REPORT

アフガニスタン

たくましく、したたかな人々 崩落した米軍建設の橋を渡る

e5e990ae22b5be331fdc9f40043ba623-1695259750.jpg

(崩落したバルカシュコート橋(2017年6月7日))

ここ数年、日本は多くの水害に見舞われていますが、アフガニスタンでも自然災害や老朽化によって建造物が被害を受けています。JVCの活動地、アフガニスタン東部のナンガルハル県クズクナール郡では、クナール川に架かっていた橋が崩落しました。

実はこの橋は、10年ほど前に米軍のPRT(Provincial Reconstruction Team、地域復興チーム)がアフガニスタンの復興「支援」のために建設したものです。PRTは、軍の活動を円滑にするとともに、「支援」によって住民の民心をつかむことも目的としています。しかし10年もたたずに崩壊した橋は、いかにその「支援」が間に合わせのものだったかを示しています。

640007b28d4c9f1295446bc4a2e0f24d-1695259786.jpg

(ワイヤーにつかまって川を渡る(2017年7月10日))

幸いけが人はなかったようですが、人々の往来に大きな支障が出ました。そこで地元の人がワイヤーでゴンドラを吊って川を渡る仕掛けを作り、今では多くの人がこれを利用しています。一人あたり20パキスタンルピー(約21円)を徴収しているとのことです。自分たちで何とかするたくましさ、そしてしっかりと料金をとるしたたかさ。橋のもろさとアフガニスタン人のたくましさに見事な対比を感じました。

 ➡PRT についてはこちらもご覧ください。

執筆者

竹村 謙一 (アフガニスタン事業担当)

宮城県出身。長年、高圧実験物理学に従事し、元素の高圧力下の結晶構造変化を研究する。5年前に定年退職、その後も国際的な関わりを持ちたいと2015年度JVCインターンに応募。(自分にとって)未知の世界を知りたいという好奇心(研究にも通じる)からアフガニスタン事業を選ぶ。翌年にはJVC英語ボランティアチームを立ち上げて英語サイトの充実に関わってきた。2017年6月よりアフガニスタン事業担当。週末には貸し農園で野菜栽培にいそしむ。リコーダー演奏が趣味。

一覧に戻る

関連記事

アフガニスタンでのYVOの教育プログラム

タリバン政権下での女子教育の再開(JVC会報誌 N...

終了事業:アフガニスタン 提言活動

ガザ緊急支援に寄付する