REPORT

アフガニスタン

識字教室の先生はどんな人?

前回、JVCの識字教室に参加しているショービナさんを紹介しました。

では、一体どんな方が文字の読み書き・算数を教えているのでしょうか?今回は2人の先生をご紹介。好きな食べ物や、好きな色は?その理由にちょっと驚き。

アリファさん(22歳)、バルカシュコート村

Q. 一番好きな色は何色ですか?なぜ?

緑です。緑のものを見ると、心が落ち着きます。朝起きて緑のものを見つけると、その日一日おだやかな気分でいられます。緑が大好きです。

Q. どんな仕事が好きですか?

縫い物をすることです。服をデザインするのが何よりも好きです。

Q. 一番好きな家事は何ですか?

料理を作ることです。料理をしていると、いい匂いが部屋中に立ちこめます。テーブルクロスを敷いて、家族みんなに私の手作りの料理を食べてもらうのは、とてもうれしいことです。趣味と言ってもいいかもしれません。お米を使った料理が得意です。

Q. 一番好きな科目は何ですか?

数学です。一番良く教えてもらえるからです。化学、生物、物理など他の自然科学の科目は講義以外に実験が必要ですが、私の村の学校には専門の先生がおらず、実験器具もそろっていません。ですので、これらの科目には興味が持てません。数学なら黒板さえあれば学べるので、私は数学が好きです。

Q. 将来、どんな職業につきたいですか?

外科医になりたいです。私たちの国では外科医が求められています。貧しい人たちや手術を必要としている人たちを助けたいです。


識字教室の壁には、掲示物が増えてきました!)

ハリダさん(25歳) クズカシュコート村

Q. お名前は?自己紹介お願いします。

カリダです。ムムタズの娘で、ペルゾの孫娘です。1993年にパキスタンで生まれ、現在はナンガルハル州、クズクナール郡のクズカシュコート村に住んでいます。5人の兄弟と3人の姉妹がいます。

Q. これまでどこで教育を受けてきたのですか?

私はジャララバードのアライ女子高等学校で教育を終えました。私の好きな科目はパシュトー語(アフガニスタンの公用語)です。私の母国語で、簡単に学ぶことができたからです。一方、私が興味を持てなかった科目は地理学と数学でした。教師たちは優秀でしたが、教え方があまり上手でなく、好きになれなかったのです。私にとって一番素晴らしい先生はイスラム教の先生でした。彼女にはイスラムの習慣がしっかり根付いていて、全ての行いがイスラムの教えに則っていたからです。

Q. 好きな食べ物は?

カボチャです。私たちの預言者ムハンマド(P.B.U.H)がカボチャを好んだからです。それから魚も好きです。タンパク質とビタミンが豊富だからです。

Q. 好きな色は?

緑と黒です。黒はカーバ神殿(イスラム教の聖地メッカにある建造物)の色で、緑は預言者モスク(預言者ムハンマドの霊廟)の色だからです。

Q. 家ではどんなことをしていますか?

家では料理をすることが好きで、特に米を使った料理が好きです。私は掃き掃除が好きではありません。背中に痛みがあり、うまく掃除ができないためです。

一覧に戻る

関連記事

アフガニスタンでのYVOの教育プログラム

タリバン政権下での女子教育の再開(JVC会報誌 N...

終了事業:アフガニスタン 提言活動

ガザ 緊急支援に寄付する