~21:00
20191210-cambodia-insect-eat-2.jpg

JVCカンボジア事業・現地代表の大村が一時帰国中です。今回はカンボジアで「コオロギクッキー」を購入してきたところ、各地で大好評!(カンボジアではコオロギをはじめとする昆虫食が盛んです)

というわけで、12月10日(火)夜、昆虫料理研究の大御所・内山昭一先生をお招きして、「美味しい虫の話」をお伺いし、一緒に昆虫食にちょっと挑戦!する機会をもうけたいと思います。「昆虫を初めて食べる人」限定のイベントにしようと思っていたのですが、日にちも迫っているので、昆虫食が大好きな経験者も歓迎します。ぜひご参加ください。

※このイベントの費用を抜いた金額は、内山先生と会場提供の小田急電鉄株式会社さんのご厚意により、JVCカンボジア事業のため池掘削費用に充てられます。

メニュー案(変更の場合があります)

  • 美味しいコオロギペースト(withフランスパンかクラッカー)
  • お好きなトッピング(ローストコオロギ、ハチの子バター炒め、イナゴ佃煮)
  • トノサマバッタかアゲハのフン茶

カンボジアのコオロギクッキー(ココア味)や、聖地と呼ばれる山でとれたハチミツ、内山先生の書籍(サイン入り)の物販もありますのでお楽しみに!

日時 2019年12月10日 (火) 19:30~21:00

12月8日(日)に開催される国際有機農業映画祭内のトークイベント 「野良語り 足もとの明日」に、JVC理事の天明伸浩さんが登壇します。当日は5作品が上映され、 会場内では有機農作物・加工品などもお買い求めいただけます。

【以下、主催者広報文より】

国際有機農業映画祭とは

イベントチラシ(PDF)

有機農業や自然環境などに関心をもち、取り組んでいる個人が集まり、運営委員会を構成して活動しています。非営利の市民グループで、全員ボランティアです。今回を含め延べ113作品を上映しています。そのうち40作品は日本初公開の作品で、そのほとんどを自前で字幕制作を行っています。

2006年、遺伝子組み換えを多面的に扱ったドキュメンタリー映画『食の未来』(原題〝Future of Food")の日本語吹替版制作を担った人々が、有機農業をテーマとした映画祭の開催を呼びかけました。 この呼びかけに、有機農家、有機農業団体関係者、反農薬運動関係者、ジャーナリスト、編集者、学生などが集まり、開催に向けて運営委員会を作りました。

2007年11月に第1回映画祭を開催して以降、毎年秋に開催してきました。農作業が一段落した秋に開催することで、多くの農家や農業関係者に参加して欲しいという期待を込めて開催時期を「秋」としています。毎年、多くの有機農家や、有機農家で実習している若い人たちが参加しています。

国際有機農業映画祭は単に有機農業や食の安全といった問題にとどまらず、自然と人との関係の在り方やそれを支える価値観、社会のつくり方といったところまで視野を広げ、"思想としての有機農業"を考える構成をめざしています。

国際有機農業映画祭の活動がきっかけとなり、国内でも各地で同様の映画祭が開催されるなど、上映活動の輪は大きく広がっています。また、上映作品も国内だけでなくアジア、アフリカ、中東、ヨーロッパ、南北アメリカにまで目を広げ、運営委員会で翻訳・字幕の制作を手掛けるなどの努力を積み重ねてきました。

東日本震災と福島原発事故のあった3・11後には、福島を舞台に原発を生みだした現代社会の矛盾を有機農業という営みをもとに考える自主製作映画『それでも種をまく』を制作し、英語、中国語、タイ語、ベトナム語、ドイツ語、フランス語、スウェーデン語版を制作し、ウェブで公開しました。

上映作品:
  • 黄金の魚 アフリカの魚
  • ブルキナの恵み Brukinabe Bounty
  • 肉を食べてはいけないの?
  • 大地と生きる
  • それでも種をまく +その後

野良語り
『足もとの明日』
●天明伸浩さん:星の谷ファーム
●明石誠一さん:明石農園

詳細:公式HPhttp://www.yuki-eiga.com/
日時

2019年12月 8日 (日) 15:00~16:00

(トークイベントの時間。映画祭自体は9:30開場~18:35)

社会的なテーマに気軽に出会える場を創る「ソーシャルスタンド」主催の伊勢崎賢治さんとのトークイベントに、パレスチナ事業担当の大澤が登壇します。ぜひご参加ください。

【以下主催者広報文】

ソーシャルスタンドのJazzトークライブは、ジャズトランペッターであり外語大教授の伊勢崎賢治さんとゲストのトークセッションと、ジャズセッションを楽しむイベントです。

今回のゲストは、日本国際ボランティアセンター(JVC)のパレスチナ事業部の大澤さんです。JVCでは、パレスチナにおいて、「青少年のレジリエンスと地域保健の向上(エルサレム)」「子どもの栄養改善支援(ガザ地区)」「アドボカシー・政策提言」活動を行っています。

トークテーマは「平和をどうつくる?-パレスチナの状況から考える-」

イベントでは、
-------------------------------------
・パレスチナで起こっていることは何か?今の状況は?

・パレスチナで起こっていることと世界で同様に起こっていることの共通点は何か?

・パレスチナを含め、どのように平和に近づけることが出来るのか?
-------------------------------------
を一緒に考えていきます。

日時 2019年12月 7日 (土) 19:00~21:00 (18:30開場)

JVCが構成団体のひとつになっている「KOREAこどもキャンペーン」関連のイベントが開催されます。日韓・日朝関係における関係が冷え込む中、草の根の平和交流「日朝大学生交流」に参加した大学生と、昨年・今年と2回交流に同行したジャーナリスト・堀潤さんが登壇します。お申し込み不要・入場無料です。ぜひお越しください。

イベントチラシ

【以下、主催者広報文】
同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科では、連続セミナー「グローバル・ジャスティス」を開催しております。このセミナーは、現代世界が直面するさまざまな課題における「ジャスティス」の問題を、講師が自らの視点で語り、ジャスティス(正義)という言葉のもつ多義性や問題性もふくめて、多様な議論の場として提供していくものです。

第64回目の今回は元NHKアナウンサーで、現在はNPO法人「8bitNews」代表を務める堀 潤 氏を講師に招き、「堀潤さんと語る-若者が手当てする日朝の「分断」-」を開催します。入場無料、申し込み不要となっておりますので、ぜひ告知、取材いただけましたら幸いです。

現在世の中に横たわる多くの「分断」。昨今冷え込んでいる日本と朝鮮半島の関係。日本と朝鮮民主主義人民共和国における分断、そしてそれを手当てする若者の姿を取材した堀潤さんにお話しいただきます。また、2人の同志社大学生は、東アジアの平和について考え、活動しようと、今夏、NGO「KOREAこどもキャンペーン」のプログラム「日朝大学生交流」に参加し、堀さんらと訪朝して平壌の大学生と交流しました。学生たちが、何を見て、何を語り、何を感じたのか、堀さんとともに報告します。平和を考え、行動する重要性を、ともに議論できる場にしたいと思います。

日時 2019年12月 6日 (金) 17:00~19:00

12月上旬、カンボジア事業では朝日新聞社の協力のもと、「A-port」を通じて、クラウドファンディングを実施予定です。12月2日に開かれるイベントで、カンボジア現地代表の大村がパネルディスカッションに登壇し、SDGsについて、また今回のクラウドファンディングについてお話します。

【以下、主催者広報文】

社会全体でSDGs達成に向けて取り組みを加速させることを目的に、トークイベント「コモンズ投信・渋澤健×ジャーナリスト・堀潤 対談~私たちに何ができる?皆で考えるはじめてのSDGs~」を実施します。

前半では投資による顧客への経済的リターンと、社会課題の解決の両立を目指している、コモンズ投信株式会社 取締役会長 兼 ESG最高責任者であり、日本の資本主義の父・渋沢栄一氏の5代目子孫である渋澤健氏と、元NHKアナウンサーで、現在はジャーナリストとして国内外で活躍する堀潤氏が、マクロな視点からSDGsを取り巻く課題と展望について対談します。

堀氏には、シリア、パレスチナ、朝鮮半島、日本の福島や沖縄など、数々の"分断"が発生している場所を5年の歳月をかけて取材し、監督まで務めたドキュメンタリー映画「わたしは分断を許さない」もご紹介いただく予定です。

後半は、SDGsの課題を私たち一人一人がどのようなアクションを起こすことで達成するのか、実際にクラウドファンディング「A-port」で資金調達に成功したNPO団体代表と渋澤健氏、堀潤氏の鼎談を行います。

日時 2019年12月 2日 (月) 19:00~21:30 (18:00開場)
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net