アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

2019年3月に開催されるイベント一覧

イベントチラシイベントチラシ

「21世紀を平和の世紀にしたい」という願いから2001年にスタートした絵画展南北コリアと日本のともだち展。大阪では2011年にはじまり、8回目となります。大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国、中華人民共和国、そして日本に住む子どもたちが同じテーマで描いた絵画を通して互いの生活や文化を知り、絵にメッセージをのせてやりとりすることで直接には出会うことが難しい子どもたちの人と人とのつながりを生み出しています。 今年のテーマは「わたしのまち、あなたのまち」。

東アジアの子どもたちと大阪でつながりましょう!

『南北コリアと日本のともだち展』とは?

『南北コリアと日本のともだち展』は、わたしたちの住む北東アジア地域の平和をねがう催しです。

大韓民国・朝鮮民主主義人民共和国・日本そして在日コリアンの子どもたちの絵を、ひとつの会場に展示して、絵でお互いを紹介しあい、わたしたちの間にある壁を乗り越える第一歩にします。

この絵画展は、2001年から始まりました。東京だけではなく、ソウル、ピョンヤンでも展示してきました。また、作品を貸し出して、全国各地での巡回展もおこなっています。

日時

2019年3月8日(金)~3月10日(日)

最終日を除く各日10:00~17:00まで
(最終日は10:00~16:00)

JVCパレスチナボランティアチームが以下のイベントを実施します。ぜひご参加ください。

入門編としてガザのことをお伝えする時間とガザの女性が縫った刺繍布でストラップを作るワークショップの時間の2部構成のイベントです。

「ガザは世界から忘れられている。」「僕達の今の状態を知ってほしいんだ。」
そう声を上げるのは、"世界最大の野外監獄""天井の無い監獄"と言われているパレスチナ、ガザ地区の人々です。

自らインターネットなどで検索したり、講演会に行かない限り、ガザ地区に触れる機会はあまりないかと思います。ガザ地区がどのようなところか知りたい方やパレスチナのことを知りたいと思いながら一歩が踏み出せなかった方など、ほぼ初めてパレスチナに触れる方に、ガザのことを知っていただく機会になればと思います。

※ワークショップでガザの女性が縫った刺繍布でストラップを作るイベントは、今回で最後になります。

日時 2019年3月 2日 (土) 14:00~16:30

群馬県太田市で開催される標記のイベントにJVCアフガニスタン事業担当の加藤真希が登壇します。

【以下、主催者広報文より】

「日本国際ボランティアセンター」(JVC)は、世界各地(主に中東・東南アジア・アフリカ)で、武力によらない平和構築活動を支援しているNGO(国際協力に携わる民間団体)です。その活動の一つに、アフガニスタンで実施されている、対話を通しての紛争解決への取り組み(教育支援/平和構築)があります。今回、JVCでアフガニスタン事業を担当している加藤真希さんに、アフガニスタンにおける取り組みを紹介していただき、人種や国境を超えての対話や平和教育の重要性と、それらによって紛争を予防する可能性について、皆さんと一緒に考えたいと思います。加えて、日本国内における国際協力への関わり方を知る機会になれば幸いです。

桐生「対話の会」とは

当日の講演&対話の会を主催する、桐生「対話の会」は、対人関係の改善に役立つ対話のコツを参加者同士で練習しながら、日常生活の中で蓄積したストレス(話す場が少ないことを含む)の解消を目指して語り合う会です。
趣旨に賛同するひとなら誰でも無料で参加できます。現在は、主に桐生市内で開催していますが、同様の会が県内各地で開かれることを願って活動しています。開催日程は、毎回、新聞・タウン紙などで告知しています。

日時 2019年3月 2日 (土) 14:00~16:00
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net