REPORT

日本

「JVC応援団」をご紹介!:千手観音さん訪問記(東京都杉並区)

 丸の内線・南阿佐ヶ谷駅の真上にある、アクセス至便のフェアトレードのお店:千手観音さんを訪問しました。


お店は南阿佐ヶ谷の駅から地上に出れば、そこ!

ここは2009年、店主の小西さんが退職を機に開かれたフェアトレードのお店。ネパールやパレスチナ、タイ、沖縄などから来た品々が所狭しと並べられた店内は、とってもカラフルでかわいい雰囲気。その壁の一面には、2023年版の“JVC国際協力カレンダー”の写真が何枚も貼られています。開店当初から取り扱っていただいてきたというJVCカレンダーは完売だそうですが、ポストカードならまだ少し残部がありました。

カレンダー販売へのご協力に対するJVCからの感謝状を手にする小西さん。
後ろの壁には“JVC国際協力カレンダー”!

元々のお仕事はフェアトレードとも国際協力とも無縁だった小西さん。なぜフェアトレードのお店を始められたのか伺ってみました。

戦後、日本は急速な復興、経済成長を遂げて豊かになりました。でも途上国と言われる国の人たちの暮らしは、いつまでたっても貧しいまま。それは、植民地問題の解決がなされていないから? 日本もそうした問題の数々を素通りしてきている?  何とかする方法はないかな、自分にできることがあればやってみよう・・・。そんな思いから、先ずは都内のフェアトレードショップを回ってみることから始められたそうです。JVCの国際協力カレンダーも、そんな中の1件で売られていた商品のひとつだったとのこと。

自分が担当していた委託販売をめぐるやり取りの先に、こんな思いの方々がつながっている・・・。とても穏やかな語り口の小西さんの行動力に、かえって気の引き締まる思いでお店を後にしたのでした。

広報グループ 木村

フィリピンやパプアニューギニアからの商品も!

★千手観音★

〒166-0015 東京都杉並区成田東5-42-13 小川ビル1F

電話・Fax 03-3393-0294

定休日:月曜(不定休あり) 

アクセス:丸の内線南阿佐ヶ谷駅荻窪方面出口横(ドトールの隣)

一覧に戻る

関連記事

スタッフインタビュー「JVCの中の人を知ろう!~佐...

仙台市立鶴谷中学校の生徒さんがJVCを訪問ください...

スタッフインタビュー「JVCの中の人を知ろう!~大...

ガザ 緊急支援に寄付する