アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

2019年9月に開催されるイベント一覧

ISに攻撃・迫害された少数派ヤジディ教徒の権利擁護を世界中に呼びかけ、2018年に弱冠25歳でノーベル平和賞を受賞したナディア・ムラドさんのドキュメンタリー映画「ナディアの誓い」の試写&トークイベントを開催します。
トークでは、朝日新聞国際報道部次長・春日芳晃氏から、「ポストIS」と言われる今の中東地域の人々の現状をお話いただきます。

また、クラウドファンディング「戦争・ISで傷ついたイラクの子どもたちの心と未来を救いたい!」に挑戦中のJVCイラク事業担当スタッフ、シリア出身ガムラからも自身の経験も交えてのメッセージをお伝えさせていただく予定です。

*トーク部分はJVCのFacebookページでライブ配信予定です!(トークは20:10頃からの予定です)
※追記:トーク部分の一部のみネット配信になります。

映画『ナディアの誓い』について

【STORY】
ノーベル平和賞2018の受賞者、ナディア・ムラドはISIS(イスラム国)による虐殺と性奴隷から逃れた23歳のヤジディ教徒。彼女は、普通の女の子のように生きたいと思う時もある。しかし残された同胞のため、国連などの国際的な表舞台で証言を続け、やがては同郷の人々の希望の存在となっていく。

監督: アレクサンドリア・ボンバッハ
配給:ユナイテッドピープル
原題:On Her Shoulders
95分/ドキュメンタリー/2018年/アメリカ

映画『ナディアの誓い』公式サイト

ISによる深刻な「負の遺産」

イラク、シリアの拠点が陥落したことでISが作ろうとした「疑似国家」は崩壊し、中東はいわば「ポストIS」期に入ったと報道などでは言われています。 しかし、戦闘が落ち着いてきているといってもISが残した「負の遺産」はあまりにも大きく、明るい幸せな未来図を描くことはできません。

世間の関心が低下し、今もISの負の遺産に苦しむ人々は世界からの忘れられようとしています。紛争で暮らしを根こそぎ壊されてしまった人々が再び立ち上がるためには国際社会からのサポートが必要です。

クラウドファンディングを応援してください!

JVCイラク事業は、イラクの子どもたちを10年以上にわたり支援しつづけ、IS台頭後の2015年からは、ISに家族が目の前で殺されてしまうなど、辛い体験をして心に深刻な傷を負った子どもたちの心をケアする活動を行ってきました。
しかし、関心の低下もあり資金が不足し、活動が続けられないかもしれない危機に陥っています。

このまま放置すれば、時が経つほど精神症状は悪化し、社会復帰できない状態にまで陥る可能性があります。
そこで、10/3までに400万円を集めることを目標にクラウドファンディングを始めました。ぜひ当日皆様もクラウドファンディングに参加していただき、支援を必要としている子どもたちに手を差し伸べていただけたらと思います。皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

戦争・ISで傷ついたイラクの子どもたちの心と未来を救いたい! - クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)

▶︎ 【English Page】Challenge for Iraqi children! ▶︎ 【English Page】How to Support by Credit Card 今動かなければ手遅れになるかもしれない。社会復帰が難しくなる前に、戦争・ISで傷ついたイラクの子どもたちの「心」と「未来」を救いたい ...

日時 2019年9月30日 (月) 18:30~21:00 (18:00開場)

秋といえば、グローバルフェスタJAPAN!国内最大級の国際協力イベントであるこのグローバルフェスタでは、JVC以外にも、数多くのNGOをはじめ、各国大使館、官公庁、青年海外協力隊、国連機関がブースを出しています。国際協力に関心がある方にとっては、情報収集にもってこいの場です。

JVCは、今年も活動地のクラフト品などを販売する物販ブースのほか、食販ブースも出展します!

【食販ブース】 テント位置:118

食販ブースでは中東で有名なピタパンを使ったピタパンサンドと、コロナビールを販売します。
ピタパンサンドのソースは、タイのはちみつを使用したハニーマスタードとさっぱりと酸味が美味しいオーロラソースの二つからお選びいただけます(^^♪。会場まで楽しみに来てくださいね。
コロナビールもいい感じに冷やしてま~す。
冷やかし大歓迎!118番のJVCテントで首をなが~くしてお待ちしてます。

ザイン案.jpgソースは、タイのはちみつを使用したハニーマスタードとさっぱりと酸味が美味しいオーロラソースの二つからお選びいただけます(^^♪
【物販ブース】テント位置:118(食販と同じテント)

現地での活動や国内でできるボランティア、ご参加いただけるイベントをご紹介したり、パレスチナや南アフリカでつくられた手工芸品、そしてJVC国際協力カレンダー2020「Tumu Te Varovaro~幸せの音が響く島~」(写真:竹沢うるま)を販売予定です。

パネルや写真で活動の紹介もしています。ぜひブースで直接お話ししましょう!パネルや写真で活動の紹介もしています。ぜひブースで直接お話ししましょう!
各国の手づくり雑貨が盛りだくさんです。お気に入りを見つけてください各国の手づくり雑貨が盛りだくさんです。お気に入りを見つけてください

公式HP:http://www.gfjapan2019.jp/

日時

9月28日(土)10:00~17:00
9月29日(日)10:00~17:00

JVCがお世話になっているジャーナリストの堀潤さんが9月24日(火)~29日(日)まで、恵比寿で個展を開催されます。
個展では堀さんが訪れたパレスチナや平壌などのJVCの活動地でのことも出てくるとのことで、JVC代表の今井が9月23日(月・祝)のオープニングギャラリートークに登壇させていただきます。

イスラエル・パレスチナの分離壁や東アジアの国交断絶や関係悪化、、様々な分断に対して「手当」したいと活動するNGOとしても、ぜひ多くの皆さまにご覧いただけたらと思います。皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

【以下、主催者広報文】
国内外で様々な分断が進んでいる。ジャーナリスト堀潤がこれまで取材を続けてきた東京電力福島第一原発事故、沖縄米軍基地問題、そして、天井のない監獄と呼ばれ緊張状況が続くパレスチナのガザ。民主主義の存続と向き合う香港。拉致、核、ミサイル問題により「近くて遠い国」朝鮮民主主義人民共和国。そうした現場で続けられる分断を手当てする人たちに焦点を当てた写真と映像展。

オープニングギャラリートークでは、アフリカ・スーダンで10年以上の現地駐在を経験し中東・アジア各国での人道支援を続ける国際NGO代表・今井高樹さん、そして平壌の学生たちと現地で議論を重ねた日本の学生たちをゲストにお迎えします。会場の参加者のみなさんと一緒に直接ディスカッションもできる機会となればと思います。

日時

オープニングギャラリートーク
2019年9月23日(月)17:00~18:30(16:45受付開始)

写真と映像展
2019年9月24日(火)~9月29日(日)
午前11:00~午後7:00(最終日は午後5時まで)

【このツアーは定員となりました。キャンセル待ちを承っていますので、ご希望の方は、ページ一番下のお問い合わせ欄からご連絡ください】

このイベントの詳細は、こちらのお知らせページをご覧ください。

日時

2019年9月20日(金)~9月24日(火)成田空港発着

2016年9月よりラオス・サワンナケート県に駐在している山室良平が、2018年3月から実施しているプロジェクトについて報告を行います。

人口の6割以上を占めると言われる農村の人々は水田や畑でコメや野菜をつくり、森や川から野菜、薬草、建材、魚などを採って暮らしています。一方で、農村の暮らしの支えとなっている豊かな自然は近年の経済発展重視の政策のもと大規模プランテーションやダムなどの開発によって失われつつあります。JVCラオス事業はラオス中南部サワンナケート県の10村で村人の暮らしを守るためプロジェクトを実施しています。サワンナケート県に限らず多くの地域で起こっている農村部の土地をめぐる問題と解決のためのとりくみについて、現場でしか見聞きできない村人の声や開発の実情を中心にお伝えします。

※ラオスの手工芸品販売あり

日時 2019年9月18日 (水) 19:30

国際平和映像祭(UNITED FOR PEACE FILM FESTIVAL, UFPFF)は平和をテーマにした映像祭です。平和を願う世界中の若者が、映像によって互いを知り、国を越えたつながりを持ってほしいという願いから2011年より毎年9月21日の国連が定めた国際平和の日、ピースデーに合わせて開催されています。

そんなUFPFFでNPOやNGOが活動紹介をするブースに、JVCも出展します!
当日は活動紹介のみでなく、世界各国のクラフト雑貨も販売予定です。
皆様、ぜひお越し下さい!

国際平和映像祭の詳細は公式ウェブサイトをご覧ください。

日時

2019年9月15日 (日) 15:00~20:00 (14:30開場)

※終了後、会場内で20:00-21:00交流時間を設けます。

イベントの模様は下記で生配信予定です。ぜひご覧ください。
IWJ・エリアCh5

イベントチラシ(PDF)イベントチラシ(PDF)

世界で小農や家族農業への注目が高まっています。昨年末に国連総会で「小農と農村で働く人びとの権利に関する国連宣言(小農宣言)」が採択され、今年5月からは「国連家族農業の10年」が始まりました。小農・農家が主体的にその営みを継続させられるよう、これを守り促進していくための取り組みが国際約束となりました。この国際的な潮流には、家族で営む小さな農業の役割の再評価と期待が込められています。

このことは、海外で行われる日本の農業分野への援助や投資にも影響を及ぼします。 アフリカ・モザンビーク北部(ナカラ回廊地域)における日本の援助(ODA)事業「プロサバンナ」に、現地の小農運動組織UNAC(モザンビーク全国農民連合)が反対を表明してから7年が経ちます。

この間、モザンビークの市民社会は、同事業の「大規模農業開発」という方向性のみならず、その不透明性や人権侵害、市民社会への介入・分断などについて反対と要請を続けてきました。しかし、状況が変わらぬまま、現在までに30億円以上の日本の税金が費やされています。昨年には、同事業がモザンビークの人びとの「知る権利を侵害」、「事業にかかる情報の全面開示」との判決が現地の裁判所で確定しました。

今回来日する小農運動リーダーが所属するUNACは、小農宣言等の成立に多大な役割を果たした国際的小農運動ビア・カンペシーナの構成団体です。これまでUNACは、地球環境・地域社会、そして人びとの食を支える小農を尊重し、ボトムアップで政策や協力が創造されるべきだと主張してきました。

世界的にもアフリカの小農からも、日本の開発援助や投資のあり方の転換が求められている今、日本の援助関係者・機関、企業、そしてNGOや市民はどう変わっていくべきか。小農運動リーダーとビア・カンペシーナ国際局の元スタッフをお迎えし、活発に議論したいと思います。ぜひ、ご参加下さい。

日時 2019年9月 4日 (水) 15:30~18:30 (15:00開場)
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net