STAFF

今中 航

スーダン事務所

京都府出身。大学でアラビア語を専攻し、在学中にイエメンに留学。語学以外に現地の宗教、文化、慣習等を学ぶ一方で、革命や紛争の影響等でライフラインが崩壊した生活、教育を受けられない子どもたちや仕事を失う大人たちを目の当たりにする。卒業後は途上国・新興国のインフラ支援に携わりたいとの思いで、メーカーにて発電プラント事業を担当。もっと現地の人々に寄り添いながら、可能性が広がることに尽力したいという思いが大きくなり、2018JVCに入職。好きな食べ物は(料理しないけど)かぼちゃを使った料理。

ee2a36b68600edd00dfb4d3ee3cab2d3-1705670266.jpg
d9bd4e7ac95915e13a269ff823b0825a-1679277245.jpg

関連記事

関連動画

■2024年3月26日(月刊JVC)
『誰が戦争を長引かせているのか~戦闘勃発から1年、スーダンのいま~』

■2023年5月29日(月刊JVC)
『退避した駐在員と語るスーダン危機~邦人退避、周辺国と日本、人々の暮らしと想い~』

■2022年10月20日(月刊JVC)
『未来を変える学びの力 ~紛争が続くスーダン、イエメンの現場から』

一覧に戻る

戦闘勃発から一年 スーダンの現地の声を聞く