アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • イベント情報

イベント情報

JVCのイベント情報を掲載しています。Googleカレンダー形式でも公開しています。

このイベントの詳細は、こちらのお知らせページをご覧ください。

日時

2020年2月21日(金)~2月25日(火)成田空港発着

イベントチラシイベントチラシ

「パレスチナってどんなところ? 行けるの?」

そんな疑問にお答えすべく、この夏パレスチナに渡航したJVCのインターン・ボランティアの4名による渡航報告会を開催いたします。それぞれが見てきた現地の魅力、滞在中に感じたことなどをたっぷり語り尽くします。

また当日は、パレスチナで親しまれているお菓子、クナーファもご用意いたします。クナーファとは、伝統的なアラブのスイーツ。小麦粉からできた細麺をチーズと一緒に焼いたもので、甘い味付けがされています。同じくパレスチナでの定番、ミントティーと一緒にお楽しみください。

現地の女性たちが作った手刺繍雑貨等の販売もいたします。楽しみながら、パレスチナのことを考えるきっかけにしていただければ嬉しいです!

日時 2019年12月13日 (金) 19:00~21:00

12月8日(日)に開催される国際有機農業映画祭内のトークイベント 「野良語り 足もとの明日」に、JVC理事の天明伸浩さんが登壇します。当日は5作品が上映され、 会場内では有機農作物・加工品などもお買い求めいただけます。

【以下、主催者広報文より】

国際有機農業映画祭とは

イベントチラシ(PDF)

有機農業や自然環境などに関心をもち、取り組んでいる個人が集まり、運営委員会を構成して活動しています。非営利の市民グループで、全員ボランティアです。今回を含め延べ113作品を上映しています。そのうち40作品は日本初公開の作品で、そのほとんどを自前で字幕制作を行っています。

2006年、遺伝子組み換えを多面的に扱ったドキュメンタリー映画『食の未来』(原題〝Future of Food")の日本語吹替版制作を担った人々が、有機農業をテーマとした映画祭の開催を呼びかけました。 この呼びかけに、有機農家、有機農業団体関係者、反農薬運動関係者、ジャーナリスト、編集者、学生などが集まり、開催に向けて運営委員会を作りました。

2007年11月に第1回映画祭を開催して以降、毎年秋に開催してきました。農作業が一段落した秋に開催することで、多くの農家や農業関係者に参加して欲しいという期待を込めて開催時期を「秋」としています。毎年、多くの有機農家や、有機農家で実習している若い人たちが参加しています。

国際有機農業映画祭は単に有機農業や食の安全といった問題にとどまらず、自然と人との関係の在り方やそれを支える価値観、社会のつくり方といったところまで視野を広げ、"思想としての有機農業"を考える構成をめざしています。

国際有機農業映画祭の活動がきっかけとなり、国内でも各地で同様の映画祭が開催されるなど、上映活動の輪は大きく広がっています。また、上映作品も国内だけでなくアジア、アフリカ、中東、ヨーロッパ、南北アメリカにまで目を広げ、運営委員会で翻訳・字幕の制作を手掛けるなどの努力を積み重ねてきました。

東日本震災と福島原発事故のあった3・11後には、福島を舞台に原発を生みだした現代社会の矛盾を有機農業という営みをもとに考える自主製作映画『それでも種をまく』を制作し、英語、中国語、タイ語、ベトナム語、ドイツ語、フランス語、スウェーデン語版を制作し、ウェブで公開しました。

上映作品:
  • 黄金の魚 アフリカの魚
  • ブルキナの恵み Brukinabe Bounty
  • 肉を食べてはいけないの?
  • 大地と生きる
  • それでも種をまく +その後

野良語り
『足もとの明日』
●天明伸浩さん:星の谷ファーム
●明石誠一さん:明石農園

詳細:公式HPhttp://www.yuki-eiga.com/
日時

2019年12月 8日 (日) 15:00~16:00

(トークイベントの時間。映画祭自体は9:30開場~18:35)

11月30日に開催される、食について語り合うイベントに、JVCから地域開発グループマネージャーの渡辺が登壇します。

【以下、主催者広報文】

キッチンの窓を開けて Vol.2イベントチラシ

食べ物のこれからがかなり心配。それ以外にも、不安になるようなことがたくさん。体にいいものをきちんと食べて地に足つけて生きて行こうと思っても、こんな気持ちを抱えなくちゃいけないとしたら・・・このストレス、体に悪いよなあ、って思う日々です。みなさんはどうですか?

みんながそれぞれのキッチンで別々に心配や怒りを抱えて、なんとなくそれを話しにくい、っていうのでは、力が削がれちゃう。いろんな思いを話せたらいいなあ、と思いたちました。

遺伝子組み換え食品や除草剤、農薬や種子の問題など少し勉強もして、繁がって、清々と悠々と乗り越えられるように、おやつでも食べながらリラックスしておしゃべりする一緒の時間を持ちませんか?

私たち自身が <食べて生きていく> 一番の当事者。もっとおおらかに、心配なことや考えていることをお互いに話したい、そんな思いで企画しました。気軽にいらしてください。

日時 2019年11月30日 (土) 13:00~15:30 (12:30開場)

暮らしの基盤である村の自然を、急速な開発によって破壊されて困窮する農村住民を支援するJVCの活動を、スタッフとともに実際に活動地を訪れて体験するツアー。個人では訪れることのきわめて難しいラオス中南部の農村の自然と暮らしをあわせて感じていただきます。

詳細はこちらをご覧ください。

日時

2019年11月24日 (日)~2019年11月29日 (金)

イベントチラシ(PDF)イベントチラシ(PDF)

アフガニスタンからJVCのパートナー団体、YVOの代表サビルラさんが来日し、沖縄で講演を行います。

【以下、広報文より】

サビルラ氏は戦乱のアフガニスタンに生まれ、難民となり「力がモノを言う」環境に育ち武力へ傾倒していた。
後にJVC 職員となり、医療支援を行っていた村への米軍の誤爆に対する抗議の話し合 いなどの活動を通じて、武力によらない物事の解決方法に気づき始めた。「まずは身近なと ころから」と子ども向けモデルガンの廃止や家庭・地域レベルでの平和交流に取り組む。
2019 年4 月より、JVC アフガニスタン事務所がJVC から独立して現地団体となった"YVO"の代表となる。米軍の駐留が続く紛争下、武器や暴力が蔓延する地域で推進し ている平和教育の活動についてお伝えする。

※NPO 法人日本国際ボランティアセンター は、2018 年度第9回沖縄平和賞受賞団体で、アフガニスタンでは現地パートナーYVO と活動しています。

日時 2019年11月23日 (土) 14:30~16:30 (14:00開場)
イベントチラシ(PDF)イベントチラシ(PDF)

アフガニスタンからJVCのパートナー団体、「Your Voice Organization(YVO)」の代表サビルラさんが来日し、沖縄キリスト教学院での公開講座に登壇します。

【以下主催者広報文】

⽇本国際ボランティアセンター(以下、JVC)は東京に本部を置き、世界1 1 か国で活動を⾏うNGO( ⾮政府組織) です。2019年に、沖縄県平和賞を受賞したことにより、本講演に繋がっております。
今回はアフガニスタンよりJVCの活動とつながる⽅を招聘し沖縄県内にて講演を⾏いますので、是⾮ご参加ください。本講演ではJVCおよびアフガニスタンでの様⼦や活動のご報告を致します。

日時 2019年11月22日 (金) 18:00~19:30
イベントチラシ

今年の4月に現地NGOとして独立して、JVCとパートナーとして活動することになったアフガニスタンの「Your Voice Organization (YVO) 」の代表・サビルラが来日、講演に登壇いたします。直接お話をするなかなかない機会ですので、皆様奮ってご参加ください。

【以下主催者広報文】

アフガニスタンでは、今でも暴力による支配が蔓延しています。日本の私たちにアフガニスタンの「今」と、現地で行われている平和活動を広く知ってもらいたいという願いから、この度YVO代表のサビルラ氏の来日が決定しました。

そこで、ACRPとJVCPが共同主催し、「アフガニスタン・ピースアクション」講演会を行います。メディアでは報道されていない現地の「今」や平和を取り戻すための活動を、アフガニスタンに生きるYVO代表から直接聞ける絶好のチャンスです。

アフガニスタンを通して、もう一度「対話による平和」について考えてみませんか?皆様のご参加をお待ちしております!

日時 2019年11月20日 (水) 09:00~12:00
2014年のトークイベントの様子2014年のトークイベントの様子

JVC国際協力カレンダー2020年 の発売を記念し、写真のご協力をいただいた竹沢うるまさんのトークイベントを開催します。

2020年は太平洋に浮かぶクック諸島が舞台です。
世界150カ国を旅した写真家、竹沢うるまさんが「世界でも最も幸せ」というクック諸島の人々。差別意識を持たず、自然に敬意を抱き、新しいものを取り入れながらも自分たちの文化や伝統を大切に生活しています。

あまりなじみのないクック諸島ですが、人々の生活の様子や幸せに生きるための秘訣など、竹沢さんが撮られた素敵な写真を交えてお話しいただきます。
参加者の皆様に、クック諸島から幸せの"おすそ分け"できますように。

日時 2019年11月17日 (日) 11:00~12:30
イベントチラシイベントチラシ

いつもお世話になっている加藤登紀子さんの年末恒例のほろ酔いコンサート。2019年も開催されます!
「ほろ酔い」という名前の通り、お客様に日本酒がふるまわれ、ステージ上の登紀子さんもぐいぐい飲みながら歌う、自由で素敵な雰囲気が多くのファンの方々から愛され続けているコンサートです。
2019年は、佐賀、福岡、大阪、沖縄、神奈川、京都、愛知、東京の全国8都市にて9公演あります!

毎年、登紀子さんのご厚意でほろ酔いコンサートの収益や会場でいただいた募金は各地で活動を行う団体の支援となり、JVCもご支援いただいています。

全会場ではありませんが、コンサート当日も会場で募金呼びかけとクラフト雑貨、国際協力カレンダーなどの販売をさせていただいています。コンサートにお越しの方、どうぞお立ち寄りください!

会場の一角をお借りして販売しています!いろいろな雑貨をご用意してお待ちしております!
2018年2月のご支援贈呈式の様子。本当にありがたいです!

ほろ酔いのいい気分で、登紀子さんのパワフルであたたかく、そして胸に迫る加藤さんの歌を堪能できる贅沢なコンサートです。ぜひお越しください!

登紀子さんからのメッセージ動画もご覧いただけます!

日時 2019年11月16日 (土)~2019年12月29日
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net